42件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

書面・押印・対面の必要性を検証した上で、金融庁の監督指針を改正する予定だ。 ... 金融手続きの押印などは、監督指針に義務化が明記されている。このため規制を見直すには、監督指針から当...

金融庁の金融審議会(首相の諮問機関)は5日、市場ワーキング・グループ(WG)の報告書を公表し、金融事業者による不適切な行為について、監督指針の改正によりルール適用を明確化する必要性があるとした。

金融事業者にルールを守らせるための監督指針の改正が必要だとした。... また、監督指針の改正については、「金融機関が自ら襟を正さなければ規制が厳しくなる」といった発言や「(金融事業者に)信じて任せるの...

運行管理者は国土交通省の「指導・監督指針」に従いドライバーに所定項目を指導する必要がある。

2018年3月に金融庁が金融機関の監督指針を改定し、銀行が取引先に対し行う人材紹介業務が付随業務として明確化されたことを受け、同年7月に、人材紹介などを手がける日本人材機構などと提携して「人材確保に関...

3日、中小・地域金融機関向け監督指針の一部改正案を公表した。新指針によると、将来おおむね5年以内に銀行の実力を示すコア業務純益(投資信託解約損益を除く)の赤字継続が見込まれるか、最低所要自己資本比率を...

月内にも監督指針の改正案を公表する。新指針は今夏から適用する考え。... 今回の指針改正では、収益力が著しく低下することが見込まれる場合やビジネスモデルに深刻な課題を抱える場合にも、早期警戒制度を発動...

金融庁は昨年、金融機関の監督指針を改定し、銀行が取引先に対し行う人材紹介業務が付随業務として明確化された。

金融庁が監督指針を改定したことで銀行の人材紹介業が可能になった。

金融庁の監督指針改定に伴い11月1日に免許を取得、12月3日から業務を開始する。

東京海上日動、14日に物流事業者向け経営セミ (2017/6/7 建設・エネルギー・生活2)

居眠り運転を防止する勤務体系と運営管理、指導・監督指針改正のポイントについて解説する。

国土交通省が改正した安全運転教育のための指導監督指針に対応するもので、年間5000部の利用を見込む。 ... 企業側は、ツールを活用して安全運転に関する研修の年間...

金融庁は「みずほ問題」をきっかけに現在、上場銀行の監督指針の改正を準備している。... 3メガのなかでは、みずほFGが、監督指針改正に則した委員会設置会社となる。

中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針のなかに、顧客企業のライフステージなどに応じて提案するソリューションの例として、「債務整理等を前提とした顧客企業の再起に向けた適切な助言」や、「顧客企業が自主廃...

主要銀行の監督指針の改正を準備している金融庁や日銀、東京証券取引所からヒアリングした。金融庁は2013年の大手銀行による反社会的勢力への融資問題を受け、監督指針の改正を準備しており現状を報告した。&#...

金融機関や事業再生に携わる実務者向けに新たな指針を策定する。... 新指針は「できるだけ早期に策定」(金融庁)し、当面は任意のガイドラインとして扱うが、将来は金融機関向け監督指針への反映を目指す。

具体的には金融検査マニュアルや主要行・地域金融機関向け監督指針を改正し、貸し付け条件の変更に対応する努力規定を明文化するなど準備に余念がない。

しかし、政府は引き続き金融機関への検査・監督を徹底することで、融資姿勢に変化はないことを強調している。... 「円滑化法終了後も金融機関が貸し付け条件の変更や円滑な資金供給に努めるべきことを金融検査マ...

首都圏の地方銀行幹部は「(監督官庁の指示に従って)条件変更に応じることが当たり前との風潮が広がり、取引先に耳の痛い話がしづらくなった」とモラルハザード(倫理欠如)を指摘する。 ...

銀行や信用金庫、信用組合が守るべきルールや検査時のチェック点を定めた金融検査マニュアルおよび監督指針に、中小企業・小規模事業者の経営改善を最大限支援していくべき旨を明記。検査・監督を通じて徹底する。....

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる