157件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

川崎市は、2050年の脱炭素社会実現に向け、脱炭素戦略「かわさきカーボンゼロチャレンジ2050」を策定した。脱炭素戦略の策定は政令指定都市の中で横浜市に次いで2番目。... 同戦略は50年のCO2排出...

菅首相は「感染拡大の防止と、経済社会活動の両立を実現するために効果的な対策としたいと考えている。... 公明党の山口那津男代表は、「生活や雇用と事業を守るための対策に万全を期すとともに、デジタル社会や...

政府は11日、脱炭素社会実現への技術革新のあり方を議論するグリーンイノベーション戦略推進会議を開いた。... 冒頭で梶山弘志経産相(写真右)は「革新的なイノベーションの加速と社会実装を見据えた対応策の...

非鉄、CO2フリー電力拡大 (2020/11/12 総合1)

JX金属や住友金属鉱山は二酸化炭素(CO2)フリー電力の導入を拡大する。... 菅義偉首相が2050年までに温室効果ガスの排出実質ゼロを表明するなど、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが産業界で加速する...

政府が脱炭素社会を目指したエネルギー供給構造改革で、本丸とも言える電力業界再編の議論に踏み込む見通しとなった。... (総合4に関連記事) 9日開いた経済財政諮問...

「パリ協定が目指す脱炭素社会の実現に向けて米国と協力しつつ、気候変動問題に積極的に取り組んでいきたい」と強調した。

新政権が脱炭素社会を目指して再生可能エネルギーの導入や環境配慮型自動車の普及に力を入れれば、日本企業にとって米国での商機が広がる可能性がある。

政府が脱炭素社会への変革と同時に経済成長も果たす「グリーン成長戦略」の検討を始めた。... (総合2参照) ◇  ◇ 先週末に開いた成長戦略会議の会合で、脱炭素社会...

ドライバルク・原油の海上荷動き、年平均0.8%増 日本郵船調べ (2020/11/10 建設・生活・環境・エネルギー1)

世界的な脱炭素社会構築に向けた環境対応や、船舶の環境規制強化が、中長期的な荷動きや新造船の動向に影響を与えていくとの見方を示した。

コロナ禍や脱炭素社会への転換に伴う経済・社会構造の変化も予想される中で、持続的な成長をけん引するスタートアップや高度人材を呼び込む方策づくりが急がれる。

加藤勝信官房長官は2日の会見で、菅義偉首相が今臨時国会冒頭の所信表明演説で掲げた「2050年のカーボンニュートラル」の実現に向けて「各府省庁(の所掌分野)で今後、具体的な取り組みを検討し、実行に移して...

脱炭素社会へ大きな変革必要 「達成できる目標か」「実現の見込みがあるのか」。... エネルギー部門の二酸化炭素排出量を見ても、現状の対策の水準と実現したい脱炭素社会の間には大きなギャ...

その上で「経済産業省の審議会におけるエネルギー基本計画の見直しの議論で、脱炭素社会の実現に向けて原子力のあり方も含め、あるべきエネルギー・産業構造について総合的な検討が進められる」とした。 &...

持続可能な社会の実現に貢献する姿勢を明確化するとともに、顧客企業のサステナビリティーに関する経営課題解決に寄り添うべく、専担組織である「サステナブルビジネス推進室」を立ち上げた。 【...

経団連と環境省は9月、脱炭素社会の実現に向け、両者が緊密に連携していく方針を盛り込んだ合意文書を交わした。... これに先立つ6月、経団連は脱炭素社会に向けた活動「チャレンジ・ゼロ」をスタート。......

小泉環境相は脱炭素社会、循環型経済、災害に強い社会をつくるため必要な分散型社会、の三つに移行するためにもEVは不可欠と指摘。「EVを単純に移動手段とみるだけでなく、新たな社会をつくるインフラの一つとし...

SDGs債の国際標準、策定活動など参画 【経営ビジョン】 野村グループは、創立100周年にあたる2025年に向け、「社会課題の解決を通じた持続的成長の実現」を経営ビ...

産業春秋/気候変動危機 (2020/10/19 総合1)

コロナ禍でも脱炭素社会へ世界の動きは加速している。

経済産業省は脱炭素社会の実現に向けた技術革新を図る企業をまとめた「ゼロエミ・チャレンジ企業リスト」を公表した。... リスト化を通じてESG(環境・社会・企業統治)投資やファンド組成など民間資金の呼び...

脱炭素社会の実現に向け大きく舵(かじ)が切られていることは、SDGsへの関心の高まりとともに、官民を問わず等しく認識されてきた。 ... そして、これら全てを包括的に備えたVPP(仮...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる