807件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

【京都】タカラバイオは4日、同社の腫瘍溶解性ウイルス「C―REV」について、タスリーバイオファーマシューティカルズ(上海市)と結んだ中国での独占的開発、製造、販売を許諾するライセンス契約を解消すること...

電気→光に効率変換 京大が分子設計 (2020/8/4 科学技術・大学)

有機ELデバイスの高性能化のほか、酸素センサーや腫瘍の探索などの生態応用が考えられる。

横浜市立大学大学院医学研究科の谷口英樹教授らは、再生医療での細胞移植において良性腫瘍の原因とされる未分化のヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を高感度に検出するマーカー(目印)遺伝子を特定した。

愛知県がんセンターとNEC、AI活用のがん免疫療法で研究 (2020/7/21 電機・電子部品・情報・通信2)

腫瘍の免疫微小環境の解析データや臨床情報を基に、AIを活用した治療選択バイオマーカーも開発する。 がん患者の腫瘍内のT細胞が認識するがん抗原を、AIによるネオアンチゲン予測技術と実験...

中西経団連会長、再入院 (2020/7/17 総合3)

最近受けた定期検査で腫瘍マーカーの数値が基準値を超えたことから14日に再び入院した。

既存の抗がん剤での治療後に再発、または増悪した患者を対象にタゼメトスタットを投与した臨床試験では、リンパ節の腫瘍が小さくなるといった有効性が認められた。

臓器の構造や腫瘍を観察しやすい複数の機能を備える。

がんの攻撃能力を備えたまま増殖能力を持つ「iPS―NKT細胞」に変え、医師が患者の腫瘍栄養動脈内にカテーテルを使って到達させて移植する。

米MSDは主力のがん免疫療法治療薬「キイトルーダ」について、腫瘍の遺伝子変異の数が多く、切除できない固形がんの治療薬として米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得した。... その結果、30例で30%以...

切除不能または腫瘍の特定が困難な腫瘍性骨軟化症(TIO)で、米食品医薬品局(FDA)が承認した。... TIOは、FGF23というホルモンを過剰に分泌する腫瘍により生じる。... 腫瘍を切除することで...

そのため糖鎖は腫瘍マーカーとして診断に活用されている。... ヒトiPS細胞から目的とする細胞や組織を作製して移植に用いるが、少なからず未分化のヒトiPS細胞が残存してしまい、そのまま移植されると腫瘍...

後者は赤色を強調することで腫瘍など病変部の視認性を高める。

がんの元になる異常細胞が自然と排除される細胞競合がうまく働かず、腫瘍化が起こりやすいと分かった。高インスリン血症のハエに血糖値を下げる医薬品の「メトホルミン」を投与すると、細胞競合が復活して腫瘍化が抑...

日本癌学会と日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会は合同で声明を出し、こうした治療は「病状に応じて中断や延期を検討してほしい」としている。

AIで腫瘍を自動検出 富士フイルムは、欧州で販売中の大腸内視鏡検査の支援ソフトウエアについて、国内で医療機器として販売するため薬事承認を申請した。... 同ソフトウエアは人工知能(A...

がんを持つマウスにリポソームで包んだ遺伝子を投与したところ、腫瘍の増悪を抑制する効果を確認したという。

タカラバイオは、同社の腫瘍溶解性ウイルス「C―REV」について、中国における独占的な開発、製造、販売を許諾するライセンス契約をバイオ医薬品製造販売会社、タスリーバイオファーマシューティカルズ(上海市)...

豊橋技術科学大学、米創薬ベンチャーと連携 (2020/5/12 科学技術・大学)

HTは同技術を活用し、免疫腫瘍、希少疾患、神経疾患など創薬が難しかった標的用に低分子治療薬開発の期間短縮を図る。

iPS細胞由来の細胞を移植する場合、未分化のiPS細胞が腫瘍化するといった安全上の懸念が指摘されている。移植する細胞が多いほど腫瘍化のリスクは高い。福田教授らの心筋細胞は純度が高く、これまでの動物を使...

CTC(循環腫瘍細胞)分析などにも応用可能。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる