90件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

政府の未来投資会議が30日、医療分野や労働界などのメンバーを加えた新体制で初の会合を開き、ウィズコロナ・ポストコロナ時代の社会像の検討に着手した。... 脱炭素化など持続可能性が高い社会づくりについて...

西村康稔経済再生担当相は28日の会見でウィズコロナ、ポストコロナの時代を見据えた新しい社会像を検討するため、政府の未来投資会議に新たに加えるメンバーを発表した。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はコロナ禍に求められるイノベーション像をまとめた。... リポートにはコロナ禍で起きた価値観の変容と社会像の変化、産業や働き方への影響をまとめている。&#...

デジタル・バイオ両輪 環境省は「脱炭素」「循環経済」「分散型社会」への“三つの移行”によって、コロナ後の日本の経済と社会の再設計を狙う。... 佐藤ゆかり環境副大臣に、三つの移行で到...

ニュース拡大鏡/環境相、発言に勢い戻る “脱炭素”かじ取り自信 (2020/7/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

3日には「新型コロナウイルス後の社会像を考える勉強会」を立ち上げた。... そして7月8日には再び中西会長に会い、経団連幹部と脱炭素社会の実現に向け意見交換をした。 ... だが、繰...

デジタル化では自動配送ロボットの公道走行実証を年内の早い時期に行い、社会実装に向けた制度設計を進める考えも明記。... 安倍晋三首相は先週末の未来投資会議で会議のメンバーを今後増やし、コロナ時代の国家...

また、西村再生相は会合でコロナ時代の新たな国家像・社会像の実現に向けた工程表をまとめる考えを示した。

日常生活や経済活動などのあらゆる場面で、サイバー空間と実空間が連携し感染症を予防しながらストレスなく生活できるといった社会像を示した。... どのシナリオにも対応できる社会像とイノベーション像を示した...

環境省、来月3日に「コロナ後」勉強会 (2020/6/24 建設・生活・環境・エネルギー)

生物多様性や気候変動問題、新型コロナウイルス危機からの復興も含めた経済・社会像を議論する。

社会・経済活動再開への行程が、新たな段階に入る。安倍晋三首相は同本部の後の会見で「社会・経済活動を犠牲とするこれまでのやり方は長続きしない。... 会見ではさらに「新型コロナが国土のあり方を根本から変...

“ダニ先生”として有名な昆虫学者の五箇公一氏(国立環境研究所)をメンバーに迎え、気候変動対策や新型コロナウイルス危機からの復興も含めた経済・社会像を議論する。

◇ ―ムーンショットの2050年の社会像の6目標のうち、四つがJST担当です。 「例えば『身体や時空の制約から解放された社会』は、ロボットやアバター(分身)を組み合...

そこでムーンショットでは、『月に行く』といったような具体像を持った目標ではなく、幅広い発展性を持つことを重視して、思い切ったテーマを決めた。... 研究計画を実現し、現在の社会制度や国の規制に対して働...

設定されたムーンショット目標では、社会課題の解決と、それによる新たな社会像の実現を目指す。例えば、遠隔操作が可能なロボットや身代わりとなる「アバター」を組み合わせることで大規模で複雑な作業を実行する技...

多くの技術を組み合わせたイノベーションが25年にも起きることを予想し「例えばリチウムイオン電池を自動車に搭載し、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)などを組み合わせることで今からは全く想像...

大学などの研究機関や産業界が一体となって議論し、ロボットや人工知能(AI)を使った新しい社会像の実現、環境問題の解決、量子技術の向上といった7項目の研究目標を示した。... 各分科会では、時間や空間の...

バイオ技術を活用した社会像を明確に示すことで産業界からの投資を狙い、産学官の連携を促進する。... 新たなバイオ戦略ではまず目指すべき社会像を明確に示し、その実現のためにどのような技術が必要かという出...

第5期科学技術基本計画では、ソサエティー5・0の実現が大きな目標として設定され、その柱として未来産業の創造やIT化の加速、社会課題への対応といった将来像を示してきた。 ... 【「法...

提言に賛同した企業は、50年までの「リスク」および「チャンス」の財務的影響を年次財務報告書に開示することが、ESG(環境・社会・企業統治)投資家からも求められている。... 千葉大学の倉坂秀史教授の専...

有識者提言では、産業界からの投資を引き込み、産学官が一体となって技術開発と社会実装を進める全体像が示された。... 具体的には、医療とヘルスケアの連携や、産業全体が連動した循環型社会などを盛り込んだ全...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる