87件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

キーワード/研究機器の遠隔利用 (2020/11/19 大学・産学連携)

A 大学の分析室にそろう高度な分析や測定の研究機器に、学内外からインターネットなどで接続し、手元のパソコンで機器の操作やデータ取得をするイメージだ。... A 通常の共同研究は研究者同志が顔を合わせて...

DXはデータ活用の第4の研究手法「データ駆動型研究」をはじめ、各種データベース(DB)によるデータ基盤、学術情報ネットワーク(SINET)などの情報基盤、スーパーコンピューター、遠隔操作の研究機器など...

長岡技術科学大学は連携する高等専門学校に、電子顕微鏡など同大の研究機器を遠隔利用の形で貸し出す活動を本格化した。... 高専が送った試料を大学の技術職員らスタッフが機器にセットした後に、高専の研究者だ...

2位の豊橋技術科学大学大学院工学研究科1年の前川啓一郎さんらのチームのプランは研究機器の自動化アタッチメントデバイスを開発するもので、新型コロナウイルス感染症の拡大で研究が滞ったことを受け発案。......

学術情報ネットワーク(SINET)を含む基盤的設備の整備、遠隔利用の研究機器などモノを通じた支援が目を引く。... 内訳は教育研究の基盤設備や取り組みで251億円増。... 具体的には複数機関で活用す...

文部科学省は2021年度に、複数の機関で活用する高度な研究機器の遠隔化・自動化で新事業を始める。大学や国立研究開発法人がこれらの機能を組み込んだ1台数億円などの先端研究設備を、新規購入・更新・改修する...

具体的には学事スケジュール、授業方法、相談窓口の対応、学生の研究活動、教員らの研究活動だ。 ... 研究室の“シャットダウン計画”に基づいて、研究室における研究活動も停止している。一...

三つ目は、先端的な研究機器や技術を共通に整備したコアファシリティーと、それらに携わる専門性を備えた高度研究支援人材の存在である。... 複雑化・高度化する先端機器は3年程度で次世代機へと進歩する。研究...

また神戸産業医療都市に進出する企業やベンチャー企業(VB)の研究開発を推進。企業や研究機関向け施設「クリエイティブラボ神戸」(神戸市中央区)内にVBなどが共同で必要な研究機器を使用できるシェアラボを2...

「(研究者の創造性を信頼して研究の自由度を与える)『ハイトラスト・ファンディング』で、最高の頭脳を採用する」とグルース学長は説明する。... 国際的な共同研究の比率も約6割で、日本の研究型大学より上を...

今後のキャンパスの防災対策では学内のシミュレーションを活用するほか、工学部都市工学科の学生約100人がキャンパス近隣の被害の実態調査を行い、世田谷区も関心を示すなど、水害の教訓を研究・教育に生かす取り...

生命科学・生命工学の単一部局で75研究室の教員130人を抱える国内最大の規模を生かし、各10人程度の研究者が関わる11グループが活動する。... 数百台の研究機器を企業が使える仕組みも整え、全学型より...

「競争的研究費を獲得した場合につい高額機器を購入する事例がある」と漏らすのは、理化学研究所生命医科学研究センター組織動態研究チームチームリーダーの岡田峰陽(たかはる)さん。 最先端の...

若手研究者の研究環境の整備や国際競争力強化に向けた研究拠点の形成など、日本全体の研究力向上を目指す。 ... 挑戦的な研究を1教員につき年間数千万円で100人程度を支援すると同時に、...

【新潟】長岡技術科学大学は、豊橋技術科学大学や全国7カ所の工業高等専門学校(高専)が持つ研究機器をネットワークで結び、IoT(モノのインターネット)で相互に遠隔利用できるネットワークを構築する。......

同賞は電子工学や情報通信分野の基礎研究、機器、方式の開発での業績が顕著な者や、同分野で長年教育の質向上や教育施策の遂行などで人材育成に貢献した者に贈られる。橋本副学長は高機能電波吸収体の実用化研究で、...

両社が保有する研究施設や研究機器などの経営資源を活用する。... シスメックスは国内外の研究者が共同事業を進めるオープンイノベーション施設を同社研究開発拠点「テクノパーク」(神戸市西区)内に持つ。.....

名古屋市大、藤田医大と連携協定 (2019/4/2 科学技術・大学)

医学部や看護関連の学部を持つ大学同士で教育や研究で協力し、学術や医療、地域社会の発展につなげる。協定により研究機器の相互利用などで共同研究を推進する。

同時に、新たな光源開発や光を応用した医療機器開発、専門人材の育成、次世代光関連産業をけん引する世界最先端の研究開発・生産拠点形成を目指していく。 ... ポストLED研究において、世...

各施設の紹介を行うほか、同センターが保有する試験・研究機器を実演、展示する。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる