59件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

手術領域に医薬の知見 アステラス、蛍光造影剤を開発 (2021/10/5 素材・医療・ヘルスケア1)

現状では、インドシアニングリーンで肝がんを、5―ALA(ファイブアラ)でぼうこうがんなどを光らせるものが他社製であり、承認されている。

関西医科大学の海堀昌樹診療教授らは、肝・胆道がんの治療に応用できる新しい蛍光イメージング手法を開発した。... 安全かつ的確な肝臓切除術につながり、肝がん治療成績の向上に寄与すると期待される。 ...

北海道大学大学院医学研究院の田中伸哉教授らは、作製した特殊なハイドロゲルががん細胞をリプログラミング(初期化)させて、がんの元になる「がん幹細胞」に誘導することを発見した。... がん...

東京大学大学院情報理工学系研究科の竹内昌治教授らは、ヒトの呼気に含まれる0・5ppb(ppbは10億分の1)という低濃度の肝臓がんのバイオマーカー(目印)を小型のにおい...

2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死亡するという。... また、東京大学医学部付属病院検査部の佐藤雅哉助教、島津製作所基盤技術研究所の森本健太郎主任らは、患者のデータから肝がんの存在を予測する...

脈管浸潤や転移など進行した肝がん向けの全身化学療法の後、中等度早期の肝がん向けの肝動脈塞栓(そくせん)療法(TACE)を行う順序で治療効果を確かめた。... 小さながん...

少ないサンプル数での予測に向くアルゴリズム(算法)を使い、肝がんを含む肝疾患患者の年齢や性別、検査値などの情報を元にAIを構築。高い精度で肝がんを診断できた。... 作成したプログラム...

理化学研究所の藤田征志上級研究員らは、特殊な肝がんである「混合型肝がん」の全遺伝情報(ゲノム)を解析し、診断マーカーを特定した。... 肝がんには、肝細胞がん(HCC)...

PSCは、肝内外の胆管の線維性狭窄(きょうさく)を生じる進行性の慢性炎症疾患で、国の指定難病。... NAFLD患者の一部は、肝硬変や肝がんを発症することがある。アルコール以外の原因で...

テルモ、がん治療用放射線放出ビーズ 欧でCEマーク取得 (2019/1/15 素材・ヘルスケア・環境)

テルモはカテーテルがん治療に用いる放射線放出ビーズ「QuiremScout(クイレムスカウト)」が欧州でCEマーク認証を取得した。... クレイムスカウトは進行期から終末期の肝がん治療...

この解析結果から、C型肝炎ウイルス駆除後の肝がん発症に関連する遺伝子を新たに検出した。

エーザイは抗がん剤「レンビマ」(一般名レンバチニブメシル酸塩)が、切除不能な肝細胞がんに対する1次治療薬として米食品医薬品局(FDA)に承認された。米国で切除不能な肝細...

NASHは肥満を背景に発症し、肝硬変や肝がんに進行し得る。

例えば肝臓領域では自社グループで肝がん治療の新薬などを持つが、日医工の後発薬群が加わることで大幅に品ぞろえが増える。

肝細胞がんの一次治療薬としては、約10年ぶりの新薬となる。... 肝がんはがん関連死亡原因の第2位であり、世界で年間約75万人が肝がんのために亡くなる。... 肝細胞がんは、肝がん全体の85―90&#...

宇部興産、線維症の治療薬候補 キュラディムと開発契約 (2018/3/28 素材・ヘルスケア・環境)

NASHは脂肪肝疾患の中でも炎症や線維化を伴うもので、肝硬変または肝がんに進行する可能性があると考えられている。

血液中のビタミンD濃度が高い人は低濃度の人に比べ、がんになるリスクが19―25%低いとの調査結果を国立がん研究センターなどのチームが英医学誌に発表した。... ビタミンD濃度に応じて4グループ...

エーザイは自社創製の抗がん剤「レンビマ」(一般名レンバチニブメシル酸塩)について、台湾において肝細胞がんに係る適応で効能・効果追加の申請を行った。... 世界で年間約75万人が肝がんの...

切除ができない肝がんの治療に使用する。... 同製品はカテーテルを通して肝動脈に運び、放射線でがん細胞を攻撃して治療する。... テルモはカテーテルを用いたがん治療であるインターベンショナルオンコロジ...

仁科教授は、「損傷した肝細胞は肝がんの原因となる。こうした肝細胞を素早く取り除く食品などを開発すれば、がんの予防につながるのではないか」と話している。 肝細胞が損傷すると細胞内のYA...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン