電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

57件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

国交省、住まいの終活ノート作成 放置空き家対策 (2024/6/24 生活インフラ・医療・くらし)

人口減少に伴い空き家は急速に増えており、全国で900万戸。... 廃墟化して周囲の環境や景観、安全などに悪影響を与えるのを避けるため、2023年の空家法改正で管理不全空き家の代執行を可能にするなどの対...

具体的には適正な土地利用や管理を行うため、非宅地化を含めた利用転換や空き家・空き地対策と一体の取り組み、所有者不明土地対策の推進、工場跡地や廃墟の有効利用などを検討する。... さらに空き家・空き地バ...

子育て世帯の住宅取得を支援し、県内で増加する空き家を有効活用する。 ... 住宅の広さ、防犯対策、耐震性能、シックハウス症候群対策などの項目を満たす必要がある。... 空き家対策にも...

【名古屋】愛知県安城市はこのほど、愛知県宅地建物取引業協会と「空き家等対策に関する協定」を結んだ。... 締結式に臨んだ安城市の三星元人市長(写真左)は「協会に相談窓口として所有者らに...

地域住民の急速な高齢化進展を踏まえた相続・空き家対策支援、デジタルデバイド(情報格差)の解消を目指したスマホ教室や金融取引サポートなどを行う予定。

ジチタイアド(福岡市中央区、時津孝康社長)は、埼玉県川島町と空き家など解消に向けた官民連携に関する協定を締結した。川島町は空き家対策の推進に関して、ジチタイアドの総合サービス「akis...

一方、埼玉りそな銀行子会社の地域デザインラボさいたま(ラボたま、さいたま市浦和区)は、鶴ケ島市など埼玉県内4地域の取り組みが国土交通省の2023年度「空き家対策モデル事業」に採択された...

新社長登場/LIFULL・伊東祐司氏 不動産の社会課題解決 (2024/1/31 生活インフラ・医療・くらし2)

今後は広告から顧客をポータルサイトに誘導する段階に入ると考えられる」 《課題は各分野の事業成長》 「当社は空き家対策など自社サイトを通じて活動してきた実績がある。

空き家活用、島根で空き家対策 (2023/12/15 中小・ベンチャー・中小政策)

空き家活用(東京都港区)は、島根銀行(松江市)と山陰地域の空き家問題解決に向けて業務提携した。同社は空き家所有者、地域、事業者、自治体をつなぐマッチングプラットフォーム...

【さいたま】埼玉りそな銀行子会社の地域デザインラボさいたま(ラボたま、さいたま市浦和区、青木大介社長)は、埼玉県深谷市など地域の空き家課題解決に取り組む3事業が国土交通省の2023年度...

【さいたま】埼玉りそな銀行全額出資子会社の地域デザインラボさいたま(ラボたま、さいたま市浦和区)などは、埼玉県鶴ケ島市の空き家対策を後押しする一環として、市内にある県立鶴ケ島清風高校の...

両者は空き家除却推進の連携協定を締結。... 2023年度は空き家の実態調査を実施。... さらには「空き家対策推進条例の改正も検討している」。

こうした空き家に代表される遊休地は都市の空洞化を引き起こす一方で、住宅供給は増え続けるといった矛盾を生み出している。また防犯上の課題や景観の荒廃を招く恐れがあることから、空き家は都市にとってのリスクと...

政府が今国会に提出する空き家対策特別措置法改正案の概要が23日、分かった。... この中で、空き家の利用や建て替えなどを促進。... 改正案では、放置すれば周辺に悪影響を及ぼす「特定空き家」になる恐れ...

阪急阪神不動産(大阪市北区、諸冨隆一社長)は兵庫県宝塚市と空き家対策で連携協定を結んだ(写真)。... 阪急阪神不動産が空き家対策で地方公共団体と連...

廃校の有効活用による住民と留学生の活発な国際交流や、空き家対策などによる地方の活性化が期待される。... 学生寮はアパートなど周辺の集合住宅だけでなく、空き家も活用する。

輝け!スタートアップ(108)クラッソーネ 空き家対策 自治体と連携 (2022/1/27 中小・ベンチャー・中小政策)

国の空き家対策への取り組みが本格化したことも需要増加を促している。... これが追い風となり、空き家対策を前進させたい自治体が同社のサービスに注目。... 人口減少に伴うコンパクトシティー化など、空き...

空き家調査、スマートメーター利用で合理化 電力3社が精度検証 (2021/6/16 建設・生活・環境・エネルギー2)

東名阪の大手電力3社が共同で、スマートメーター(通信機能付き電力量計)を利用した空き家対策の実証実験を行う。東京都が募集した先端技術を利用して空き家対策を進める「令和3年度民間空き家対...

3月下旬の会合では12人が2組に分かれ、空き家対策など地域活性化を実現させる4項目の提案をそれぞれの幹部職員を前に発表した。

例えば空き家対策。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン