326件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

12月は鋼材の最需要期となる秋が終わって不需要期に入るが、出荷が微減のため、秋需の盛り上がりに欠けていたことがうかがえる。

ただ市場は秋需の盛り上がりを感じられないまま、冬場の不需要期を迎えようとしている。... 秋のメーカー再値上げに、流通間では安値警戒感が再燃。

【名古屋/秋需の発生見えず】 名古屋洋紙代理店会がまとめた10月の販売状況(紙合計)は、前年同月比7・1%減の3万6996トンだった。... 年末商...

ただ「建材製品に関しては全体的な数量は前月割れで、秋需はなかったという声が多かった」と全鉄連は指摘。それに呼応するように、鋼材の最需要期に当たる秋の好調さを感じていない声が多い。「10月も中小物件が少...

半導体不足による自動車減産の影響が鉄鋼にも出ているものや、秋需が期待ほど盛り上がらなかったこと、業種により好調不調があることが大きな要因とみられる。 ... また、10月は...

現状に関しては、鋼材の最需要期である秋にもかかわらず、需要が盛り上がらない声が散見される。「9月は北海道の秋需のわりに盛り上がりがなかった」(北海道)、「秋口の需要に期待したが、あまり...

秋需の期待も外れ、「このままでは10―12月期も条鋼品種を中心に前年割れが必至だ」と気をもむ。

3カ月先の景況感については、最需要期にある秋に当たるが、期待感の薄さは続いており「横ばい」と回答する企業が多かった。 ... 一方で、「今年の秋需も急激によくなることは期待できないが...

荷動きは期待の“秋需”が盛り上がらず店売り主力の中小建築実需に迫力を欠く。

9―11月は、鋼材にとって最需要期の秋に当たる。「秋の需要に期待している」(北海道)、「秋口にかけて小型建築物件が増える予想」(東京)と秋需を望む声のほか、「今まで低調...

さらに3カ月先の景況感については、最需要期にある秋を迎えるため期待感が高い。 ... 3カ月先は、鉄鋼の最需要期である秋にさしかかる時期で「五輪・パラリンピック後、建築需要が出てくる...

例年は春と秋に需要が盛り上がる「春需」と「秋需」の動きが見られるものの、卸商社は「この1年間、その恩恵はなかった」と振り返る。

全鉄連は「秋需が終わった冬シーズンは需要が減る傾向が出る。... 「今年の秋需は盛り上がりに欠ける結果となった。... 一方で、「10月は稼働も多く、低位ながらも秋需もあった」(東京)...

例年10―12月にかけて需要が盛り上がる“秋需”とはかけ離れた動きだ。

市中では秋需の盛り上がりを感じないまま冬場の建設不需要期を迎えている。

コロナ禍の緊急事態宣言による住宅工事の停滞が解消されたほか、例年、建設需要が盛り上がる“秋需”を迎え、受注が回復傾向にある。

例年、秋は最需要期だが「いつもの秋需に比べれば少し物足りないという意見も聞かれる」(日鉄)という。

ただ主力の鉄骨建材需要が新型コロナウイルス感染症拡大で低迷し、例年のような秋需の盛り上がりは見られない。

例年秋需は期待されるが、「(プレカット各社の)新規見積もりが徐々に減少」(市場関係者)し、先行きが見通せない。

「秋需は基本的になさそうだ」と話すのは、安田金属(千葉県浦安市)社長の東郷進一さん。秋は本来、鋼材の最需要期だが、厳しい見通しを示す。

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる