319件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

国内向けでは総額20兆ルピー(約28兆円)に上る経済対策を打ち出した。... 経済特区庁(PEZA)は新型コロナ禍の影響を受けた入居企業に2カ月分の賃料支払いについて、90日間の猶予期間を設定。......

経済が回復しないだけでなく少数民族の武装勢力による反政府活動などの問題が山積したままであることに対しても不満が高まっている。... 欧米の経済制裁の解除を狙って、ほとんどの政治犯の釈放、最大の反政府武...

豊田通商、エジプトでロジ運営 (2020/2/14 国際・商社)

豊田通商は日本郵船、仏ボロレ・アフリカ・ロジスティクスとともに、エジプトの東ポートサイード港で自動車専用ターミナルの運営を行う委託契約をスエズ運河経済特区庁と締結した。経済発展に伴って完成車の輸入増が...

経済特区エリアでの賃貸工場1棟の新設に関し、4億1109万円を計上し工事を進める。

東亜建設工業、SEZ造成工事 バングラで契約 (2020/2/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

東亜建設工業は3日、バングラデシュ経済特区庁(BEZA)と「外国直接投資促進事業バングラデシュ特別経済特区(SEZ)造成工事」の契約を調印したと発表した。同国ダッカ管区ナラヤンガンジ県で、約200万平...

日野自動車はパナマにある中南米事務所をパナマ・パシフィコ経済特区内に移転した。

郊外に足を延ばすと、日系企業が約50社入居するプノンペン経済特区がある。

北から南から/特区を行く 制度活用、産業集積に拍車 (2019/12/30 北から南から/経済特区)

特区指定を受けた2011年12月以降、73社が特区制度を活用。... 特区を活用する企業規模もさまざまだ。... 経済特区「国際物流拠点産業集積地域」では製造業などに向けた優遇制度があり、アジアでの地...

首都ネピドー、ヤンゴン、マンダレーの3大都市とティラワ経済特区を結ぶ基幹通信網の増強プロジェクト。... ミャンマーでは経済成長に伴い、14年に1割程度だった携帯電話の普及率が、現在は9割を超えている...

TMSAは合計5カ所の経済特区の開発運営を行っている。TMSA傘下の経済特区では、税制の優遇や関税手続きの簡略化がなされる。 ... 住商は、TMSA傘下の経済特区の販売支援を行う。

ミャンマー経済・投資センター(東京都港区)は日本貿易振興機構(ジェトロ)ヤンゴン事務所と共催で、2020年2月1―6日にミャンマーへ食品産業視察団を派遣する。ヤンゴンでミャンマー商工会議所連合会主催の...

一方で小さな製品では、経済特区制度を生かした企業誘致が進み、航空便を使って台湾や東南アジアなどに向けて出荷している」 ―台湾とはモノづくりで連携しています。 「経済...

KMの新本社と物流拠点はミャンマーの最大都市、ヤンゴン近郊のティラワ経済特区の工業団地に追加整備されたゾーンB。... 15年9月設立のKMは同特区のゾーンAに本社と物流拠点、他2カ所の倉庫を持つ。&...

新たな分野においても経済価値、社会価値、環境価値を含めた三位一体でビジネスモデルを追求していく。... 「日本政府とケニア政府が連携してモンバサエリアに経済特区を開発するプロジェクトが進められている。

最終的な販売価格は数万円を目標にしており、コストと性能、使い勝手の両立を探るため、経済特区などを利用して走行実験を続ける考えだ。 &...

トゥレイン・タン・ズィン駐日ミャンマー大使は6日、日本アセアンセンター(東京都港区)で講演し、日本、タイ、ミャンマーの3カ国で開発を検討中のダウェー経済特区(SEZ)について、「戦略的に優位な場所にあ...

エアロネクストは中国の経済特区で、ドローン関係企業が多い深圳市を重要視しており、5月には同市に現地法人を設立。

日本とミャンマーが共同で開発する「ティラワ経済特区(SEZ)」内の工業団地が、トヨタ自動車の進出で再び注目を集めている。... だが同工業団地には5社の欧州企業が入居し「欧州は政治的な圧力はかけるもの...

同事業はミャンマーの経済支援を目的にした官民共同プロジェクト。... NEXIは2015年から住商などが手がけるミャンマー・ティラワ経済特区運営事業について海外投資保険を継続して引き受けている。......

新工場は同国最大都市ヤンゴンの南部近郊に位置するティラワ経済特区に建設する。... ミャンマーは経済発展に伴い新車需要が急拡大しており、18年の市場規模は前年比2・1倍増の約1万8000台となった。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる