電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

10,597件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

研究支援システムを開発販売する。 海外では研究者との契約に漏れなくデータ登録することを盛り込む企業や組織が少なくない。... データ登録の研究支援スタッフを配置する方法を推奨する。

前述の地方大学と企業の情報連携に関する問題は、2者の接点がないことが要因である。... そのため、研究者個人と企業とが共同研究に関するやりとりを行うこととなり、共同研究の大型化に取り組むことができてい...

共創 科学技術外交(下)公公連携、DXで加速 (2024/7/11 科学技術・大学1)

「DXで日本の農業を支えてきたインフラを輸出できるようになる」と農業・食品産業技術総合研究機構の久間和生理事長は目を細める。... 途上国で社会実装する知見を国内に環流させ、次のイノベーションを狙う仕...

分野にとらわれず地震工学に新たな視点や考え方を取り入れるなど、挑戦的で地震工学の裾野を広げる研究や開発で成果を上げた45歳以下の若手研究者・開発者を年最大2人表彰する。 ... 賞創...

現在、グループをはじめNIMSの研究者が一丸となって、新たな「高信頼性耐熱材料」の創製を目指して、「超合金」と「自己治癒セラミックス」という異なる耐熱材料の開発を推進している。... 同年NIMSポス...

富士通オーストラリア、豪で量子研究支援 国立大と連携 (2024/7/9 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通が持つ量子シミュレーターなどの量子コンピューティング技術を用いて、オーストラリア国立大の研究者の教育プログラム開発を支援する。 将来構想として量子計算分野における共同研究組織を...

タキロンシーアイ、兵庫に研究開発新拠点 26年4月稼働 (2024/7/9 素材・建設・環境・エネルギー1)

工場ごとに分け持っている研究開発機能のうち、主に新技術に関する研究開発機能を集約する。... 約60人規模でスタートする計画で、研究者同士が情報交換できる場所も設ける。研究設備は既存の設備を移設するほ...

日本と開発途上国の研究者が共同研究を進めて、地球規模課題の解決と両国の協力強化、自立的研究開発能力の向上などの“一石三鳥”を狙う。... 課題は技術系研究者が途上国に明るくない点だ。... ただ日本の...

中でも「秤量が自動実験の課題になっている」(山口祐貴極限機能材料研究部門主任研究員)。 ... 自動実験の効果は研究成果に表れた。... 人協働ロボットの稼働は現在、...

開発途上国と日本の研究者が共同研究を通して交流する。 ... それぞれの国のトップ研究者が連携して共同研究を進める。支援規模は1件当たり最大5億円で、トップ研究者...

豊橋技科大、キャリア教育で産業界と連携 (2024/7/8 科学技術・大学)

豊橋技術科学大学は「産学共創キャリア教育センター」を設置し、産業界と連携した先導的なキャリア教育により、実践的、かつ創造的な能力を持つ高度な技術者や研究者の育成を始めた。... 今後は海外企業との連携...

龍谷大、大学院心理学研究科を開設 (2024/7/8 科学技術・大学)

龍谷大学は、2025年4月に大学院心理学研究科を開設する。... 博士後期課程は「研究者養成コース」「高度専門職業人コース」を設置する。

同書は考古学・博物館学の研究者である大阪大谷大学の名誉教授が執筆。... 博物館学の研究者の視点から酒蔵の歴史や酒造りの工程・道具、エピソードなども写真を交えて解説する。

【京都】サムコ科学技術振興財団(京都市伏見区、辻理理事長)は3日、2024年度(第8回)の薄膜技術に関する研究助成対象者を発表した。「高分子相分離構造の制御によるプリン...

取引先200社超から330人が来場、スタートアップ12社と名古屋大学大学院の研究者2人によるピッチに耳を傾けた。

研究者はアイデアを片っ端から試して論文を書く。... 世界でロボット研究者がデータを持ち寄るプロジェクトもある。... 課題も多いが、多くの研究者が基盤モデルに期待している。

「フランスの大学では、外部の研究者が半数以上を占める選考委員会が教員を選考する」と紹介するのは、岡山大学教授の堀口悟郎さん。... 研究の“素人”が教員選考という学術的判断に介入す...

先端科学技術分野の教員や研究者、大学院生の交流を図り、グローバルに活躍する博士人材の育成で協力。分野の枠組みを超えた共創的研究の推進や、グローバルキャンパス環境の醸成でも協力する。

島津、徳島大と連携 医療技術強化へ人材交流 (2024/7/3 機械・ロボット・航空機1)

両者で「次世代光源技術」「フードテック」「水中通信技術」に関わる共同研究とともに、双方の研究者・技術者、同大学の学生を対象とした人材育成に取り組む。 ... 食の課題を先進技術で解決...

共同研究を介した若手研究者の交流が進んでいる。 ... 1年は日本、2年はインドで研究するスタイルを想定する。... 16年物質・材料研究機構理事長。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン