505件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産標準油種(WTI)先物は、日本時間27日の時間外取引でバレル当たり38ドル台を推移しており、先週の高値に比べ約7%安い。

今年の4月20日、米国産標準油種(WTI)原油先物の5月受渡が1バレル当たり37・63ドル(終値ベース)と史上初のマイナス価格で取引された際でも、6月受渡が同20・43ドルで取引されていたことは記憶に...

原油相場、50ドル台遠く ニューヨーク市場の米国産標準油種(WTI)先物は、6月以降バレル当たり40ドル前後で膠着(こうちゃく)し、年初の同60ドル台からは3―4割安の水準で推移して...

最大の石油消費国である米国で、ガソリン需要の回復が弱いまま、夏場のドライブシーズンが終了したことで、売りが優勢となっている。... ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産標準油種(WTI)先物は...

足元では米国の金融緩和の強化によるドル安を受けてドル建て商品価格には押し上げ圧力がかかるが、上昇ペースは緩やかなままだ。... ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産標準油種(WTI)先物は、日...

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産標準油種(WTI)先物は、日本時間15日の時間外取引で同40・5ドル近辺の値動き。... 4月に米国の原油貯蔵スペースの不足でWTIがマイナス価格に陥った混...

最大の原油生産・消費国である米国では、米国産標準油種(WTI)先物が在庫増による貯蔵スペースの枯渇を受けて買い手がつきにくくなり、4月には史上初めてマイナス価格に陥った。 ... 米...

NY原油、再軟化 在庫最高更新が圧迫 (2020/6/26 金融・商品市況)

ニューヨーク市場の米国産標準油種(WTI)先物が再び軟化している。... 米国南部での新型コロナウイルス感染の拡大に加え、6月に入って米国の原油在庫が史上最高の更新を続けていることが圧迫材料となってい...

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産標準油種(WTI)先物は、日本時間16日昼時点で同37ドル近辺を推移。... 一方、主要産油国では協調減産の順守率を高めようとする動きがあるほか、米国では主...

ニューヨーク市場の米国産標準油種(WTI)先物は、日本時間8日昼時点で同39ドル台を推移。... 米国内総生産(GDP)の約7割を占める個人消費の回復期待が市場を強気にしている。

市況悪化を含む新型コロナの影響で、石油など資源開発事業の21年3月期の一過性要因を除く利益を前期比410億円減と見込み、米国産標準油種(WTI)価格を通期で同20ドルと足元並みに設定した。 &...

日本産スクラップの新規輸出商談も冷え込んできており、今後日本からアジアへのスクラップ輸出が減少する可能性もある。... ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の米国産標準油種(WTI)の期近5月物は4月...

ニューヨーク市場の米国産標準油種(WTI)先物は日本時間28日昼時点で、決済期限が最も近い期近6月物がバレル当たり11ドル台を推移。... 価格暴落の要因となった原油在庫の増加は続いており、WTIの受...

ニューヨーク市場の米国産標準油種(WTI)先物は現地時間20日、史上初めてマイナス価格で取引を終えた。... (建設・生活・環境・エネルギー1に関連記事) ...

20日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場で、米国産標準油種(WTI)の先物相場が、一時マイナス40ドルに急落した。... WTIがマイナス相場となったのは、米国の石油備蓄容量が不足し...

ニューヨーク市場の米国産標準油種(WTI)先物は現地時間15日に一時、1バレル=19・2ドルまで下落し、約2週間ぶりに同20ドルを下回った。... 米エネルギー省が15日に発表した10日時点の米国の原...

価格底上げに向けて最大産油国である米国の減産が求められているが、米側は経済原理による供給減を基本とする姿勢を崩していない。... ニューヨーク市場の米国産標準油種(WTI)先物は、日本時13日13時時...

新型コロナウイルスの感染拡大や原油価格低迷で経営環境は不透明だが、各社は長期的視野に立ち、将来への種をまく。... 足元では米国産標準油種(WTI)先物価格は1バレル=20ドル台に沈む。 &#...

ニューヨーク市場の米国産標準油種(WTI)先物は、日本時間6日13時時点で1バレル=27ドル近辺を推移しており、先週末の高値に比べ約6%安い。... 今回も、米国抜きの減産再開では上値の重い展開が見込...

米国産標準油種(WTI)価格は1バレル20ドル台で推移する。

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる