92件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

米バイオ製薬大手のバイオジェン(マサチューセッツ州)は、エーザイと共同開発したアルツハイマー病(AD)治療薬候補の「アデュカヌマブ」について、米国食品医薬品局(FDA)に承認申請した。... AD治療...

米国の大手製薬会社メルクとの特許権を巡る裁判の結果、和解金として小野薬品がメルクから得た特許使用料の配分を争う。 □  ■ 請求金額は17年1月―19年12月に小野...

今回の提訴は、米メルクとの間の特許紛争で得た和解金と特許使用料の分配で、本庶氏が当初聞いた分配率(40%)と実際の分配(1%)にかい離があり、不当だと主張。

本庶氏が小野薬品に協力した米メルクとの特許裁判で、2017年1月―19年12月に小野薬品が受け取った和解金や特許使用料から配分を求める。... 特許裁判を経て米メルクから支払われた配分は小野薬品が25...

富士フイルムは、リポソーム製剤「FF―10832」の開発を加速させるため、米製薬大手メルクと提携した。進行性の固形がん患者を対象に、富士フイルムのFF―10832とメルクの免疫チェックポイント阻害剤「...

肺がんのファーストライン治療薬としては米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」が優位を占めてきた。

エーザイの前3月期、営業益45%増 抗がん剤販売が堅調 (2020/5/14 素材・医療・ヘルスケア)

レンビマの販売で提携する米メルクからのマイルストン収入も寄与した。 ... 不眠症治療薬「デエビゴ」は、日米で販売費用が増える。

どれだけの値下げ幅をのめるか、製品の残りの特許期間を考慮しながら、パートナーの米メルクも含めて検討している。

厚生労働省は、米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」(一般名・ペムブロリズマブ)について、2020年2月1日から薬価を17・5%引き下げることを決めた。

米食品医薬品局(FDA)と協議して、承認申請の手続きを進める方針を決めたという。 アルツハイマー病の治療薬を巡っては、米メルクや米イーライ・リリー、英アストラゼネカ(AZ)などの大手...

米バイオジェンと早期アルツハイマー病の適応取得を目指していたBACE阻害薬「エレンベセスタット」で、独立安全性データモニタリング委員会(DSMB)の「本試験を継続しても最終的にベネフィットがリスクを上...

米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」や中外製薬のがん免疫薬「テセントリク」、英アストラゼネカの抗がん剤「イミフィンジ」などの大型薬が当面は市場の成長をけん引すると見られる。

エーザイの4―6月期、営業益25%増 世界戦略品堅調 (2019/8/1 素材・医療・ヘルスケア)

米メルクとの協業のシナジーも確実に出ている」と手応えを述べた。

小野薬と米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が米メルクと争ったオプジーボをめぐる特許訴訟に対して、本庶氏が協力した報酬が対象。メルクが今年3月までにBMSへ払った金額の10%相当、約150億円の...

エーザイの前3月期、営業益11%増 世界戦略品が堅調 (2019/5/14 素材・医療・ヘルスケア)

世界戦略品が引き続き伸びるほか、レンビマの開発や販売で提携する米メルクからのマイルストン収入も寄与する。

製薬8社の4―12月期、4社が増収 海外で新薬伸長 (2019/2/5 素材・ヘルスケア・環境)

レンビマの開発や販売で提携する米メルクからのマイルストン収入が第4四半期にも見込まれており、「(通期予想は)保守的な見積もりとも考えられる」(柳良平常務執行役)。

第一三共は、自社開発中の抗がん剤「DS―8201(開発コード)」と米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」(一般名ペムブロリズマブ)との併用療法を評価する臨床試験の実施に関する契約を、メルクの子会社と締結...

「(レンビマの開発や販売で提携する)米メルクから一時金の入手も見込める。

世界戦略品の伸びが続き、「米メルクとの戦略提携に伴う開発・販売マイルストン収入も増収に貢献する」(内藤晴夫最高経営責任者)。

エーザイは8日、自社創製の抗がん剤「レンビマ」の開発や販売で米製薬大手メルクと提携すると発表した。同剤の単剤療法およびメルクのがん免疫薬「キイトルーダ」との併用療法について、複数のがん種に対する共同開...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる