30件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

同社は、腹腔鏡手術の支援に特化した手術支援ロボを開発中だ。... 腹腔鏡手術では医師の他に内視鏡や鉗子(かんし)などの器具を扱う助手が数人必要だが、同社のロボは器具を保持する助手役を担う。... ◇&...

富士フイルム、内視鏡強化 スマート工場新設 (2019/5/29 素材・医療・ヘルスケア)

富士フイルムは28日、内視鏡事業を強化する成長戦略を発表した。... 腹部に穴を開け器具を挿入する腹腔(ふくこう)鏡手術で用いられる硬性内視鏡・処置具事業への参入、画像技術とAIによる病変の早期診断支...

経営革新計画承認/東京都・26件 (2019/3/14 中小企業・地域経済1)

▽レベクリ(中央区)=福利厚生の充実化による、ターゲット企業のイメージアップ支援事業▽サンテックス(中野区)=警備業界に特化した総合業務支援システムの開発▽ゴールデンルールス・コンサルティング(渋谷区...

同製品は気管切開手術を受けて発声の難しい患者が、気管孔をバルーンでふさぐことで苦痛なく発声できる発声補助具。... 準グランプリは寿技研(埼玉県八潮市)の「腹腔鏡手術トレーニングシステム」。

■アクセスランキング・ベスト10(11/26~12/2) 1位 肌に極薄皮膜作製 花王、繊維積層で持続・均一性改善 2位 【電子版】車税...

術者が鉗子操作、助手2人分を代替 国立がん研究センター発ベンチャーのA―Traction(エートラクション、千葉県柏市、安藤岳洋社長、04・7136・1496)が開発を進める腹腔鏡手...

外科手術はその一つ」と話すのは、オリンパス技術統括役員の小川治男さん。 開腹手術より低侵襲な腹腔鏡手術が増えている。... さらに「次も考えている」とし、手術に必要なあらゆる情報を可...

【内視鏡手術支援】 ロボット技術や人工知能(AI)の医療分野への応用が進んできている。... ダビンチは患者への負担が少ない低侵襲である内視鏡下手術を支援するロボットで、患者の胸部ま...

参入メーカーの増加とともに、内視鏡把持タイプ、ロボット操作タイプの製品ともに拡大するとみている。 ロボット操作タイプは米インテュイティブ・サージカルの「ダヴィンチ」が腹腔鏡手術などの...

ただ戦略の方向性は変えず、外科手術用のエネルギーデバイス領域などを開拓し、もう一段の成長を狙う。... 「エネルギーデバイスはまだまだで、(外科手術の最大市場である)北米などに力を入れている。ただ米国...

一方で腹腔鏡手術や胸腔鏡手術に比べロボットを用いた手術の優位性をいかに高めるかが市場拡大へのカギとなる。... 課題のもうひとつが「腹腔鏡手術などと診療報酬の点数が同じ点」(滝沢一浩社長)。ロボット支...

樹脂製より耐久性や耐熱性に優れ、超小型モーターを使う手術用医療機器向けなどの用途を狙う。... 腹腔鏡手術用の器具やマニピュレーター、内視鏡、マイクロポンプなどの用途を想定。

阪大と山洋、腹腔鏡手術用の極細綿棒を共同開発 (2017/9/12 素材・ヘルスケア・環境)

大阪大学国際医工情報センターの中島清一特任教授らの研究グループは11日、山洋(大阪府富田林市、中谷洋社長、0721・24・3376)と共同で直径3ミリメートルの腹腔(ふくこう)鏡手術用の極細綿棒「Dr...

【千葉】A―Traction(千葉県柏市、安藤岳洋社長、04・7136・1496)は、拠点を国立がん研究センター東病院(同)併設の次世代外科・内視鏡治療開発センター(NEXT)に移し、腹腔鏡手術支援ロ...

手術支援ロボット技術の米トランスエンテリックスは同社のロボット手術システム「Senhance」を埼玉医科大学国際医療センターに販売したと発表した。腹腔鏡手術に使用するSenhanceは、触覚フィードバ...

大阪大学大学院情報科学研究科の安藤英由樹准教授らは、拡張現実(AR)技術を活用した腹腔鏡手術の訓練装置を開発した。... 腹腔鏡手術では鉗子を操作する執刀医と、内視鏡を動かして視野を確保する助手が連携...

ロボットによる腹腔鏡下腎部分切除術が保険適用された。... 2次元画像の従来の腹腔鏡手術に比べて奥行きの感覚が得やすく、鉗子の自由度も高いために、腎の過剰な切除や縫合時間が長くなるのを防げる。... ...

手術時に執刀医の腕を支え、手の震えや疲れを軽減するデンソーの「iArmS」と、腹腔鏡手術の際に内視鏡を操作する助手の医師(スコピスト)に代わり、執刀医自身による内視鏡保持・操作を可能にするリバーフィー...

(小寺貴之) 【手術を支援】 「腹腔(ふくこう)鏡手術支援ロボ『ダヴィンチ』の基本特許が切れ、これから何...

ロボットの精緻な動きが難しい手術をサポートするだけではない。... 現在の治療は内視鏡スコープ先端の鉗子口から複数の処置具を1本ずつ出し入れして病変部を切除するため、手術時間の短縮にもつながる。...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる