24件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

「廃棄物焼却による発電所を建設する。... 当社は60歳以降の人も採用する」 ―将来はアジアで産廃処理工場の運営を目指していますね。 ... 発電事業の次になるが、...

この十数年で大きく変化した産廃業界の動きとも軌を一にし、その過程を知る上でも勉強になる。例えば、AIロボット工場の投資額が約30億円、次に計画する発電事業に約60億円と、この業界が巨大な設備産業になり...

環境問題解決の道切り開く 工場や発電所から排出される二酸化炭素(CO2)を原料に、素材や燃料を生産する「カーボンリサイクル」実現に向けた動きが本格化してきた。... 【実用化近い技術...

セメント業界、循環型社会に貢献−廃棄・副産物を再利用 (2017/1/6 建設・エネルギー・生活2)

製鉄所が排出する高炉スラグや製鋼スラグや、発電所が排出する石炭灰、建設現場から出る土や汚泥、下水汚泥などは原料として使われる。... ■自社の産廃活用 トクヤマの南陽工場(山口県周南...

燃焼ガスの排熱を回収する蒸気タービン発電機を併設した。発電量は最大680キロワットで、施設運転の電気代を年間6000万円以上削減する。

日越両国による環境分野の協力の一環で、産廃発電はベトナムで初めて。1日75トンの廃棄物から発電し、同国の一般家庭4000―5000世帯分の電力を供給する。 ベトナムでは、経済成長に伴...

本技術により製砂や産廃のエネルギーを省き、さらに剥離工事の消費電力も約2分の1に抑えられた。 現在、国内には法定検査が必要な石油精製所や貯蔵所、火力発電所の石油タンクが約7500基あ...

ドローンでの本格的産廃場調査は全国の自治体で2例目。... 同協会は約1年前から太陽光発電施設の点検業務にドローンを利用している。... 産廃場調査の経験は共同研究にも役立てる。

最終処分場跡地を利用した太陽光発電施設は珍しい。年間発電量は約142万キロワット時で、投資額は約4億円。今後は同施設の隣接地にある最終処分場跡地にも太陽光発電施設を建設する方針。

IT機器が発する熱は「IT産廃」といわれ、パソコンや家電、サーバ、カーエレクトロニクス、各種基板や機器駆動の冷却や放熱制御は急務だ。... 身近なIT機器から発電所規模のプラント、宇宙機器など至る所に...

八千代エンジニヤリング(東京都新宿区、下田義文社長、03・5906・0700)は、8月下旬からベトナムで産業廃棄物発電施設の事業化調査に着手する。... 廃棄物の減容化に取り組みつつ、エネルギー源とし...

プランテック(大阪市西区、勝井征三社長、06・6448・2200)は、産業廃棄物による発電プラントの提案を本格化する。... 廃棄物発電に対する潜在需要を掘り起こす。 ... 12年...

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はカンボジアで、もみ殻を使った発電システムの実証事業に乗り出す。... カンボジアでの実証事業は、もみ殻発電での電力供給、もみ殻発電で出た灰の土壌改良材(...

長期的には発電施設のある清掃工場を増やすとともに発電の高効率化が望まれる。... 産廃になると、さらにゴミ質が問題になり、これをクリアするために材料や炉の設計技術が重要だ。 ... 産廃との混...

環境省は東京電力福島第一原子力発電所の事故で放射性物質による汚染の可能性がある福島県内の災害廃棄物の処理方針をまとめた。... 産廃については「3月の原発爆発時に屋外に出ていたものは注意が必要」(環境...

通称「水ガラス」とも呼ばれる同素材は、最近では東京電力福島第一原子力発電所の事故現場でコンクリート坑の亀裂から海に流出していた放射能汚染水の止水に使われ脚光を浴びた。 ... 銅の回...

2009年10月のタイに続き今年4月以降、中国の香港、深セン、蘇州と相次ぎ減圧脱水乾燥装置のデモ機を据え付けた産廃物テスト処理拠点を設置。... 原子力発電所の低濃度放射線汚染作業衣洗浄システムや家電...

99年機械事業本部営業本部大阪営業部長、00年同発電システム営業部長、04年エネルギー・プラント事業本部営業本部長、08年プラント・エネルギー本部営業部長、09年営業企画部長。... サウジアラビアや...

排熱を使って発電できる熱電発電モジュールの開発が熱を帯びてきた。... 熱電発電は金属や半導体の素子の両端に温度差を作り、素子内に電気を流して発電する仕組み。... プランテック(大阪市西区)が施工し...

「省エネルギー、省資源、環境問題、高齢化対応といった新たな潮流を取り込み、さらなる発展を図る」とし、最新の環境設備機器を搭載した住宅、二酸化炭素を原料とするポリカーボネート樹脂、木質バイオマス発電、水...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる