4,339件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.025秒)

九州大学と理化学研究所などの研究チームは、卵子に含まれる特殊な細胞質(卵細胞質)の形成に必要な遺伝子を特定し、胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)から短期間に大量に卵細胞質を持つ細胞...

新型コロナウイルス感染第3波で2月7日までの「緊急事態宣言」が続く中、戸部良一氏ら6名の研究者になる『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』(ダイヤモンド社)を思い返した読者は少なくあるまい。... 重症...

国立大学などの技術に関する研究成果の実用化に必要な研究の「研究成果活用支援事業者」の出資対象を広げる。研究開発法人だけでなく、国立大学や大学共同利用機関が、共同研究や受託研究を行う事業者へ出資できるよ...

同大学の防災・減災に関する研究成果と知見を活用し、防災対策や人材育成、新ビジネス創出などの分野で協力する。... 同大は夏までに「地域防災実践研究センター」を設立する。センターでは災害対応技術の社会実...

輝け!スタートアップ(62)グランドグリーン (2021/1/21 中小・ベンチャー・中小政策)

取締役を務める名古屋大生物機能利用開発研究センターの野田口理孝准教授の研究成果から、品種改良の研究と接ぎ木カセット販売の二つの事業を軸に展開している。 ... 丹羽社長は京大で研究職...

「コモディティー(汎用品)と高機能材などのスペシャリティーを両軸とする『ハイブリッドカンパニー』の方針を続けつつ、研究成果を形にしてスペシャリティーの割合を増やす。... セラミックスのようなデファク...

接続信頼性をテーマとした研究成果を通じ、新たなノウハウを提供した点を評価いただいたのは名誉に感じています。... 若手の自由で柔軟な発想力を成果に結びつける。... 近年は研究員の学会やセミナーへの出...

研究プロジェクトの審査過程で最も苦労したのが、成果の社会実装だった。... 高品質なデータと世界中どこでも再現可能な研究成果を提供する。 ... 研究手段や成果をシェアし、日々更新さ...

同大学の研究成果を中心に活用するベンチャー企業の成長支援が狙い。

「脱炭素」シフト エンジ、成長へ「医薬」開拓 (2021/1/12 機械・ロボット・航空機1)

「細胞の遺伝子の組み合わせについて研究する話はいろいろ出ている。... 当社は製薬会社など出身の人材を採用し、細胞に関する研究に数年にわたり取り組んでいる。... バイオ医薬の研究成果をいかに商業生産...

益山最近、本学は科学技術振興機構(JST)が公募した「研究成果展開事業大学発新産業創出プログラム社会還元加速プログラム(SCORE)大学推進型」に神戸大学と共同で出願し、採択された。... 教員が自ら...

若手研究者の育成、世界レベルの研究大学の共用施設の整備などを通じ、日本の研究力を向上したい。... 宇宙開発の成果は国民の暮らしに還元されるべきだと考えている。... 研究成果の共有化やデジタル化を進...

新型コロナウイルス感染症の予防対策商品として、福井大学の研究成果をもとに商品化する。... 福井大が2020年11月に発表した新型コロナの人体受容体を抑えるプロピオン酸の研究データの提供を受け商品化す...

研究者らはCO2資源化や循環型社会に夢を描く。... 人工光合成の課題を解決する研究成果は着々と出てきている。 ... 実現にはもっと多くの研究者の革新的なアイデアが必要だ。

NTTデータ、IOWN推進室を新設 25年500人体制 (2021/1/6 電機・電子部品・情報・通信2)

要素技術の研究開発を推進するNTT研究所と、その研究成果を顧客に展開・事業化するNTTデータ内をつなぐ役割を担う。

SARSの流行は自然となくなったが、積み重ねた研究成果を新型コロナワクチンの開発に応用した。流行が下火になっても、感染症やワクチンに関する研究を続けていかなくてはいけない。... 国内で研究を続け、開...

研究成果の社会応用で次の資金を獲得する「イノベーションエコシステム」の中核となる大学は、社会のニーズに合った人材の輩出や世界レベルの研究成果の創出などの役割を担ってきた。... 科学研究費助成事業(科...

一方で、学会発表のような研究成果の紹介が多くなったという課題も見えた。... 田向権同リーグ実行委員(九州工業大学准教授)は「学会発表のような研究成果紹介が多くなった」と振り返る。... 自由なデモ発...

明治大学科学コミュニケーション研究所所長の石川幹人教授らとともに、科学リテラシーの育成を目指すサイト「Gijika.com」を運営する山本輝太郎研究員に聞いた。 ... 医学系で重要...

新設した茨木工場(大阪府茨木市)を活用して在庫を適正化し、次のパンデミック(世界的大流行)にも備えたい」 ―社内外での研究成果をマーケティングに生かしています。 ....

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる