58件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

総合研究大学院大学と国立極地研究所の研究グループは、過去の急激な南極氷床の融解過程とそのメカニズムを解明した。... 研究チームは、東南極宗谷海岸南部で氷河地形調査を実施。

滋賀大学、総合研究大学院大学など6大学は20日、データサイエンス(DS)系の学部・大学院の専門教育強化で連絡会を立ち上げたと発表した(写真)。... 統計学の研究者層が薄い日本では、博士研究員(ポスド...

(水曜日に掲載) ◇物質・材料研究機構(NIMS)構造材料研究拠点 計算構造材料グループ 主任研究員 松永哲也 2010年総合研究大学院大学博士課程修了、博士(工学...

キーワード/大学院大学 (2020/4/2 大学・産学連携)

Q 大学院大学とは。 ... 国立大学では奈良と北陸の先端科学技術大学院大学、国内外の政府関係者が多い政策研究大学院大学、それに研究機関と一体的に動く総合研究大学院大学の四つがある。...

総合研究大学院大学(総研大)は博士課程後期3年間と、博士号取得後の2年間に、学生の生活費年350万円程度を支援する制度を始める。... 総研大は、大学共同利用機関とその下の研究所などと一体的な大学だ。...

郵政省電波研究所の流れをくむ研究室として、今後も周波数幅の拡大や感度向上のための研究開発を進めていきたい。(火曜日に掲載) ◇電磁波研究所・時空標準研究室主任研究員 氏原秀樹 ...

研究グループは、同研究所の大型装置で生成した重水素と軽水素の混合プラズマを計測。... 総合研究大学院大学と九州大学との共同研究。

【独自性は継続】 04年度の国立大学法人化の前後に見られた統合は、総合大学などによる単科大学の吸収だった。... 国立大の仲間である四つの大学共同利用機関法人と、国立大の総合研究大学...

大学共同利用機関法人と総合研究大学院大学の計5法人は、2022年度に発足させる「連合体」で、大学を横断する研究力強化の支援を独自に始める方針だ。大学の学長や研究担当理事と意見交換する「大学連携プラット...

「本学先導科学研究科はコンパクトかつバランスがよいのが強み。分子レベルから人間社会まで生物学を縦につないでいる」というのは、総合研究大学院大学同研究科教授の蟻川謙太郎さん。 同大は大...

総合研究大学院大学(総研大)は、博士課程学生が複数の研究機関に滞在して指導を受ける新制度を始めた。... 総研大は研究者養成で5年一貫の大学院教育を行う国立大学だ。学生の教育は「大学共同利用機関法人」...

キーワード/総合研究大学院大学 (2019/10/24 大学・産学連携)

Q 「四つの大学共同利用機関法人と、その下の研究機関と一体的な大学」というがどういうことか。 A これらの研究機関は高エネルギー加速器研究機構の大型放射光設備など、普通の大学では持て...

自然科学研究機構、24日にSF・科技シンポ (2019/8/21 科学技術・大学)

自然科学研究機構は24日12時50分から東京都江東区の東京国際交流館で、SFの世界に最先端科学技術がどの程度、迫っているかを考えるシンポジウム「SF/未来/科学技術 ―科学技術は夢見た未来を創れるか―...

高エネルギー加速器研究機構など四つの大学共同利用機関法人と総合研究大学院大学(総研大)は2022年度に、新設の一般社団法人の下で5法人が連合する運営統合を行う。... 統合に向け組織、業務運営、研究力...

大学共同利用機関法人の4法人と総合研究大学院大学(総研大)が、2022年度に運営を統合する。... 大学共同利用機関法人の4法人は情報・システム研究機構、高エネルギー加速器研究機構、自然科学研究機構、...

総合研究大学院大学先導科学研究科の沓掛展之講師らは、ヒトなど社会性の高い動物でしか存在しないと考えられていた「八つ当たり」を行う魚を発見した。 ... 研究成果は動物行動学や進化認知...

以来、開発された観測技術は大学、国立極地研究所、国土地理院や国立天文台で使用されている。... (火曜日に掲載) ◇情報通信研究機構・電磁波研究所時空標準研究室副...

【総合研究大学院大学学長・長谷川眞理子氏】 科学研究は、経済発展をめざす資本主義に組み込まれている。... 経済効果とは無縁に科学研究が支えられるには、研究とは楽しいことであるがゆえ...

もうずいぶん前になるが、大学の教育でも、「即戦力」になる人材を育てる、などというフレーズがはやった。同じように、科学研究も、すぐに成果を出すことが求められている。 ... (次回は9...

19世紀に職業としての科学者が成立する時はまた、国力の増強と国家の繁栄のために科学研究を推進するという、新しいタイプの大学が作られ始める時期でもあった。 ... 研究費を獲得するため...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる