577件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02059秒)

...臨床試験dheliverを開始した。hepastemは肝臓から採取した間葉系幹細胞を増殖したもの。前期第2相試験hep101では安...

...ん細胞でbach1の働きを低下させると、肝臓などへの転移が大きく低下した。 bach1を検出できる抗体を使って東北...

...メラシステム」を1月から発売する。肝臓の摘出手術などで血流の多い部位を把握しながら安全に手術を進める...

...パステムは、aclfの病原に対して、「肝臓細胞の回復」「線維化の抑制分解」「不要な免疫機能および炎症の抑... ...う。 またヘパステムは人間の健康な肝臓から分離した、間葉系幹細胞の性質を持つ細胞治療薬。静脈注射で投... ...胞治療薬。静脈注射で投与できる。肝臓移植で求められる移植者と被移植者の型の一致や、拒絶反応に備えた...

...着色・4K画像の内視鏡システム 肝臓摘出を安全に 日本ストライカー(東京都文京区、佐伯広幸社長、03689400... ...0年1月から発売する。内視鏡を用いた肝臓の摘出手術などの際、血流の多い部位を把握しながら安全に手術がで...

...企業ternspharmaceuticalsは来月開催の米国肝臓病学会でファルネソイドx受容体作動薬「tern―101」の前臨床データを... ...ている。前臨床モデルでは選択的に肝臓に移行することが示され、非肝臓関連の副作用を軽減できる可能性が... ...に肝臓に移行することが示され、非肝臓関連の副作用を軽減できる可能性がある。(ビジネスワイヤ) ...

...ビスを提供する。livermultiscanによって肝臓の脂肪、鉄分、線維炎を定量化できる。(ビジネスワイヤ) ...

...ヒトips細胞(人工多能性幹細胞)から、肝臓と胆管、膵臓(すいぞう)から構成される「ミニ多臓器」の作製に成功... ...さまざまな臓器や組織ができるが、肝臓、胆管、膵臓は原始的な腸「原腸」から作られることが分かっている... ...の結果、前腸と中腸の境界部分から肝臓、胆管、膵臓の前駆細胞が自発的に誘導された。 これまでに武部教授...

日本農薬、研究開発の秘策 “リソース”皆で使い切る (2019/9/24 素材・医療・ヘルスケア)

...き、水虫の薬となった。殺菌剤から肝臓の薬となった化合物もある。 研究開発は、農薬候補の化合物合成から...

...の研究で含有添加剤が海鳥の脂肪や肝臓に蓄積することを確認している。この結果、海鳥1羽が30個を摂食する...

...を用いて解析したところ、マウスの肝臓から1490カ所が特定された。さらに統計学的な手法により、d―boxとし...

...腫瘍は呼吸に合わせて動く。例えば肝臓の検査で、動画上のしこりがある部分にガイドが表示され、病気と疑...

...。 同プラットフォームはct画像から肝臓などの臓器だけを自動抽出し、医師が病変部を示すために骨に番号を...

...、調整した。二日酔いの原因となる肝臓内のアセトアルデヒドや活性酸素の代謝作用を高めて、予防するとい... ...場合は追加で飲んでもらえばいい。肝臓を守りながら、お酒を楽しんでほしい」と話している。 カテラは、特...

...が原因で急性肝不全となった患者の肝臓でも同様に形質細胞様樹状細胞が減少しており、病気の進行に関与し...

...血球代替物」を開発した。 実際に、肝臓を傷つけて急性の血小板減少病態を再現したウサギに、血小板代替物...

...を測定し診断できる体制が整った。肝臓由来のたんぱく質を肝疾患のバイオマーカー(目印分子)とし、早期段...

...用を見込む。保険適用拡大に伴い、肝臓がんや胆がん、すい臓がん、婦人がんなどへ展開する。 ...

...ら吸収される。その後、血液に入り肝臓を通して全身に運ばれる。薬のターゲットに届いて、効果を発揮した... ...に届いて、効果を発揮した後は主に肝臓で分解。腎臓から排出され、尿とともに体の外に出る。この一連の流...

JST、井上春成賞に成松氏ら選出 (2019/6/6 科学技術・大学)

...による「新規糖鎖マーカーを用いた肝臓の線維化診断技術」と、川辺和正福井県工業技術センター新産業創出...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる