25件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

【A.来月から土曜配達廃止】 手紙やはがきが土曜日に配達されなくなるなど、10月から郵便サービスが一部変更になります。... 例えば17時までに郵便物を預かって翌日配達してい...

本社で注文を受けて、千葉県白井市や福島県矢吹町の拠点から翌日配達の便で発送する。

北海道天塩町から首都圏の翌日配達、ヤマト運輸が実現 (2017/9/5 建設・エネルギー・生活1)

これまで難しかった首都圏への翌日配達を実現する。... 昼過ぎの豊富行きバスに、貨客混載の「超速便」を設定すると豊富のセンターで稚内発の翌日配送便に接続可能になる。 天塩町の荷物は近...

24時間稼働の通関を強みに、日本とアジア各地で夜に集荷した荷物を、那覇空港経由で翌朝にアジア主要都市に配達する。... 交換部品を沖縄で保管し、故障があればヤマトホールディングスの「国際宅急便」でアジ...

大手小売りチェーンなど提携先の商品を配達する。... 会員は15ドル以上注文すると即日あるいは翌日配達の送料が無料になる。会員以外も1回4・99ドルを払えば、配達サービスを利用できる。 ...

青森県から翌日配達が可能なエリアは人口カバー率で7・5%と、他の生産地に比べ地理的に不利なことから、新たな輸送インフラを構築する。これにより、翌日配達できるエリアが84・7%と10倍以...

沖縄県の那覇空港内にある全日本空輸(ANA)の貨物拠点「沖縄貨物ハブ」を活用し、生鮮食品などを保冷一貫輸送して発送日の翌日に届ける。

利用者にとって最大のメリットは、中部や西日本から米国行きの貨物の所要日数を1日短縮し、翌日配達を実現したこと。... 直行便の開設で所要日数を1日短縮でき、翌日配送が可能になった。また、従来から翌日配...

翌日配達には事前に出荷情報などの手続きが必要になる。

物流で国内2拠点体制が確立され、北海道、九州、沖縄県など遠方の配送が従来の最短2日後から翌日配達となった。

中部や西日本から米国東部・中西部行き貨物の配達日数を従来の2日から翌日配達に短縮する。

通販専業のオルビスは12年、東日本に集約していた物流拠点を東西2拠点体制に再構築し、全国一律で翌日配達を実現。

従来は関東・関西が翌日配達エリア、北海道・九州・沖縄は翌々日配達エリアだった。 東西2拠点体制となったことや航空便を活用することにより、全国一律に翌日配達が可能となった。

商品配達にかかる所要時間の短縮を目指し、既存配送拠点の運用改善や新規拠点の配置を検討。... 翌日配達を希望する顧客には有料で対応しているのが現状だ。 ... また、顧客のニーズに合...

アジアへの深夜便によるネットワークを持つこのハブを使って、上海、香港、台湾、シンガポール、マレーシア行きの国際宅急便や法人向け「国際間小口輸送サービス」について、翌日配達を実現させる。

傘下のヤマト運輸が、国内からアジア各国に展開している宅急便について、翌日配達を2012年度中にもスタート。... (江刈内雅史) 【国際クール便開発】 ...

日本においては約1万点が即日配送可能といい、この結果、日本顧客に対しては合計9万5000点の製品が翌日配達できるようになった。

現在の納期は1週間以内だが、短納期に応えるため中間在庫などをそろえて翌日配達体制を整える計画。

これまで受注から納品まで中1日、南九州地区は中2日必要だったが、同地域の9割のエリアで翌日配達を実現。... しかし結論は、翌日配送という顧客満足度を優先すべきとの意見で一致。

楽天は23日、インターネットショッピングモール「楽天市場」の翌日配送サービスを拡充したと発表した。... 生鮮食料品の翌日配送が好調なことから、一気にサービスを拡大することにした。 ... 対...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる