23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01664秒)

タウ、「願いのくるま」拡充 希望場所に無料送迎 (2019/2/11 素材・ヘルスケア・環境)

...している。願いのくるまの対象者は終末期医療患者や後期高齢者、障がい者。酸素ボンベや吸引器などを備え...

...の普及などを目指している。加えて終末期医療の重要性を踏まえ、主治医とケアマネジャーの連携強化もうた...

...終末期医療ガイドライン改訂 患者と事前の対話重視 厚生労働省の有識者... ...重視 厚生労働省の有識者検討会は、終末期医療に関する新たなガイドラインを盛り込んだ報告書をまとめた。... ...した。 報告書では、病院中心だった終末期医療の支援態勢を地域全体に広げる必要性を指摘。患者が家族や医...

.../タウ上席執行役員・藤久拓也氏−終末期医療患者を希望地に送迎 タウ(さいたま市中央区、宮本明岳社長、04... ...中央区、宮本明岳社長、0486010811)は、終末期医療を受ける患者を、希望する場所に無料で送迎する終活支援プロ... ...的だが、日本では初の取り組みだ。終末期医療を受けている人で、目的の場所に1人では行けない人が対象。車...

...「願いのくるま」を1月に設立した。終末期医療を受けている人で、行きたい場所に一人では行けない人が対象...

...「現代は2人に1人ががんになる時代。終末期医療や緩和ケアの需要が大きくなる中、我が校が培ってきた“痛み...

...一般的ではないかもしれませんが、終末期医療(ターミナルケア)と同じではありません。who(世界保健機関)は、...

...があります。このため、厚労省は「終末期医療のあり方のプロセスに関するガイドライン」を発表し、複数の... ...、判断能力のなくなった患者さんの終末期医療をどこまでやるのか、その時まで、本人も家族も考えていない... ...うか。そのためには、本人が自分の終末期医療の希望を、事前指示書(リビングウイル)に書いておくことが大...

病院長のつぶやき(8)尊厳死や平穏死も (2016/8/19 ウイークエンド)

...化による死亡、すなわち「老人」の終末期医療が問題となっています。 医療として大きく分けると在宅での医... ...ません。死を受け入れ、どのような終末期医療をするのか、もっともっと議論されてしかるべきと考えていま...

...高めないといけないと思っている。終末期医療が充実していることで評価が高い英国では、「看取りのプロセ...

...。 高齢社会に入った西欧諸国だが、終末期医療のあり方はさまざまだ。安楽死を認めているのはオランダ、ベ... ...師会、今年に入り老年医学会などが終末期医療のガイドラインをまとめている。しかし医師の刑事責任に対す...

...ンパスで、認知症研修会「認知症と終末期医療〜認知症と栄養管理について」を開く。保健、医療、福祉従事... ...センター長の八森淳氏が「認知症と終末期医療」をテーマに講演するほか、パネル討論も行う。定員先着200人...

...なる。 さて1月末、日本老年医学会は終末期医療で見解を発表した。患者の尊厳を損ない、苦痛を増大させる可...

...が、死に一番遠い存在である時に、終末期医療の充実を願うことに意義があると思ったからだ。そして、全国...

...参加者など約500人が回答)。在宅での終末期医療が注目をされているが、まだまだ心構えが不十分だ。 病院では... ...を教えてくれる。自分がどのような終末期医療を望んでいるかをはっきりと表明することが、第一に必要だ。 ...

...ションで研修を行い、在宅における終末期医療も選択肢の一つであることを認識してもらっている。また区民...

...。あらためて看取り(みとり)を含めた終末期医療、在宅医療のあり方が緊急の課題となっていることが明らかに... ...介護へ、在宅医療の進展で、日本の終末期医療は大きく変わろうとしている。 医療ジャーナリスト岩石隆光 ...

...ている。oecd諸国を中心に40カ国で、終末期医療に対する政策、施設の利用しやすさ、医療費、緩和医療の実態... ...つかない(28位)、医療費が高い(31位)、終末期医療の専門家が少ない(21位)ことが響いた。 ちなみに1位は、終末期... ...21位)ことが響いた。 ちなみに1位は、終末期医療に対する法整備がなされ、ホスピスが社会に根付いている英国...

...期がん患者や高齢者などの自宅での終末期医療にかかわる地域医療。高齢化社会を迎え、先端医療施設で治療...

...)の高い生活を維持するため、自分の終末期医療のあり方と死後について、健康時に指示をしておくことを推奨... ...、死を迎える。一人ひとりが自分の終末期医療と死後について、準備をしなければならなくなった。また、そ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる