96件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

1月の米中協議の「第1段階」合意では、中国が4月から証券や資産運用会社への外資系による全額出資を容認することを盛り込んだ。... 米資産運用大手のブラックロックやノイバーガー・バーマンなども完全子会社...

米中対立は保護主義を蔓延(まんえん)させる契機にもなった。... またトランプ米大統領再選となれば「米中覇権争いは続き、世界は米中摩擦の再燃リスクにさらされることになる」(前嶋和弘上智大学教授)。.....

きょう米中「第1段階」署名 (2020/1/15 総合1)

円安・株高で推移 米大統領選後にリスク 14日の東京市場は米中貿易協議の先行き期待から、円安・株高基調で推移した。米財務省が13日(現地時間)、中国を「為替操作国」の認定から解除し、...

三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジストは「米中協議が進展して米国の景気が堅調ならば、1ドル=110―115円のレンジに入ってくる可能性が高い」とみる。... しかし「第1段階」...

ただ、米中の通商協議が「第1段階」の合意に達したものの先行きは不透明で、日本経済への消費増税の影響も長引くと株価に下落圧力がかかることも予想される。... (孝志勇輔) 【低金利維持...

ただ今回の人権問題が米中貿易協議にどこまで影響するかは不透明だ。... だが米中は貿易協議の部分合意に向け大詰めの交渉に入っている。... トランプ大統領も9日、米中協議は「順調」との認識を示している...

米国による対中制裁関税「第4弾」の発動予定日である15日が迫る中、大詰めを迎えている両国の貿易協議に絡んだ動きが引き続き注視されている。 ... ただ、米中協議の「第1段階」合意が実...

3日にはトランプ米大統領が、中国との合意に期限はないと発言して市場の警戒感が高まるなど、協議の行方をめぐって市場が揺さぶられる展開が続いている。 ... 米中協議をめぐり、第1段階の...

米中貿易協議が長期化する懸念が強まっている。トランプ米大統領は3日(現地時間)、米中協議について「期限を設けていない」と述べた。... 人権問題も絡んで米中協議の行方は見通しにくい状況になってきた。

米中の政治的対立が深刻化するのは不可避の情勢で、貿易協議の「第1段階」に位置付ける交渉にも影響が及びかねない。米中間の新たな火種を受け、世界景気は再び不安定な局面に入る。... また米中協議が停滞すれ...

米中両政府は26日(米国時間)、「第1段階」と位置付ける貿易協議の枠組みについて、閣僚級の電話会談を行った。... 米商務省は閣僚級協議の後「問題の解決について共通認識を得た」と発表。... 進展が期...

供給懸念の高まりが亜鉛地金価格を押し上げていたが、米中対立の先行き不安に打ち消されて10月初旬の水準にまで値を戻している。 米中協議をめぐっては、香港に高度な自治を認める「一国二制度...

安全資産とされる金は米中協議の進展期待を受けて11月に入り軟化していたが、足元では香港情勢の緊迫化を背景に買い戻されている。... 米議会上院は19日、香港の「一国二制度」の抑圧に関わった中国当局者に...

21日の東京株式市場は、香港情勢をめぐる米中の関係悪化に対する懸念や米中貿易協議の先行きへの警戒感から、日経平均株価は一時400円超の大幅安となった。取引時間中としては約3週間ぶりに2万3000円を割...

【ワシントン=時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は13日、米中両国が署名を目指す貿易協議「第1段階」の合意をめぐり、中国が米農産品購入に関する数値目標を成果文書に盛り込むことに抵抗し...

米中摩擦の緩和期待を受け、今週に入り、約3カ月ぶりの安値圏まで下落していたが、足元では小幅に持ち直している。... トランプ米大統領は12日の講演で、米中協議は合意に近づいているとしつつも、「米国にと...

トランプ米大統領は12日(現地時間)にニューヨークで講演し、米中貿易協議に関する合意の見通しについて「(第1段階の合意文書の署名を)近いうちに実現する」と語った。... 中国は米国産農産物の輸入拡大や...

米中貿易協議の進展への期待や、米国の景況感の改善などが株価を押し上げた。 ... 米中首脳会談が月内に開かれ、両政府が「第1段階」の合意文書に署名する方向で調整していることが好感され...

【回復期待】 一方、足元では、需要の下振れ懸念を高めていた米中摩擦の緩和期待が高まっている。10月の閣僚級協議で中国による米農産品の購入などの部分合意に至った両国は、合意文書作成に向...

世界最大の石油消費国である米国の雇用指標の根強さや米中協議の進展期待を背景とした米国株の最高値更新が、景気改善期待を強めて原油価格を押し上げている。... 10月の米雇用統計で、雇用者数の伸びが市場予...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる