42件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

4月18日は「発明の日」 (2020/4/28 特集・広告)

日本の産業競争力を高めるためにも、知的財産の創出や保護、活用のあり方について、あらためて考えたい。 ... 一方、イノベーション創出の分野では、特許審査期間の大幅...

ミャンマー商業省のアウン・トゥ副大臣は、日刊工業新聞のインタビューに応じ、同国は「12月に知的財産庁をソフトオープンし、商標の出願受け付けを始める」との方針を明らかにした。同国は、2020年末までに知...

特許庁は7日、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国の知的財産制度や知財権保護の取り組みを紹介する「ASEAN特許庁シンポジウム2019」を都内で開いた(写真)。... より迅速な特許出願処理への対応が...

不正・汚職を排除するガバナンス改革、外資規制緩和、税関など各種許認可の透明性、知的財産制度の整備に加え、投資協定も求められる。

特許庁は7月から2019年2月にかけ、審査官らが出張して知的財産制度や特許庁の政策を分かりやすく説明する「知財のミカタ―巡回特許庁―」を全国10都市で開く。

特許庁は21日、世界知的所有権機関(WIPO、国連の専門機関)と開発途上国の知的財産制度の整備支援で協力を拡大すると発表した。

特許庁は発明の内容を論文などで公開した後の特許出願を許容する「グレースピリオド(新規性喪失の例外期間)制度」について、救済措置の対象期間を6カ月から12カ月に延長する方針を固めた。... グレースピリ...

知的財産制度や特許庁の政策を身近にするため、面接審査やセミナー、模擬口頭審理などを地域の実情に合わせ開催する。

知的財産制度がグローバルスタンダードとして世界中で導入されている今日、製造、販売、競合参入している全ての国に出願するというのは非現実的であり、この概念だけではあまりにも大ざっぱで出願件数が限りなく膨ら...

企業のグローバル戦略に影響を及ぼす知的財産制度の国際調和も難しさを増す。来日した「世界知的所有権機関」(WIPO、国連の専門機関)のフランシス・ガリ事務局長に知財における国際協力の方向性や活動方針を聞...

これらの妥協は、日本がコメをはじめとする農産物で関税制度を維持した見返りとしての産物だ。... 【中国へのけん制】 TPPには小売り・金融の市場開放や知的財産制度の共通化などルール分...

日本弁理士会は17日、東京都内で活動報告会と伊丹勝会長の会見を開き、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)などによる第4次産業革命に応じた知的財産制度について、法改正に向けた提言を年内にまと...

海外から日本への特許出願を増やすため、海外に出向いて日本の知的財産制度の充実ぶりを直接訴える考えだ。 ... 日本の知財制度などを紹介するセミナーのほか、パネルディスカッションを実施...

同報告書では知的財産制度をめぐる現状や方向性、国内外の動向を取りまとめた。

日本、米国、欧州、中国、韓国の特許庁は2日、都内で5大特許庁(IP5)長官会合を開き、ホスト国を務めた日本の提案によるIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)など新技術に対応した知的財産制度の...

日本、米国、欧州、中国、韓国の特許庁がIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)など新技術に対応した知的財産制度で歩調を合わせる見通しになった。... AI活用による特許行政業務の高度化なども検...

特許庁は投資環境を整備する観点からASEANの知的財産制度の整備、強化を支援している。

主な検討課題は「人材」「技術」「資金」「データ」「制度・ルール」。第4次産業革命に対応したデータサイエンティストの育成、技術開発ロードマップ策定、投資インセンティブ付与、知的財産制度の整備などについて...

経済産業省・特許庁は東南アジア諸国連合(ASEAN)各国の知的財産制度や知財権保護の取り組みを紹介する「アセアン特許庁シンポジウム2015」を、5月26日13時30分から奈良市の奈良県新公会堂で開く。...

【横浜】横浜市は知的財産制度を利用して競争力の強化を目指す市内の中小・中堅企業を認定する「横浜知財みらい企業」の2014年度第2回として、新規に2社と更新企業45社を認定した。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる