6,068件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

「バルチップなど粗利益率が30%を超えるものを戦略製品としている。... 一方で、利益率が一定以下になると撤退する基準を設けている。... 新しい独自の製品を創出していくためにも、今後は大学など外部と...

ソディック、通期見通し下方修正 (2020/8/10 機械・ロボット・航空機1)

売上高は2月公表比133億円減、営業利益と経常利益はともに同28億円減、当期利益は同26億円減とした。... 20年1―6月期連結決算は、放電加工機を中心に利益率が高い工作機械事業の低迷により、減収減...

三菱ガス化学、通期予想を上方修正 営業益290億円 (2020/8/7 素材・医療・ヘルスケア)

三菱ガス化学は6日、2021年3月期連結業績予想の営業利益を期初予想比20億円増の290億円(前期比15・4%減)に上方修正した。... 経常利益と当期利益の予想は据え置いた。

いすゞ自動車は5日、2021年3月期連結業績予想で当期利益が前期比85・2%減の120億円になると発表した。経常利益は同68・2%減の480億円になる見込み。... 5月に発表していた売上高、営業利益...

海運3社の4―6月期、損益に明暗 コロナで物流需要変化 (2020/8/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

海運の荷動きが低調となる中、日本郵船は日本貨物航空(NCA)の航空貨物事業が好調で経常利益を大幅に増やし、商船三井は春先に高騰した油送船市況に支えられて経常黒字を確保した。... 税引き後損益が前年同...

「(21年度から始まる新たな中計を見据え)売上高は拡大基調にある半面、経常利益はおおむね横ばいが続く。売上高1000億円、経常利益50億円を継続して達成できる経営体制を目指す」と力を込める。 ...

(機械1に関連記事) 23年3月期連結の経常利益率の目標は4%に設定した。

王子HDの4―6月期、当期益82%減 (2020/8/5 素材・医療・ヘルスケア)

王子ホールディングス(HD)が4日発表した2020年4―6月期連結決算は、当期利益が前年同期比82・1%減の21億円だった。... 売上高は同14・3%減の3218億円、営業利益は同54・5%減の10...

中部電力は新型コロナの影響が4―6月期経常利益で100億円程度の減益要因だった。... 武田薬品工業は21年3月期の利益予想を上方修正。... SMBC日興証券の調査では、3日までに開示された東証1部...

商船三井の4―6月期、経常益47%減 (2020/8/3 建設・生活・環境・エネルギー)

商船三井の2020年4―6月期連結決算は、持ち分法適用会社のコンテナ船事業で運賃政策などが功を奏して経常利益は前年同期比47・5%減の73億円で黒字を確保した。... 新型コロナウイルスの影響によりコ...

清水建の通期見通し、営業益38%減825億円 (2020/8/3 建設・生活・環境・エネルギー)

清水建設の2021年3月期連結業績予想は、新型コロナウイルス感染症拡大による海外工事の長期休止などで完成工事総利益が悪化し、営業利益が前期比38・4%減の825億円を見込む。売上高は同12・6%減の1...

電力10社の2020年4―6月期連結決算が出そろい、売上高は9社減収、経常利益は5社増益も4社減益、1社赤字となった。... 関西電力は売上高が前年同期比10・7%減の7014億円、経常利益が同20・...

都市ガス4社の4―6月期、全社営業減益 コロナで業務用低迷 (2020/7/31 建設・生活・環境・エネルギー)

同日発表した大阪ガスは経常利益が前年同期比22・6%減の320億円。

東電HDの4―6月期、経常益30%減 電力需要減響く (2020/7/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

東京電力ホールディングス(HD)が29日発表した2020年4―6月期連結決算は、競争激化や販売電力量の減少などで売上高が前年同期比10・8%減の1兆3413億円、経常利益が同30・5%減の685億円と...

金融機関を除く全産業の経常利益は同28・4%減の15兆9262億円と、4四半期連続で減少した。

経常利益DIは全産業で28・8ポイント低下しマイナス54・2に。... 全産業の次期見通しは業況水準DIで7・1ポイント低下するが、売上高DIは1・5ポイント、経常利益DIは0・8ポイント上昇する見通...

ローソンの3―5月期、当期赤字41億円 (2020/7/10 建設・生活・環境・エネルギー)

営業利益は同81・6%減の26億円。... 経常利益は同91・0%減の12億円だった。 21年2月期連結業績予想は、営業総収入が前期比8・2%減の6700億円、営業利益が同44・4%...

セブン&アイの通期見通し、当期益45%減 コロナ影響を考慮 (2020/7/10 建設・生活・環境・エネルギー)

売上高にあたる営業収益は同14・3%減の5兆6920億円、営業利益は同24・1%減の3220億円、経常利益は同25・3%減の3120億円を見込む。 20年3―5月期連結決算は当期利益...

住友大阪セメントは2022年度に売上高2650億円(19年度比8・1%増)、経常利益230億円(同36・1%増)を目指す中期3カ年計画を始動した。

キユーピー、通期見通し下方修正 新型コロナ響く (2020/7/3 建設・生活・環境・エネルギー)

キユーピーは2日、2020年11月期連結業績予想の当期利益を前期比58・8%減の77億円に下方修正すると発表した。... 売上高は同2・9%減の5300億円、営業利益は同25・1%減の240億円、経常...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる