電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

203件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

小松マテーレ、ロングセラー素材刷新 制電・速乾性向上 (2024/5/17 素材・建設・環境・エネルギー)

ポリエステルは疎水性だが、「グラフト重合」という加工技術で親水性に改質することで吸水・速乾性・汚れ除去性を発揮できる。リニューアルで制電性を高め、生地の張り付きをより抑えた。

疎水性高分子は住み着きにくいため、偶然によってさまざまな微生物が住み着く。... するとアジピン酸やコハク酸の割合が増すと親水性や生分解速度が向上し、芳香族化合物の割合が増すと親水性や生分解速度が低下...

耐久性が向上し、屋外利用に向けて前進した。 ... 2D結晶の絶縁層は疎水性のため、水分や酸素にさらされても安定する。... ペロブスカイトはイオン性結晶半導体のため水分に弱い。

そのままでは細胞接着性は持っていない。 ... エステル結合で疎水・親水性の異なる一連の置換基を用いてセラック修飾体を合成し評価、観察した結果、ベンジル基など疎水性の芳香族置換基を導...

材料の種類、骨格の大きさなどの組み合わせによって親水・疎水性、孔径など性質を変えられるのが特徴だ。

単一高分子が水中で自発的に折り畳まれる「自己折り畳み」と呼ばれる現象を利用し、がん集積性能、診断性能と安全性を高めた。... 親水性部位と疎水性部位からなる新規高分子の精密合成により自己折り畳みを誘起...

プロセスの再現性が高く、有機エレクトロニクスの基盤技術になる。 ベンゾキノンを用いたプロトン共役電子移動反応で有機半導体中に正孔や疎水性陰イオンを注入する。... 同時に疎水性陰イオ...

疎水性膜(メンブレン)を使用し、特定のたんぱく質を検出する手法で、竹市名誉研究員の生き物好きという個人的な趣味が功を奏したものだ。

ヒト細胞内総たんぱく質を疎水性度と分子量によって分離する。... これを疎水性度で分け、電気泳動ゲルで分子量によって分離してできたゲル内のたんぱく質を疎水性膜に転写する。 ... だ...

ナリス、化粧崩れ防ぐファンデ処方確立 汗など水分はじきやすく (2023/8/4 生活インフラ・医療・くらし2)

エマルジョンタイプで水性成分の中に油性成分が含まれた水中油型のファンデーションに粘土鉱物と疎水性粉体を配合、汗などの水分をはじきやすい処方化技術を開発した。

この改質剤をアスファルト舗装に1%程度混ぜることで、通常に比べ耐久性を2―5倍に高められる。... 舗装材料で親水性の小石と、疎水性のアスファルトの界面を改良し接着性を高めて耐久性を向上する。...

界面活性剤で蚊を駆除 花王・理研が新技術 (2023/6/21 生活インフラ・医療・くらし1)

従来のピレスロイド類などの殺虫成分を使わないため、蚊が抵抗性を獲得できなくなる。... 蚊の体表面は疎水性で水を弾く。... これまでの殺虫剤の使用により蚊が抵抗性を獲得していることも東南アジアで確認...

クラレトレーディング、撥水加工不要の速乾繊維開発 今年下期に販売 (2023/6/8 素材・建設・環境・エネルギー2)

高い疎水性や耐熱性などの特徴を併せ持つ。... SPSの優れた疎水性から、エプシロンを用いた生地は、ポリエステルと比べて約1・8倍の速乾性能を有する。また耐熱性にも優れるため、分散染料を用いた高圧染色...

バイオマス材料と非バイオマス材料を合成する際に用途に応じて最適な配分をして、発色性など実用化での課題を解決する。... バイオマス材料はそれぞれ疎水性や親水性が異なり、用途に適した特性を持つ材料を合成...

開発手法を用い、細菌の付着形態と抗付着性との相関を明らかにした。... 付着形態を観察した結果、疎水性があり電荷を持つ膜上では菌体本体が膜表面に接着して強固なバイオフィルムを形成することが分かった。一...

樹脂やガラス、金属などさまざまな物質の表面を改質し、疎水性から親水性へと変えて接着性を高める。... 金属やガラス、エンジニアリングプラスチックなどさまざまな材料の表面を親水性に変えて、接着剤ののりを...

バイオセンサーに応用 力の刺激で色を変えるメカノクロミックポリマーのうち、脂質の構造をした「ポリジアセチレン」は生体親和性があり、バイオセンサーに期待される。... (編集委...

濡れ性で生分解性をコントロールできる。... スルホンは親水性。... プラスチックが生分解される際に表面が疎水性だと分解酵素が取り付きやすいとされる。

東レ、新型PETフィルム開発 水系塗料の塗布・密着性両立 (2022/12/16 素材・医療・ヘルスケア)

フィルム表面に親水成分と疎水成分をナノサイズで分散させた極薄層を形成する技術。... 新型フィルムは親水成分と疎水成分を均一に分散させた厚さ1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)...

経路による違いは添加剤成分の疎水性が影響していると考えられる。... 今後より広い海洋生物に対して調査し、普遍性を検証していく必要がある。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン