325件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

社業以外では政府の総合科学技術会議の議員や経団連副会長などで活躍。日刊工業新聞社のモノづくり推進会議(現モノづくり日本会議)の共同議長を長く務め、技術とモノづくりの重要性を多くの人に訴えた。 ...

スマート農業、成長産業に 農業・食品産業技術総合研究機構は、農業と食品産業の発展のために基礎から応用まで幅広い分野で研究開発する国内最大の農業研究機関。... ◇ ...

【実空間データ】 高度なサイバーフィジカルシステム(CPS)を築くためには、人工知能(AI)などの新たな情報処理技術や高速大容量ネットワーク技術と並んで、現実の世界(フィジカル空間)...

【新技術の道開く】 省エネルギーの観点から、効果的な放熱・断熱・蓄熱など熱の流れの制御や、熱から電気エネルギーへの変換技術などがますます重要になってきている。... (金曜日に掲載)...

AI活用、人材育成に注力 農業・食品産業技術総合研究機構は、人工知能(AI)や情報通信技術(ICT)を取り込み、次の農業のモデルをつくる。... 13年内閣府総合科学技術会議(現内閣...

本庶さんは日本を代表する免疫学者として知られ、政府の総合科学技術会議議員をはじめ官民の各種会合で貴重な意見を発信している。

第1次安倍政権当時に本庶氏が、内閣府総合科学技術会議の議員を務めたことに触れ、「素晴らしいご提案をいただいた。... 私が科学技術政策に関心を寄せるきっかけの一つを作ってくれた。 【...

産学連携・国際化に重点 豊橋技術科学大学は2016年で開学40周年を迎えた。... 企業や海外の大学、産業技術総合研究所と、立場の異なる3者と共同研究を進める。....

内閣府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI、議長=安倍晋三首相)の久間和生議員に今後の取り組みを聞いた。 ... 13年内閣府総合科学技術会議(現内閣府総...

同年分子科学研究所技官。... 97年院工学系研究科教授、04年先端科学技術研究センター所長。13年内閣府総合科学技術会議(現総合科学技術・イノベーション会議)議員。

【候補の対象】2014年中に完成した技術成果のうち、(1)産業の発展に貢献度の高い大型産業設備、構造物の開発(2)独創的・画期的で産業・社会に変革をもたらしたソフトウエア、システム、技術の開発(3)地...

科学技術力向上や魅力ある日本を築くための大きな方針は、国主導の成長戦略で着々と進められているが、それを実行できる人の確保と育成が産・学・官全体の問題だ。この点で、何よりも「将来の科学技術を担う人材の質...

【中小独自の技術】 中小企業が経営を継続していくためには、自分たちの強みでもある、大企業ではできないような仕事、自分たちにしかできない仕事をすべきである。独自の技術を生かすことができ...

文部省(現文部科学省)の研究費などで研究が加速され、その後、東北大学電気通信研究所と秋田県高度技術研究所(現秋田県産業技術センター)が中心となり、検証実験が進められた。 80年頃から...

このような事業になると、幅広い横断的な技術力が求められる。 ... 経済の低迷期が長く続いたために日本の製造業も大打撃を受けたが、日本の産業界は、現場力を大切にし、強みである科学技術...

【横浜】神奈川工科大学は、6月に産学共同研究と大学発ベンチャー創業支援のための「先進技術研究所」を学内に開設する。... 開所時の研究案件は「パワーアシストスーツ・ハンドおよび義手」(山本圭治郎先進技...

【シニアが出前理科授業】 私が総合科学技術会議議員だった当時、大人の科学技術に対する関心度を調査したデータがあり、日本は25カ国中下から4番目の22位という結果だった。... また、...

経済産業省は企業のニーズと資金による産業技術総合研究所の受託型研究を推進。... (編集委員・山本佳世子) 【大臣肝いり案件】 総合科学技術会議や産業競争力会議で提...

政府は、2013年6月に科学技術イノベーション総合戦略を策定し、経済再生をはじめとする諸課題の克服を目指している。... この強みを生かして「技術」特に「先端技術」を次々と生み出し、豊かで快適な世界の...

総合科学技術会議の有識者会議は17日、革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)で、研究開発計画を主導するプログラム・マネージャーに179人の応募があったことを明らかにした。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる