611件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

富士フイルムは18日、診断画像のノイズを抑えてコントラストを効果的に強調する超音波画像診断装置「ソノサイト ピーエックス=写真」を発売したと発表した。... 製品は同社のX線画像処理技術を応用し、高画...

(新中計では)日立製作所からの(買収を決めた)画像診断機器事業に関しても、大きなシナジー効果を生んでいきたい」 ―今後も多角化を進めるのでしょうか。

日立は画像診断事業を富士フイルムに売却する。その後もオリンパスは従来の日立との画像診断事業に関する協業や取引を継続できるよう、契約を結んだ。 日立は、富士フイルムに磁気共鳴画像装置(...

光を当て、画像でその変化を読み取り、AIが判定する。... 2号機は2秒間で1000枚近くの画像処理を達成した。... 以前使っていた画像診断システムは、全検査数の40%で実際と異なる判定となり、最終...

特に画像データが扱いやすくなった。... アリババは、がんの早期画像診断などにAIを実証済みだ。... 日立製作所はMRIなど自社の医療機器に、画像AIを搭載していく。

NTTデータ、AIで胸部CT分析 (2020/12/15 電機・電子部品・情報・通信2)

NTTデータは人工知能(AI)を用いた画像診断支援ソリューションを使い、NTT東日本関東病院(東京都品川区)が撮影した胸部CT画像から胸部全体の異常箇所を自動で検出する実証を2021年3月31日まで行...

クボタ、イスラエル新興に出資 果樹の画像診断技術導入 (2020/12/10 機械・ロボット・航空機1)

シーツリーは飛行ロボット(ドローン)や地上で撮影した画像から果樹の健康状態を診断・管理するサービスを大規模農場向けに提供する。... 同社の代表者らが防衛産業で培った知見を生かし、ドローンによる空撮画...

また「人工知能(AI)による画像診断技術をタイヤ材料開発に応用した」(上坂部長)。画像診断の結果、走行による摩耗や外部刺激によって、タイヤのウエットグリップ性能に寄与するゴム内部構造が変化していること...

両社の知見を結集し、農業・食品と医療分野を対象に、スマート農業の実現や新しい医療画像診断システムの開発を目指す。 ... また新しいセンシング技術を駆使し、解像度を高め病気を発見しや...

多くの病院でX線一般撮影装置は体のあらゆる部位の画像診断用途で使われ、日々の稼働率も高い。

富士フイルムグループは、ヘルスケア領域や高機能材料領域においてAIを用いた画像診断機能の開発などに取り組んでいる。

配管の肉厚予測や画像診断、設備の劣化診断、異常予兆検知・診断など五つのケースでAIの活用に必要な評価基準をまとめている。

▽サムシングファン(大阪市福島区)=購買型動画配信システム「PresenEC」の開発・事業化▽フロネシス・マネジメント(同中央区)=ノウハウのコンテンツビジネス化▽レピオス(同)=生体データの計測が可...

特にコンピューター断層撮影装置(CT)、磁気共鳴断層撮影装置(MRI)など近年の高精度な画像診断技術は、体内の鮮明なイメージングを可能にし、検診でも不可欠なものとなっている。 ......

MRI向けシェア30% GEヘルスケアファーマ(東京都港区)は、画像診断検査の際に画像にコントラストを付けたり、臓器を強調したりすることを目的に体内に投与する造影...

GEヘルスケア・ジャパン(東京都日野市、多田荘一郎社長、042・585・5111)は、産婦人科向け超音波画像診断装置「Voluson SWIFT(ボルソン・スイフト)=写真」を発売した。

キヤノンメディカルシステムズ(栃木県大田原市、滝口登志夫社長、0287・26・6211)は、国立がん研究センターと共同で次世代の画像診断装置や診断支援用のITシステムを開発する。... 臓器の動きなど...

ソフトウエアで設定した角度に正確に針を刺せる特性を生かし、CT画像に写らない方向に針を刺すことができる。... 国内メーカーが勝てるとすれば、コスト面か診断支援の部分だろう。... 日本の医療機器メー...

この経験から、画像診断や読影を正確かつ効率的に提供する仕組みが必要と考えた。 ... 現在は全国の医療機関から検査画像を受け取り、専門医が読影するクラウドベースの遠隔画像診断サービス...

同社が33・34%出資するNOBORI(東京都港区)では、新型コロナウイルス感染症の判定に関する遠隔画像診断コンサルティングサービスを進めており、医療機関からの関心も高まっている。... NOBORI...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる