779件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

【福島】福島県高等学校教育研究会工業部会は、ポリテクセンター福島(福島市)で「福島県高校生ものづくりコンテスト2022溶接部門」を開催した。

福島県溶接協会(福島市)は「第67回福島県溶接技術競技会」(日刊工業新聞社など後援)の入賞者を決定した。4月に開いた競技会では県内23事業所から80人が参加し、最優秀賞...

データ分析結果を踏まえた新サービスの実装や、AIの競技会「カグル」マスター取得など学部・大学院の6年一貫で手がける。

ある競技会出場のためロボットを作った際、筐体(きょうたい)のほとんどを占める大きく重い減速機の小型化を検討した。

東京都溶接協会(東京都江東区、横田文雄会長=横田アスコム社長)は「第62回溶接技術競技会」(日刊工業新聞社など後援)の表彰式を都内で開いた。

ゼロは、社内競技会「ドライバーズコンテスト」を大磯プリンスホテル(神奈川県大磯町)で開いた。... 競技部門は「トレーラー」「積載車」「自走」の3部門で構成。

東進産業、無線操縦草刈り機発売 河川・斜面で安全作業 (2022/6/15 機械・ロボット・航空機1)

展示会や鉄道の保線作業技能競技会などでアピールし、リース販売も含め年間10台の販売を見込む。

【北九州】福岡県と福岡県溶接協会(北九州市八幡西区)は、第13回福岡県高等学校溶接技術競技会を開いた(写真)。... 同競技会は過去には100人を超...

2021年12月に上田地域高等職業訓練センターで競技会を行い、2部門に県内10社35人が参加した。各部門の最優秀者は22年9月に青森県で行われる全国溶接技術競技会に出場する。... 【被覆アーク溶接の...

同社は同校溶接部の依頼を受け、2017年から社員が溶接技術競技会に出場する生徒に技術指導してきた。生徒の技術も年々向上し、競技会では団体や個人種目で好成績をあげている。

AGV、止まらぬ進化 導入容易で用途広がる (2022/4/20 科学技術・大学)

ドリガルスキ氏は国際ロボット競技会「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」の製品組み立て競技で腕を磨いてきた。

福島県溶接協会(福島市、高野次郎会長=東開工業社長)は、ポリテクセンター福島(福島市)で「第67回福島県溶接技術競技会」(日刊工業新...

愛知県は16日、産業用ロボットの導入技術を競う「高校生ロボットシステムインテグレーション競技会」で最初の活動となるキックオフ講習会をダイドー(名古屋市中村区...

今回は市内の若手技術者や高校生ら9人が溶接と電気工事の2競技に出場、1月16日に市内で競技会を行った。

同タスクは国際ロボット競技会「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」で出題され、成功者はいなかった。

イオンディライトはイオングループを主体に施設管理業務を手がける。自然災害が多発する中、これまでの災害対応で蓄積した知見・ノウハウを共有し、被災地域施設の迅速な復旧、店舗営...

豊田自動織機は、各職場の代表選手が技術力を競う「社内技能競技会」を開いた。... 競技会は2007年から実施しており、今回で15回目。... 社内競技会は、基礎技能レベルの維持・向...

画像検索システムの精度向上のため、データサイエンティストらが参加する競技会(コンペ)を開催。

羽田工業所(福島県郡山市、黒田容社長)は、郡山市の本社工場で「社内溶接技術競技会=写真」を開いた。

3.11メッセ―ジ/災害対応 未来へ一歩 (2022/3/11 【東日本大震災11年】未来への歩み)

2021年10月に開かれた国際ロボット競技会「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」では、災害時に対応するさまざまな技術が披露された。

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン