156件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

耐熱温度は基材に依存し、PETフィルムの場合で100度C程度となる。

200℃の耐熱性と柔軟性 ノリタケ、導電性樹脂銀ペースト開発 (2020/10/27 電機・電子部品・情報・通信1)

【名古屋】ノリタケカンパニーリミテドは26日、200度C以上の耐熱性と柔軟性を併せ持つ電子部品用導電性樹脂銀ペーストを開発したと発表した。電気自動車(EV)向けなどでパワー半導体の需要増が期待され、周...

耐熱温度は200度―650度Cで自動車のエンジン回りなどでの利用を想定する。... シートは耐熱温度650度Cまで対応できるステンレス製のシートや、アルミニウムと耐熱紙を積層したシートなど、用途に応じ...

東レ、電動車向けOPPフィルム 耐電圧・耐熱性向上 (2020/9/24 素材・医療・ヘルスケア)

125度C時の耐電圧性を従来比15%、耐熱温度を同5度C高めた。

耐熱温度を125度Cまで引き上げれば、ほぼ車載部品向けをカバーできるとみている。 日本ガイシは19年12月に動作温度が上限85度Cのエナセラコインを開発。... ただ車載向けでは、パ...

新社長登場/トーキン・片倉文博氏 “グローバルニッチ”狙う (2020/6/29 電機・電子部品・情報・通信)

《通信用だけでなく車載用電子部品にも注力する中、8年ぶりのトップ交代となる》 「主力のノイズ抑制シート『バスタレイド』の耐熱温度を125度C以上に改良し、早期に商品化したい。

素材の耐熱温度は約150度C―約230度C程度としている。

軽量化、ニッケル合金を代替 宇部興産は、航空機エンジンへの採用に向け、量産と同じプロセスで高耐熱繊維「チラノ繊維」を生産する設備を整えた。... 同繊維は炭化ケイ素(SiC)でできた...

耐熱温度は180度C。

昭和丸筒、複合材を年内量産 熱伝導率、銅の2倍 (2020/1/14 電機・電子部品・情報・通信1)

耐熱温度は180度C。

85℃で動作するコイン型二次電池、日本ガイシがサンプル出荷 (2019/12/4 電機・電子部品・情報・通信1)

耐熱温度60度Cの基本タイプは月内に量産を始める。... 集積回路(IC)などの他の電子デバイスは、耐熱85度Cが一般的。... エンジン周り用の耐熱125度Cタイプも開発中だ。

金型加熱時間20%短縮 中部電、メトロ電気と装置開発 (2019/11/5 機械・ロボット・航空機)

フレーム材に耐熱温度1000度Cのステンレス鋼を採用、熱による変形や酸化を防ぐ。従来耐熱温度700度Cのステンレス鋼で赤外線ヒーターの熱で変形、酸化が起きやすかった。

チタン合金より軽量で、かつ耐熱温度が高いことから、自動車や航空機のエンジンの回転体や航空宇宙用の構造部品として期待されており、50年以上前から世界中で研究されている。... 具体的にはβ相が鍛造温度で...

冷却ファン制御付きで、アルミニウムケースを採用し、耐熱温度60度Cと高温に強い。

三洋熱工業、1250℃対応電熱ヒーター ハイテン加工炉に (2019/5/21 機械・ロボット・航空機1)

開発品はパイプ材料に、従来のステンレスより耐熱性、対酸化性に優れる日本冶金工業の耐熱ニッケル合金「NAS601」を採用。さらに絶縁物を改良し、発熱線からの電流漏れを抑えることで耐熱温度を高めた。...

笠原工業、発泡プラの高機能製品拡充 新分野を開拓 (2019/5/10 中小企業・地域経済2)

耐熱温度はPSでは常時利用で70度Cが限界だが、スーパーエンプラなどを用いると耐熱温度は200度C以上に高まる。

下村企販、レンジで使えるミニボウル (2019/4/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

ポリメチルペンテン製で耐熱温度は200度C。

内径は3・0ミリ―4・2ミリメートル、肉厚は0・5ミリメートルで、耐熱温度は5度―60度C。

耐熱温度は140度C。

今後は耐熱温度200度Cのスーパーエンジニアリングプラスチックにも対応できるよう研究を重ねていく。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる