22件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

米連邦準備制度理事会(FRB)の要人らが金融緩和の長期化を示唆する姿勢を崩さず、米長期金利の上昇が一服していることに加え、4月の米国の雇用者数の増加が鈍化したことでドル安が進行。... また直近では、...

6月の米国雇用統計は良好な結果となり米国経済の根強さが示されたが、7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げを十分に織り込んだ市場では下値が限定的となっている。... 米労働省が5日に発表した...

ただ、声明では、インフレ率が目標の2%を下回っていることに触れながらも雇用の伸びは堅調で失業率は低いとした。... 目先では、6月末に開催見通しの米中首脳会談や、7月上旬に発表予定の6月の米国雇用統計...

賃金上昇率、加速回避カギ 世界各国、数多くある経済指標の中でも、今、最も注目すべきは米国の雇用統計だろう。... 金融市場との関係からも、米国雇用統計は重要である。... いずれにせ...

市中では米国債のほか金市場にも資金が流れて相場を上昇させた。 ... 25日には米国株価は下げ止まったほか、米国の3月の製造業PMIは52・5と節目の50を上回っている。また、米国雇...

ただ、足元では米国の雇用指標の伸びが依然として堅調なことなどを受けて、金相場はいったん揺り戻す動きが出ている。 ... ただ、4日に発表された18年12月の米国雇用統計では、雇用者数...

6月中旬に米国が利上げペースを加速する方針を示して以降ニューヨーク相場は軟化してきたが、足元では一服。今後の米国の金利や景気の動向に注目が集まっている。 ... 1日に米国の金利見通...

9月2日に発表された8月の米国雇用統計では、新たな雇用創出件数が15万1000人と、予想の18万人を下回った。... 格差拡大が米国大統領選挙の根底にある。... 米国のホスピタリティやサービス産業で...

米国雇用統計が予想を下回ったことを悪材料に下落。

ある米国のファンドマネジャーは安倍晋三政権の長期安定性を評価し、日本株への投資理由として以下のような点をあげている。... 5月の米国雇用統計の発表がある。雇用情勢は米連邦準備制度理事会(FRB)の利...

【米雇用が改善】 6日に米国雇用統計が発表され、失業率5・5%と労働市場の改善がみられた。... おそらく米国の輸出に不利になるほどドル高が進むといった事態と重なるだろう。... 米...

今週に入り、新興国通貨売りのドル買いや米雇用統計の継続改善予測や早期利上げ観測が絡み合い、円安ドル高を後押ししてきた。 ... 市場は4日のECB理事会や5日発表の米国雇用統計、日本...

大阪証券取引所は4日20時20分から東京都港区の赤坂Bizタワーで「NYダウ先物セミナー―米国雇用統計スペシャルナイト―」を開き、インターネット上でLIVE配信する。同日21時30分に予定されている米...

(金融に関連記事) 4月の米国雇用統計が市場予想を上回ったことにより、米国景気が緩やかな回復傾向にあることが確認され、投資意欲を誘った。

8月の米国雇用統計が市場予測を下回ったため、何らかの金融緩和が打ち出されるとの見方が多い。... 米国は景気回復速度の鈍化が懸念され、注目された8月の雇用統計は非農業部門の就業者が9万6000人と市場...

4日の東京外国為替市場の円相場は前日に目立った動きがなかったことや、今週末の米雇用統計発表など控えて1ドル=78円台前半で小幅でもみあった。欧州中央銀行(ECB)理事会や米国雇用統計などの公表を控えて...

前日の米国市場は、2月の雇用統計の結果を引き続き好感して優良株で構成されるダウ工業株30種平均が4日続伸。... 米国雇用統計の良好な結果を受けて円安・ドル高傾向で始まったこの日の相場は、午前中に一時...

前週末の米国雇用統計が市場予想を下回ったことで円買い・ドル売りが膨らんだ。... 一方、先週末の米国市場も雇用統計が市場予想を下回り、景気回復の力強さがないという見方が高まり、東京市場も大幅安の流れを...

「4月に発表を控えている日銀短観や米国雇用統計で、良い数字が出るとの期待感がけん引役となった」(松野利彦SMBCフレンド証券シニアストラテジスト)こともこの日の株価上昇につながった。

6日午前の取引では米国の株高などが好感され、一時、1万4600円を超えた。 景気の後退懸念が和らいでいることを背景に米国の株価が上昇し、東京市場でも外国人投資家の買い越し基調が続いている。.....

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる