11件中、1ページ目 1〜11件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

【耐熱・耐酸性向上】 産業技術総合研究所(産総研)では、約230種類あるゼオライト構造の中から、チャバザイトと呼ばれるタイプのゼオライトに着目し、ゼオライトフィルターの製造技術とその...

【「クレースト」】 産総研ではこれまでに粘土と有機高分子からなる機能膜「クレースト」を開発してきた。... (木曜日に掲載) 【プロフィル/産総研化学プロセス研究部...

(木曜日に掲載) 【一言メッセージ/産総研化学プロセス研究部門階層的構造材料プロセスグループ研究員・竹下覚】 新潟生まれ東京育ち。大学では無機物の微粒子を扱っていた...

【鉄道車両向け】 開発のきっかけは、2009年の産総研東北センターの首席研究員との面談である。... その間、研究開発資金調達のため産総研と協力してさまざまな助成金や補助金を申請した...

産総研、標準ガスバリアフィルムを開発 (2017/1/24 科学技術・大学)

産業技術総合研究所工学計測標準研究部門の圧力真空標準研究グループの吉田肇主任研究員らは、従来の100倍以上のガスバリア性を持つ標準ガスバリアフィルムを開発した。... 工学計測標準研究部門が開発した差...

川研ファインケミカル(東京都中央区)は、アルミナゾルをはじめ、幅広い化学品を取り扱っている。... さらに「超親水性アルミナ多孔質分離膜の開発」(JST研究成果最適展開支援プログラムA―STEP)に取...

(加美電子工業事業推進本部・早坂宜晃) 【一言メッセージ/産総研化学プロセス研究部門主任研究員 川崎慎一郎】 加美電子工業とはCO2塗装技術の開発当初から連携してき...

その技術力や経験を見込まれたのか、産総研から「マイクロ波乾燥連続製膜機」の注文を受けて製作した。... またクレーストメーカーは13年に産総研と共同で「製膜装置」として特許登録された。 ...

【「水素」に応用】 共同研究は産総研のシーズ技術である無電解メッキ触媒マイクロリアクター製造技術とマイクロ反応場の流体制御技術、気液混合相のマイクロ混合技術を融合させることからスター...

【硬度・耐性向上】 漆工芸品の美しさをそのままに丈夫で量産可能な玉虫塗を生み出そうとしていた折り、JST復興促進センターの復興促進プログラム(A―STEP)で産総研東北センターの蛯名...

【産総研と共同研究】 6月30日のことだった。... 2009年10月に産総研東北センターと共同研究を開始。... 出荷時には粘土クレーストの開発者、蛯名武雄産総研化学プロセス研究部...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる