575件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

石油 脱炭素化へ技術投資 脱炭素化が進む中、化石燃料事業が中心の石油元売り3社も再生可能エネルギーなどの戦略投資に徐々にシフトする。... ヘイル油田(アブダビ)の2次回収投資がある...

新型コロナウイルス感染拡大により石油製品の販売量が減少するなど、足元の収益環境は厳しいが「コスト削減や現場における改善活動、資産売却等の取り組みを行う」(ENEOSHD)ことで達成を目指す。 ...

国内では昨年5月以降、上昇傾向が続くが、欧州での新型コロナウイルス再拡大に伴う原油価格の下落を受け、足元で石油元売り各社は卸価格を2週連続で引き下げた。... ENEOSなど元売り会社は今週、給油所へ...

水素・CO2から燃料生成 脱炭素の波は、燃やせば二酸化炭素(CO2)を排出するガスや石油を主力事業とする関係業界に抜本的な改革を迫っている。... 石油元売りでは、ENEOSが再生可...

原油市況の改善を受け、石油元売り各社の2021年3月期連結業績見通しが持ち直している。... 石油製品のマージン改善などで経常利益を前回予想から480億円増の750億円としている。... 石油資源開発...

渡氏は1960年に慶応義塾大学経済学部を卒業して日本石油に入社。... 02年に新日本石油に社名を変更。... 2兆円強の石油元売り会社を幾多の合併・再編を繰り返し、売上高で10兆円を超える一大企業グ...

石油連盟の杉森務会長(ENEOSホールディングス会長)は、石油産業の50年に向けた環境目標「長期低炭素ビジョン」を見直す方針を明らかにした。... 石油元売り各社はもともと40年頃に石油需要が半減する...

今後も石油輸出国機構(OPEC)プラスの協調減産やコロナ禍などの影響を受けそうだ。 ... 韓国ロッテケミカルなど大手石油化学メーカーはこの時期に定期修理に入っている。 &#...

石油元売り、脱炭素化加速 石連会長、ビジョン着実に実行 (2020/10/23 建設・生活・環境・エネルギー)

石油連盟は22日、定例会見を開き、杉森務会長(ENEOSホールディングス会長)は政府が2050年に温暖化ガス排出量を実質ゼロにする目標について「連盟が策定した長期低炭素ビジョンを着実に実行していく」と...

エネルギー 電気・石油、回復弱く 新型コロナの収束が見えない中、電力・ガスは下期も一定の需要減が続きそうだ。... 石油元売りもガソリンを中心に石油製品の販売減少の影響が下期も続きそ...

国内の石油元売り各社は原油コストに卸価格を追随させ、ガソリン店頭価格もこの動きに沿っている。 ... 石油連盟によると、ガソリン販売は4―6月が前年同月比17%減、7月は同6%減、8...

石油元売り3社の4―6月期、当期赤字 原油安・需要減が直撃 (2020/8/18 建設・生活・環境・エネルギー1)

原油の価格下落と需要低迷が、石油元売りや上流企業の業績を直撃している。2020年4―6月期は元売り3社と石油資源開発が当期赤字となり、12月期決算の国際石油開発帝石も1―6月期に当...

石油元売り系列では突出した実績だ。

菅義偉官房長官(写真)は29日の会見で、大手石油元売り各社のハイオクガソリンに関する宣伝に、事実と異なる点があるとの一部報道について「景品表示法では消費者に対し、実際の品質より著しく優れていると宣伝す...

8日時点のガソリン価格は5月11日の安値からの値上がり幅が3・9円とまだ鈍い戻りだが、「卸価格、小売り価格の反映までにタイムラグがある」(石油情報センター)ため。ただ、前週からの値上がりが0・3円と小...

石油元売り3社の通期見通し、黒字転換 原油需要回復が焦点 (2020/5/27 建設・生活・環境・エネルギー)

石油元売り3社の2020年3月期連結決算が26日まとまり、歴史的な原油安を受けて3社とも減収・当期赤字となった。

これに対し、京葉臨海コンビナートの一角に位置する千葉工場は、近隣に石油元売りや化学メーカーの工場が集積。... 石油元売り最大手のJXTGグループが協業相手として手を結んだのは、AIベンチャーで、ユニ...

新型コロナウイルス感染の影響で輸送向け燃料需要が停滞する中、商社の業績予想では前提となる原油価格の上値が重く、石油開発事業などの採算悪化が見込まれている。... 両社とも原油価格の急落で19年度は石油...

(戸村智幸) 収益源獲得へ“種まき” 【JXTG、農業と再生エネ融合】 国内の石油需要は、2040年には現在の半分に減少する―。石油元売り最大手の...

新型コロナ/NY原油、初のマイナス 価格下押し圧力続く (2020/4/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

産油・非産油国で構成する石油輸出国機構(OPEC)プラスが5月から日量970万バレルを減産し、日本や韓国などでも貯蔵能力を上げるなど、過剰在庫を解消する動きがあるが、足元では日量2000万―3500万...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる