31件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

(総合1参照) 政府はデジタル庁の設置法案をはじめとするデジタル改革関連法案や、一定水準の収入がある後期高齢者の医療費窓口負担を引き上げるための法案も含む63の法案を提出する方針。....

2020年度の第3次補正予算案、21年度予算案に加え、デジタル庁設置の関連法案、75歳以上の医療費窓口負担を引き上げる医療制度改革関連法案、個人情報保護制度の見直し関連法案など、重要法案が並ぶ。

政府の全世代型社会保障検討会議は14日、75歳以上の後期高齢者による医療費の窓口負担を、単身世帯で「年収200万円以上」の場合に、現行の1割から2割に引き上げるとする最終報告をまとめた。... 医療制...

後期高齢者の医療費窓口負担を現状の1割から2割に引き上げる政府方針をめぐり、自民党と公明党の協議がまとまらず、結論が先送りされている。... 75歳以上の後期高齢者が医療機関で支払う窓口負担について、...

厚生労働省は19日、社会保障審議会医療保険部会を開き、75歳以上の後期高齢者が医療機関で支払う窓口負担を現行1割から2割に上げる対象者基準として五つの選択肢を提示した。... 後期高齢者が現在、病院の...

同日会見した同分科会の増田寛也会長代理(日本郵政社長)は、後期高齢者の窓口負担を2割に引き上げることを求める声や、雇用調整助成金について段階的に(給付を)閉じていくべきだという意見があったことを明らか...

社会保障制度、企業負担抑制で公平性の確保を 日商・東商 (2020/5/5 中小・ベンチャー・中小政策)

(1)世代間の公平性確保(2)高所得の高齢者の負担増(3)現役世代や企業にかかる負担の抑制(4)小さなリスクには「自助」で対応するという生き方・暮らし方の推進を提言した。 社会保障制...

政府は12月19日にまとめた全世代型社会保障の中間報告で、22年度までに高所得の後期高齢者の医療費窓口負担を現在の1割から2割に引き上げると明記した。 ... ハローワークに氷河期世...

焦点の医療費の窓口負担は「一定所得以上の高齢者に限り引き上げる」と応能負担を強調。... 懸案の医療は、高齢者の体力や運動能力が確実に向上しているとした上で、後期高齢者の医療機関の窓口負担を現状の1割...

年金、介護、雇用、医療など社会保障改革全般に「年齢ではなく負担能力(所得、資産)に応じた負担」を徹底する必要があるとし、「応能負担」の原則を強調した。... 素案は、雇用形態を問わず社会保険に加入でき...

75歳以上の高齢者の医療制度に関して外来診療の窓口負担を1割から2割に引き上げる法案提出が先送りされるとの報道には、「社会保障は桜田同友会の一丁目一番地」とし、「残念」と語った。

今回の建議では医療改革の方向性として受診時の定額負担導入や、薬剤自己負担の引き上げなどを求めた。... また、世代間の公平性を確保するため、新たに75歳を迎える後期高齢者の窓口負担について、現行の原則...

負担と給付を巡る世代間のバランスなどについて、今後も関係者から意見聴取を続ける方針。 日本医師会の横倉義武会長は国が検討する、75歳以上の後期高齢者による窓口負担の原則1割から2割へ...

患者はこれらの料金のうち、1―3割を窓口負担として支払う。 医療機関の仕入れには消費税が課されるが、保険診療は非課税扱いのため、政府は10月の消費税引き上げに合わせて診療報酬の臨時改...

妊婦加算による追加料金は、診療時間内の初診で患者の窓口負担が3割の場合は約230円。

紹介状なしの大病院受診対象増−厚労省 (2017/11/21 素材・ヘルスケア・環境)

追加負担額は変更しない。... 紹介状なしで受診した患者に、窓口負担(原則1−3割)とは別に追加負担を求める制度は16年度にスタート。 ... また、救急患者らには引き続き追加負担を...

改定率を下げると、報酬を賄っている税金や健康保険料、患者の窓口負担も減る。

患者の窓口負担分について一定の条件で、回収不能となった未収金の一部に対して保険金を支払う。訪日外国人の増加などで未収金の負担が増えるとみて開発。

保険適用により患者は原則3割負担(未就学児は2割負担)となる。ただ、1カ月の窓口負担を一定額以内に抑える高額療養費制度があるため、実際には負担は大幅に軽減される見通しだ。

財務省によると高齢者1人を2・3人の現役世代(20―64歳)で支えた13年に対し、25年は1・5人で支える高負担時代を迎えると試算している。 ... このため安倍政権は社会保障制度改...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる