20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

歯科医と打ち合わせして現場の声をフィードバックして改良を重ねながら、4度目の試作で量産モデルを完成させた。 ... 産婦人科や脳神経外科で培った実績を横展開できるとは考えていないが、...

歪みセンサーで検出した子宮の収縮や胎動による圧力、マイクで把握した胎児の心音などの情報を適宜、産婦人科医などにワイヤレス送信する。

三井住友海上火災保険は対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」などを通じ、気軽に妊娠・出産関連の悩みを産婦人科医や助産師に相談できる仕組みを整えた。... 医療関連ベンチャーKids Publi...

イオンリテールはイオンの子育て応援アプリ「キッズリパブリックアプリ」で、産婦人科医や助産師に無料相談できるサービスを始めた。アプリ会員限定で、予約した日時(月、水、金曜日の18時から22時まで)に、産...

キッズパブリック(東京都千代田区、橋本直也代表取締役、03・4405・9862)は、法人向けの遠隔医療相談サービス「産婦人科オンライン」を11月1日に始める。対話アプリケーション(応用ソフト)「LIN...

AIを活用した胎児心臓超音波スクリーニングシステムを開発  「胎児心臓の超音波診断には高度な診断技術が必要だが、一方で、産婦人科医は減少しており、マンパワー不足の...

通常、外科医は事前の検査結果や、手術中の視覚情報、臓器を触った感触、反応をもとに切除部位や処置を決める。... さらに20年までに整形外科や外科、産婦人科で臨床研究を実施し、パッケージ導入を進めていく...

産科医として触れるのはつらいですが、「児童虐待死が最も多いのは0歳」です。... 私達産科医は、皆で親子を見守る「お節介」が子供を救う「東京OSEKKAI化計画」に参画しています。 ...

同社には女性の産業医もいるが、「相談員の方が身近に感じてもらえる」(西知之健康推進センター室長)。 ... 男子の一人が「(体調の問題に悩む)女性をさりげなくフォローするにはどうした...

存在意義はそこにある」 いけのうえ・つよむ 70年(昭45)鹿児島大医卒。91年宮崎医科大(現宮崎大)医学部産婦人科教授、07年宮崎大医学部長、10年理事・医学部...

(宮崎) 【略歴】いけのうえ・つよむ 70年(昭45)鹿児島大医卒。91年宮崎医科大医学部産婦人科教授、07年宮崎大医学部長、10年理事・医学部付属病院長、14年...

産婦人科医として働くうち、子どもがほしいと言いつつも、妊娠に向けて何も努力をしない人が多いと感じている。... 一方、日本の産婦人科学会は立ち位置を決めかねている。

「産婦人科医が200例で用いても異常は未確認だった」(同)。

従来機種に比べ設置面積を約6割に省スペース化し、設置場所が限られる一般開業医の検査室での常設を可能にした。... 基本性能や画質レベルは上位機種と同等で、肝臓や心臓、血管といった内科疾患のほか、小児科...

60年代後半に、英オールダム総合病院の産婦人科医だったパトリック・ステプトウ氏と共同研究を開始。

心不全や虚血性心疾患の患者は病態が変化しやすいが、緊急時のフォローアップに活用できると考える循環器内科医がいる。外傷の患者の治療にあたった救命救急医は、事故現場で、診療ができる空間はわずかだったが、胸...

現在の日本の医療現場は、激務の勤務医を辞め、開業をする立ち去り型サボタージュ医の増加、慢性的な過重労働を強いられる小児科医、医療訴訟率が高い外科、産婦人科医を希望する医学生の減少、必要もないのに病院に...

06年の産婦人科医の総数は約1万人。... 30歳未満の産婦人科医の70%は女性だが、女性産婦人科医の半数は研修開始後15年で分娩(ぶんべん)を扱わなくなる。... 東京のある私立病院には、十数人の産...

婦人科の臨床医や研究者が集い、子宮頸(けい)がんの予防・健診を促す横断的な組織が設立された。... 組織の議長は野田起一郎近畿大名誉学長、実行委員長は今野良自治医科大附属さいたま医療センター産婦人科教...

ガーナでは医療環境が不十分で村に産婦人科医が少なく、自転車が救急車の役割を果たすなど、「再生自転車」の需要は高い。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる