28件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

脈管浸潤や転移など進行した肝がん向けの全身化学療法の後、中等度早期の肝がん向けの肝動脈塞栓(そくせん)療法(TACE)を行う順序で治療効果を確かめた。... TACEはカテーテルで肝動脈をふさぎ、栄養...

飲酒量低減など「初」新薬、厚労省が相次ぎ承認 (2019/1/14 素材・ヘルスケア・環境)

非代償性肝硬変は、肝機能を代償することができない程度にまで悪化している状態を言い、静脈瘤出血や腹水、黄疸といった症状が出る。... 骨粗しょう症薬は既存品が多くあるものの、イベニティは骨形成促進と、古...

投与直後からマクロファージが肝臓の障害部の線維に近いところに存在し、壊死(えし)した肝細胞を貪食している様子を捉えることができた。 肝硬変は、肝臓の細胞が線維化し、肝機能の低下、黄疸...

【京都】アークレイ(京都市上京区、松田猛社長、050・5830・1000)は、皮膚老化や肝機能低下の一因となる糖化たんぱく質を分解する効果を持つ、糖化ストレス抑制素材を7月に発売する。... アークレ...

“ベテランの勘”AIに NEC、製品設計に強い汎用ソフト提供 (2018/6/14 電機・電子部品・情報・通信2)

2018年中に投入する製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトの次期版の目玉機能として提供する。習熟度のバラつきによる設計品質の低下を防ぎ、経験の浅い設計術者の早期立ち上げを支援する。 ...

大麦乳酸菌、肌の保湿向上−サッポロが確認、商品化を加速 (2017/3/7 建設・エネルギー・生活2)

SBL88乳酸菌は他に、ストレス性の睡眠障害、飲酒による肝機能低下にも効果のあることが確認済み。

セラバリューズは「健康」をテーマに創薬や機能性素材の開発、機能性食品などの開発・販売を手がける。2016年7月には、健康な人向けにγ―GTPなど肝機能検査値の低下を訴求した初めての機能性表示食品「肝臓...

凍結による細胞の壊死(えし)や品質低下を防止できる。... 輸送対象はiPS細胞由来の心筋細胞と神経細胞、肝細胞の3種類。... 「恒温輸送は自然に近い細胞塊の状態で輸送でき、細胞の機能を最大限発揮で...

最近では、精度の高い検査法が導入され新たな感染者数は低下しました。... 肝庇護療法には、内服薬のウルソデオキシコール酸と注射薬の強力ネオミノファーゲンCなどがあります。... 92年以前に輸血や大き...

【あすか製薬社長・山口隆氏/得意領域の知見生かす】 ―甲状腺機能低下症治療剤「チラーヂン」が基礎的医薬品に選ばれ、薬価が下支えされることになりました。 ... 肝性...

UDCAはもともと体内にある五つの胆汁酸の一つで肝臓に直接作用し、胆汁酸の分泌を促進することで胆汁酸の分泌機能を維持し、脂肪の分解を助ける。UDCAは腸で吸収され、肝臓、胆嚢を通り腸内に排出され、再び...

また「五輪需要などに向けたビルオートメーション(BA)製品の開発」(アズビル)、「ネットワークをソフトウエアで制御する先進技術『SDN』などの注力領域での投資増」(NEC)、「刈谷工場の新棟増設」(ブ...

自社グループ社員への試験運用で中性脂肪低下などの結果が得られたため、他企業への提案が可能と判断した。... さらに活動量や体組成、血圧の計測、血液検査で糖代謝・脂質代謝・肝機能などの項目で健康状態を定...

血中コレステロールを下げる米油の機能性成分、γ―オリザノールの含有も多い。 ... メカニズムは分かっていないが、マウスの実験で血糖値上昇抑制や悪玉コレステロール低下効果が出ている。...

業界が慢性的な設備過剰に陥っている上、最新鋭の製油所を持つアジア諸国に対する競争力低下も懸念されている。 ... 石油精製は同じ機能であっても、製油所によって運転状態は異なる。... 政府や各...

PB投与による肝機能そのものの改善は認められなかったが、肝疾患由来のかゆみを抑える有効な治療となる可能性が示された。 PFICは遺伝性の肝臓病で、肝細胞に存在するBSPEというたんぱ...

これまでは肝移植が唯一の治療法だったが、薬物治療の道が開けた。 ... TTR―FAPは下肢の感覚がなくなったり、痛みを伴う筋力低下が起こったりするため、患者は神経内科を受診すること...

森下仁丹は九州大学との共同研究でザクロ由来のポリフェノール成分の機能として皮膚老化や脂肪肝を抑制することを発見した。... 生薬研究の一環として機能研究を行ってきた。... また、糖尿病のモデルマウス...

発酵大麦エキスがアルコール性肝障害を抑制し、血清尿酸値を低減することを確認。今後、肝機能改善素材としての認知度を高めていく。... その結果、肝機能指標である血中ALT、AST値が低下。

独ベーリンガーインゲルハイムと米イーライリリーは、糖尿病の治療に使うDPP4阻害剤「トラゼンタ」(一般名リナグリプチン)について、腎機能や肝胆道機能の低下にかかわらず有効性と安全性があることを示した。...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる