575件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

政策効果で成長率高まる 内閣府は21日、コロナ禍の影響を踏まえても、国と地方の基礎的財政収支(PB)が従来の見込み通り、2026年度にも黒字化するとの見通しをまとめた。... 内閣府...

菅義偉政権が掲げる“コロナ後”を見据えた経済構造の転換に関する予算の措置も歳出圧力につながった。... 内閣府が7月末に経済財政諮問会議へ提出した試算によると、「国の一般会計の姿」として、21年度の歳...

政府は経済・財政の一体的な再建に向けた重要課題への対応策を示す「改革工程表」を改定した。... 先週末の経済財政諮問会議で、今後3年間程度の取り組み方針を示す工程表の改定内容を決めた。

政府が先週末に開いた経済財政諮問会議の会合で、菅義偉首相が老朽化したインフラの保全について、選択と集中を図って予防保全措置を徹底する考えを示した。... 高度経済成長期に各地で整備した社会資本の老朽化...

政府が検討中の追加経済対策について、経済財政諮問会議の民間有識者メンバーが、デジタル化や脱炭素化への投資で、日本の遅れを挽回するための施策に力点を置くよう提言した。... 有識者メンバーは先週末に開か...

(総合4に関連記事) 9日開いた経済財政諮問会議の会合で民間の有識者が、脱炭素化と同時に経済成長も果たす「グリーン成長戦略」の一環として、業界再編を含む電力分野の構造改革を進め、送配...

Q 何を議論する会議なの。 ... A 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)や経済財政諮問会議など、政府の重要会議のメンバーが参加する。

国際競争で後れをとらないためにも、政府には「50年ゼロ」を経済成長に結びつける戦略策定を急いでほしい。 ... 経済産業省によれば、122の国と地域が50年ゼロを表明済み。... ま...

地方経済の活性化や企業の付加価値生産性向上を目指し、菅義偉内閣の重要課題である規制・制度改革を加速させる。 先週末に開いた経済財政諮問会議(議長=菅首相)で麻生太郎金融担当相が「地方...

成長戦略会議では、経済財政諮問会議(議長=菅首相)が決める経済財政運営の大方針を具体化するための方策を制度面などから検討する。民間からは経済同友会代表幹事の桜田謙悟氏ら、これまで成長戦略の策定を担当し...

経済財政運営の総合司令塔と位置付ける経済財政諮問会議(同)の下に新設する「成長戦略会議」が任務を引き継ぐ。経済財政運営の大方針から具体策までを、諮問会議の下で一貫して審議する仕組みに変更。... 内閣...

代わって経済財政運営の総合司令塔である経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)の下に、成長戦略について審議する「成長戦略会議」を新設する。... 西村再生相は諮問会議についても、従来の形式的な議事運営を改...

政府は6日、菅義偉内閣が発足してから初の経済財政諮問会議を開き、日本経済の成長力強化に向けた課題を整理した。... 菅首相は諮問会議で今後議論する具体策を、2021年度予算の編成作業に反映させる考えを...

中西会長は政府の経済財政諮問会議や未来投資会議の民間議員を務めている。こうした会議や経団連の会合には今後、体調や治療状況を見極めた上で、実際に出席するか、リモートで出席するかなどをその都度判断する。

財政再建の指標である国・地方の基礎的財政収支(PB)の黒字化が、従来の見通しより2年遅れて2029年度にずれ込むとの試算を、内閣府がまとめた。... 先週末の経済財政諮問会議で内閣府が示した中長期の財...

内閣府は30日の経済財政諮問会議で、2020年度の実質国内総生産(GDP)の成長率がマイナス4・5%になるとの経済見通しを示した。... 企業収益の悪化などに伴う大幅な税収減が見込...

内閣府は30日の経済財政諮問会議で、今後の経済運営の前提となる2020年度の実質国内総生産(GDP)成長率見通しが、マイナス4・5%になるとの試算を示した。... 今春のような生活や経済活動の大幅な制...

2021年度政府予算編成の指針となる20年度の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」がまとまった。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎながら経済・社会活動に取り組む「新たな日常」の構築に向け、経...

政府の経済財政諮問会議は8日、日本経済再興への指針となる2020年度の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」の原案をまとめた。... 安倍晋三首相は同日の諮問会議で「『新たな日常』の確立を通じ...

経済再生担当相の私的懇談会「選択する未来2・0」が1日、イノベーションの源泉となる多様性が育まれる社会への変革を急ぐよう促す提言を、西村康稔再生相に示した。... 提言は経済成長と豊かな暮らしに向けた...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる