49件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

各大学は情報リテラシー教育を進めているが、著作権の基本知識提供も求めたい。前任校の山口大学では、2013年度から初年時の全学必修で著作権と産業財産権を教える「知的財産入門(科学技術と社会)」を開講して...

著作権は知的財産権の一つだが、大学で問題になる対象は学生のコピー&ペースト、コンピュータープログラムや芸術作品、論文など多様で複雑だ。... (12回連載) 【状況に合わせて】...

4月18日は「発明の日」 (2020/4/28 特集・広告)

特許や意匠、商標など、産業財産権の普及・啓発を目的に制定された。日本の産業競争力を高めるためにも、知的財産の創出や保護、活用のあり方について、あらためて考えたい。 ...

特許庁の17年度の調査では、国内で産業財産権を保有する企業のうち、模倣被害の対策を実施していない企業は13万2757社に上った。

レアナニ、無効審判勝ち取る 経済発展が続くアジア地域など、知的財産権保護の制度・運用が不十分な国・地域における商標権や著作権などの知的財産権侵害の増加とともに、製造される模倣品が問題...

特許や意匠、商標など産業財産権の普及・啓発を目的に制定された。日本の産業競争力を高めるためにも、知的財産の創出や保護、活用の在り方について改めて考える一日としたい。 ...

特許庁は新興国における知的財産分野の人材育成支援事業について、2019年度の研修人数を前年度と同規模の400人程度とする方針だ。... 特許庁が行う「産業財産権人材育成協力事業」の一環。

その傾向と対策、これからの施策を注視せよ  経済産業省が先日発表した「新産業構造ビジョン」。... そこで、経産省は2016年12月から産業構造審議会 知的財産分科会 ...

特許や意匠、商標など産業財産権の普及・啓発を目的に制定された。日本の産業競争力を復活させるためにも、知的財産の創出や保護、活用の在り方についてあらためて考える一日としたい。 ...

政府の知的財産戦略本部は、2030年を見据えた知的財産戦略ビジョンを策定する。... 産業財産権やコンテンツを軸とした従来の枠組みにとらわれず、クールジャパン推進を含めて日本の強みを再定義する。......

特許審査官は国内外から受け付けた出願を、技術的、法律的観点から検討し、特許権を付与するかどうかを判断する。通常、こうしたセミナーでは産業財産権専門官が特許行政全般を講演してきた。 ....

5月11日付で海外知財専門相談窓口を開設し、中小企業が海外で事業を展開する上で必要な知的財産(特許・意匠・商標・著作権)面からのリスク管理について無料相談に乗り出した。... ■東京都知的財産総合セン...

沖縄を含む全国の経済産業局に4月1日から、営業秘密や標準化、農業分野などを含め、知的財産に関する相談にワンストップで対応する「知的財産室」が設置されることが分かった。... 知的財産室は、沖縄総合事務...

キーワード/知財教育 (2017/1/26 大学・産学連携)

Q 知的財産(知財)にはどんなものがあるのか。 A 技術による発明を特許庁に出願・登録して権利が確定する「特許権」、デザインの「意匠権」や商品を対象とする「商標権」、書物や音楽、映画...

本国など国外にロイヤルティー送金を行う場合は、事前に国立産業財産権院(INPI)で技術・ノウハウの登録・審査・承認が必要となる。

このほか「産業財産権専門官」と呼ばれるスタッフが直接中小企業を訪れて同制度の活用を提案する。

紀伊国屋書店ベストセラー (2016/3/7 books)

◎法律書◎(2月22―28日)(順位、タイトル・巻号、著者、出版社、消費税込み価格(円)) 1 身近な人が亡くなった後の手続のすべて 児島明日美/福田真弓/酒井明日子 自由国民社 1...

特許法の元になる条例が1885年の同日に公布されたことに由来し、産業財産権の普及・啓発を目的に制定された。

各官庁で掌握している知的財産権を一つに集約する必要がある。... 【縦割り行政是正】 知財制度には、特許庁が管轄する産業財産権(特許・実用新案・意匠・商標)、文化庁の著作権、経産省管...

06年に中小企業庁「元気なモノ作り中小企業300社」、11年に産業財産権制度活用優良企業特許庁長官賞、12年にとちぎ産業活力大賞最優秀賞などを受賞している。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる