19件中、1ページ目 1〜19件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

(小寺貴之) 研究成果の社会実装推進 「念願の法改正」と理化学研究所の松本紘理事長は出資解禁について振り返る。... 研究開発力強化法が科技イノ...

1月に科学技術・イノベーション活性化法(旧・研究開発力強化法)が施行され、大学が大学の技術をベースに起業した大学発ベンチャーの株式や新株予約権を取得し保有できることが明記された。

1月17日に施行された科学技術・イノベーション活性化法(旧・研究開発力強化法)によって国立研究開発法人は法人発ベンチャーなどに出資できるようになった。... 法改正で物材機構や海上・港湾・航空技術研究...

物質・材料研究機構は研究者の起業支援を強化する。... 18年12月に公布された科学技術・イノベーション活性化法(旧・研究開発力強化法)によって国立研究開発法人が国研発ベンチャーに出資できるようになる...

8日の午前2時に研究開発力強化法の改正案が参議院本会議で可決され成立した。22の国立研究開発法人にベンチャーなどへの直接出資の道が開かれた。... 研究開発力強化法は科学技術・イノベーション創出の活性...

世界トップレベルの成果を目指し、柔軟な予算配分措置と大胆な権限などを研究機関に持たせる「特定国立研究開発法人制度」。... この推進力の一つが相対契約だ。... 事業会社の構想を描いて産業界と折衝し、...

理化学研究所は5日、研究成果の社会実装を目的とした科学技術ハブ機能の強化を柱とする第4期中長期計画を発表した。6月改正見込みの研究開発力強化法の施行により、子会社への出資が可能になるのを利用する。.....

16年からは世界最高水準の研究機関として「特定国立研究開発法人」に指定され、日本の科学技術をけん引することが大きく期待されている。... ◇  ◆ ―国立研究開発法人になり、研究の質...

現在の研究開発力強化法の対象領域に新たに人文科学を加え、同法の名称も「科学技術・イノベーション活性化法」(仮)に改める。同時に、国立研究開発法人(国研)の出資機能などを強化し、研究から実用化まで一貫し...

一方、特定の大学だけに通用する“ローカルルール”を撤廃するなど、のびのびと研究に打ち込める環境を整備する必要がある」 ―研究開発を効率的に進める法律「研究開発力強化法」の次期通常国会...

さらに研究開発を効率的に進めるために必要な事項を定めた法律「研究開発力強化法」の改正の修正案に関し、「18年1月召集の通常国会に議員立法により提出し可決を目指す」方針を示した。同法は5年ごとに見直して...

「4月に開催した総合科学技術・イノベーション会議で、政府の研究開発投資目標の達成に向けた具体的な道筋を決定した。... さらに研究開発の効率的な推進に必要な事項を定めた法律『研究開発力強化法』の2度目...

【準備は万端】 政府は国立研究開発法人から民間への出資を可能にするため、研究開発力強化法の改正に動いている。... 法改正はイノベーションには、研究開発法人と企業の緊密な連携が必要だ...

総合科学技術・イノベーション会議(CSTI、議長=安倍晋三首相)の有識者議員が、研究開発の効率的な推進に必要な事項を定めた法律「研究開発力強化法」の改正に向けた制度改革案を政府に提言。... 制度改革...

研究開発力強化法の改正−出資解禁、産業界にプラス 3法人の戦略には課題もある。理研の外郭法人は研究開発力強化法の改正が必要だ。... この法改正のチャンスを他の研究開発法人が生かせる...

「科学技術イノベーションの加速も、日本の技術力を世界に売り出すのも、成長戦略の実現に重要だ。... 今夏に打ち上げ成功した次世代のイプシロンロケットも、技術力をもっと世界にアピールすべきではないか」&...

自民党の科学技術・イノベーション戦略調査会などの合同会議は31日、研究開発力強化法改正案の内容を固めた。大学や研究開発法人の任期付き研究者らは、無期労働契約に転換する期間を5年から10年に延長。科学技...

「国立大学、独立行政法人に関係する、研究開発システムの改革の推進等による研究開発能力の強化及び研究開発等の効率的推進等に関する法律(略称・研究開発力強化法)」が08年6月に成立し、施行が予定されている...

新法案は研究開発の推進を支える基盤強化や民間の研究開発力向上により、国際競争力強化を目指す―などを盛り込んだ。 ... 新法案は「研究開発システムの改革の推進等による研究開発能力の強化および研...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる