337件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

アズビル、健康経営優良法人に認定 (2020/3/19 機械・ロボット・航空機2)

同社では産業保健体制の強化や婦人科検診の若年層への拡大、胃がんリスクを判定するABC検診の導入、生活習慣病対策などを実施している。

膵臓(すいぞう)がんや胃がん腹膜播種(はしゅ)など既存の薬が効きにくい領域の薬として開発したい考え。

2016年に厚生労働省が出した胃がん検診に関する指針によって、検診時に胃部X線検査や内視鏡検査が推奨されており、同社は挿入時に苦痛の少ない細経かつ高画質のビデオスコープ開発に力を注いでいる。 ...

事業承継ストーリー(53)シーナ M&Aでシステム開発参入 (2020/3/10 中小・ベンチャー・中小政策)

99年、介護者であった母が胃がんの宣告を受けた。

国立がん研究センター、国立国際医療研究センターがそれぞれ開発したアルゴリズムを活用し、個人ごとに脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞、胃がん、大腸がん、糖尿病の6大疾病の発症リスクについても予測することで、個人へ...

大阪市立大学大学院医学研究科の八代正和研究教授と栂野真吾大学院生・医師らは、胃がんの腹膜転移による再発リスクを約1分で予測する方法を発見した。... 胃がん切除を行った患者のうち、がん細胞が胃の表面近...

富士通、社員に健康教育 eラーニングで7万人対象 (2020/1/16 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通は1971年に企業内健康診断に胃がん検診、89年に大腸がん検診を取り入れるなど、がん検診の受診率向上によるがんの早期発見、早期治療の実現を図ってきた。

挑戦する企業/オリンパス(6)トレーニングで市場開拓 (2019/12/18 素材・医療・ヘルスケア)

【日本の4倍】 WHO(世界保健機関)によれば中国の胃がんの新規症例数は2018年で日本の約4倍の約46万人。

ファミリーマートの沢田貴司社長は、胃がんの手術を受けた際の話に触れ、「あらかじめ医師から胃が悪いと予告を受けており、心の準備ができていた。

研究開発レベルで、大腸がん、胃がん、肺がんなど日本人がかかることの多い13種類のがんと健常者の血液中のマイクロRNAの濃度を測定し、99%の精度でがんの種類などを識別できた。

三宅幸広氏(90歳、みやけ・ゆきひろ=元三菱銀行〈現三菱UFJ銀行〉常勤監査役、元ダイヤモンドキャピタル〈現三菱UFJキャピタル〉社長)9月29日胃がんのため死去。

大鵬薬品工業は、抗がん剤「ロンサーフ」について、「がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃がん」に対する適応の追加承認を取得した。

中沢忠義氏(87歳、なかざわ・ただよし=伊藤忠商事理事・元副会長、元東京工業品取引所〈現東京商品取引所〉理事長、元通商産業省〈現経済産業省〉中小企業庁長官)21日胃がんのため死去。

第一三共は乳がんや胃がんなどの治療薬として開発中である抗体薬物複合体(ADC)「DS―8201(開発コード)」が高く評価され、3月に英製薬大手アストラゼネカと抗がん剤の開発や販売で提携した。

岡山県、次世代産業研究で6件選定 (2019/6/4 中小企業・地域経済1)

▽ウィンゴーテクノロジー(岡山市北区)=次世代パワー半導体デバイス用高放熱ポリイミドナノファイバー材料などの商品化▽ダイヤ工業(同南区)=人工知能を利用し最適歩行を制御するパワーアシストウエアの開発▽...

この受章は30年余にわたる、がんの発症に関する研究、とりわけ細菌が原因と判明した初のケースである胃がん発症におけるピロリ菌の役割を分子レベルで明らかにしてきた一連の研究に対するものと存じます。 ...

紫綬褒章には、胃がん発症におけるピロリ菌の役割を分子レベルで解明した東京大学の畠山昌則教授、核医学および放射線防護線量評価用の世界標準データベースを開発した日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究セン...

小野薬品の前3月期、売上高最高 (2019/5/10 素材・医療・ヘルスケア)

オプジーボの売上高は薬価改定の影響もあったが、胃がんなどへの使用が拡大し同0・5%増の906億円。

胃がんなどに関しては当面当社がお手伝いすることになると思う。

進行性食道がん患者8例と進行性胃がん患者1例を対象に、推奨用量を決定するフェーズIa試験を実施した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる