40件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

2万キロワットの太陽光発電の電気で旭化成のアルカリ水電解装置が水素を製造する。... 水素の国際サプライチェーン構築に向け、5月にも千代田化工建設グループがMCHをブルネイから輸入して川崎市で脱水素化...

地球温暖化を招くCO2を資源として有効利用する「カーボンリサイクル」は、国が有望な脱炭素技術として開発を推進しており、実用化への期待が高まる。 ... 水素は水を電気分解して供給する...

【透過経路を取得】 当グループは加速器などの大型装置を必要とせず、試料も破壊しない水素の検知装置としてオペランド水素顕微鏡を開発した。電子顕微鏡下で材料の背面に水素を供給し続け、透過...

ここでエネルギーシステムとは、電気や燃料などのエネルギー源の製造・配送・利用のための装置・機器・インフラのほか、それらの運用技術、さらに化学品などの生産システムをも含む、これまで化石資源を主に活用して...

船舶排ガス浄化装置の排水は濁度や多環芳香族炭化水素(PAH)などの測定値に影響を与える気泡を多く含む。 同モニターは新開発の気泡を超音波で連続的に除去する連続脱泡装置を搭載し、安定測...

水素の液化装置は欧州2社が独占し、プラントの液化効率は25―35%に留まる。... 磁性材、AI・データ科学活用で低コスト化 【脱レアアース】 カギとなるのは磁性材...

また再生利用エネルギーによる水電解装置のコストは、30年に現在の1キロワット当たり20万円から5万円に引き下げる。 政府は脱炭素化に向け、水素の利活用を目指す「水素基本戦略」を17年...

日本や中国では脱炭素社会に向けて、燃料電池車(FCV)への投資が増えつつある」 ―当面はハイブリッド車(HV)、プラグインHVを基本に電動化が進みそうです。 ......

電気だけでなく熱や水素を作れる炉はエネルギー貯蔵しやすく、変動の大きい再生可能エネルギーと親和性が高い。脱炭素社会実現に向け、エネルギー環境が変化する中で第4世代炉への切り替えは必要となる」 ...

中枢技術となる世界最大級の水素発生装置は、旭化成が開発したアルカリ水電解装置を導入。... 水素燃焼発電装置では1000キロワット級で年600トンの水素需要を見込む。... ドイツは22年までの脱原発...

第30回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(3)一般部門 優良賞 (2018/4/11 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

【一般部門】 《優良賞》 ■ジェイ・サイエンス・ラボ/有機微量元素分析装置 JM11型 炭素水素分析法である「Pregl法」を...

再生エネの電気を使って分解装置を動かし、水から水素を製造する「パワーtoガス」なら、カーボンフリー(CO2排出ゼロ)のエネルギーとなる。 水素製造装置が稼働する20年は、温暖化対策の...

ファイルいい話/平出精密−脱水素装置 (2017/10/4 機械・航空機 2)

平出精密(長野県岡谷市、平出正彦社長、0266・22・8866)は、JXTGエネルギー向けに脱水素装置(触媒反応器)の試作製造(写真)を手がける。... 水素運搬のためトルエンと混ぜた減容化合物を触媒...

実証は川重が開発した水電解装置(写真)で、風力発電による電力を電気分解し水素を製造する。水素はフレイン・エナジーの装置でトルエンと反応させ、常温で運べるMCH(メチルシクロヘキサン)を生成。... 需...

大気社は、室内設置・可搬型の過酸化水素除染装置「ドライデコモビー」を開発し、販売している。... 同装置は、過酸化水素の室内投入量や温湿度を制御して、過酸化水素による設備腐食を抑制しながら施設内を除染...

1度の吸着量を増やせると、吸着剤の交換サイクルを延ばして装置の長寿命化が期待できる。 ... 吸着時はpH(水素イオン濃度)6の弱酸性で、強酸性の塩酸に漬けて鉛を脱離させる。

アミンが主成分で毒物・劇物取締法と化学物質排出・移動量届け出(PRTR)制度の対象物質を含まず、1剤だけで清缶、脱酸素、水素イオン濃度(pH)調整の全機能を備える。 ... 「薬注装...

(孝志勇輔) 【常温・常圧輸送】 千代田化工は水素とトルエンを反応させて液体状態で輸送し、需要地で自社開発の触媒による脱水素(水素の取り出し)工...

4日に発効する地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」は、温室効果ガスの排出量と吸収量を一致させ、排出を実質ゼロにする「脱炭素」技術の早期実現を目標に掲げている。... 商業プラントは、水分解装置を火力...

希土類磁石は機械装置の駆動系を一変した。... 政府は国を挙げて脱レアアース戦略を推進。... 愛知製鋼はHDDR法という水素の吸着脱離反応を利用したプロセスを開発。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる