91件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

ホンダは30日、人工知能(AI)を活用し、知的財産の維持管理に関わる知財部員の一部業務を、約7割効率化するシステム構築したと発表した。... 効率化した人的リソースを、知財を活用したオープンイノベーシ...

知的財産管理、発明管理のビジネスソリューションを提供するアナクアは、トヨタ自動車とパナソニックの車載用電池事業における協業のために設立された合弁会社プライム・プラネット・エナジー&ソリューションズが、...

日本の量子ICTの国際競争力を強化するため、量子を専門的に扱う優れた研究者「量子ネーティブ」育成や、基礎研究から技術実証、知財管理、標準化まで行う国際的な連携拠点の設置が求められている。 &#...

セイコーHD、SIIから開発など移管 (2020/4/8 電機・電子部品・情報・通信2)

セイコーホールディングス(HD)は、電子デバイス事業の子会社セイコーインスツル(SII、千葉市美浜区)から研究開発・生産技術部門や知財管理部門、環境活動推進部門を移管した。

米海軍研究所、知財ソフト導入 (2020/2/26 国際・商社)

米海軍研究所は米アナクア社の知財管理ソフトを採用した。... 組織の多岐にわたる知財ポートフォリオには、レーダー、通信、画像化、ナビゲーションに関連する発明など数千の特許が含まれている。

アスター(秋田県横手市)が開発した超高密度小型・軽量の高効率モーターコイル技術を軸に知財管理など経営企画、モーターの研究開発、試作試験、人材育成、雇用創出を進める。

知財をめぐる取引実態を聞き取る調査員の配置は初めて。企業の法務部門で知財管理などの経験がある専門知見を持つ人材を新たに採用する。... 特許庁と連携し、中小に知財管理などで支援することも検討する。

また、大手電機メーカーの元知財部門トップを採用し、知財管理の強化に乗り出した。

RPA化は進んでおらず、特許情報の定期検索やメール仕分け、データの抽出、知財管理システムのデータ入力代行など、作成できるシナリオは山ほどある。... しかしRPAはただ導入しても、知財業務とプログラミ...

行政や専門家と連携し、販路開拓や知財管理などさまざまな形で支援できる。

中部経産局、知財戦略で講演 (2019/9/12 中小企業・地域経済1)

中部経済産業局は25日13時から名古屋市中村区のミッドランドホールで知財戦略に関する催し「ビジネス×知財フォーラム」を開く。東京大学未来ビジョン研究センターシニア・リサーチャーの小川紘一氏が...

参加した委員からは「研究データの蓄積、活用を意識した施策が欠かせない」「知財をマネジメントする施策を手厚くしてほしい」との意見があがった。

さらに16年には特許を管理する組織「豊橋センサ協議会」を設立した。バイオイメージセンサーで約70件の特許を取得しているが、さらなる普及に向けて、特許を活用したい企業との交渉をワンストップで行う知財管理...

量産は外部の製造受託企業を活用する考えで、今後は福井大の産学連携本部を中心に、技術サポート、品質管理、マーケティングの体制を検討し、年内に事業を開始する。知財管理は同大学内で18年7月に設立した「ウイ...

【水戸】茨城大学大学院理工学研究科の高妻孝光教授と茨城県内企業経営者らは共同で、中性子線を利用した農業技術の開発・供与や知財管理を行う新会社「クォンタムフラワーズ&フーズ」(水戸市)を設立した。

米アナクア、東エレク向けに知財管理製品 (2018/6/19 電機・電子部品・情報・通信2)

知的財産管理ソフトウエア大手の米アナクアは、同社の知財管理ソフトウエア「ANAQUA9」を、半導体製造装置メーカーの東京エレクトロンが採用したと発表した。ANAQUA9は日本語を含む複数言語に対応し、...

これらの研究ユニットなどで効果的な成果を上げるため、共同研究の奨励やアウトリーチ活動支援、知財管理などを行う学術研究・産学官連携推進本部のリサーチ・アドミニストレーター(URA)も現在の約50人から拡...

知財管理や情勢・論文分析などを行うリサーチ・アドミニストレーター(URA)を現在の約50人から増やし支援を広げる。

「運営の多忙さから知財まで手が回らない」。... 品数の拡大と併せ、知財管理でも攻める姿勢が必要と説く。

新会社に知財管理やベンチャー支援、共同研究の折衝機能を持たせ、民間から優秀な人材を招く。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる