101件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

マクシスの人工細胞膜技術を基盤に、東レエンジと人工細胞膜チップの量産技術や分析システムなどを開発する。... イオンチャネルは細胞内外にイオンを通過させる膜たんぱく質。

膜たんぱく質の集積による機能化や、デオキシリボ核酸(DNA)などを検出する高感度バイオセンサー素子への応用が期待される。 ナノポアを形成する外膜たんぱく質のOmpGと...

効率的抗膜たんぱく質抗体取得技術も使う。

東京大学の宮田大資助教と豊田優研究員、高田龍平講師らは、ビタミンCの脳への輸送を担う膜たんぱく質を特定し、働きを阻害したマウスは脳が小さくなることを確かめた。... 脳脊...

蛍光たんぱく質を用いて、正常なミトコンドリアと識別する。... 同遺伝子は健康な細胞では早く分解されるが、不良ミトコンドリア外膜上で安定化するため、これを不良ミトコンドリアとして識別するマーカーに活用...

同社は神経伝達物質の放出を調節する膜たんぱく質「イオンチャネル」を活用した創薬を得意とし、3種類の医薬品を市場投入した。

光産業創成大と共同 【浜松】システック(浜松市北区、梶村一成社長、053・428・4300)は、光産業創成大学院大学と共同で細胞膜たんぱく質の一種であるイオンチャネル...

オートファジーにおける最後の機能未知のたんぱく質が膜の伸展を担っていることが分かった。... 野田部長らは、酵母由来の膜たんぱく質「Atg9」を精製し、試験管内でその働きを調べた。Atg9が二重膜の層...

両者の立体構造が分かれば、膜たんぱく質はワクチン、Nたんぱく質は治療薬の開発につながると期待される。... 研究チームが注目している膜たんぱく質はウイルスの骨格を形成し、スパイクたんぱく質を制御してい...

研究グループは眼の細胞の種類ごとに、基底膜たんぱく質「ラミニン」に対し、接着性や増殖性が異なることを見いだした。

第32回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(1)一般部門 (2020/4/14 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

医療・研究用に加え、食品添加用たんぱく質など幅広い用途が期待できる。 また、新製造方法により、たんぱく質合成を行う酵素や細胞小器官を効率よく抽出する。従来は困難だった膜たんぱく質の可...

理研の最前線(54)細胞膜で生命活動解明 (2019/11/4 科学技術・大学)

モノづくりの側面では近年、細胞膜を人工的に量産できる独自技術の開発に成功し、細胞機能を試験管内に再構築する技術基盤の第一歩を確立したところである。 現在は機能素子である膜たんぱく質を...

がん組織の表面にある膜たんぱく質「ポドプラニン」は、多く発現しているがんほど再発や転移のリスクが高いことが知られる。ポドプラニンが血小板の膜に存在する「CLEC―2」と結合すると血小板が活性化し、がん...

同社のライブラリーにあるたんぱく質と化合物を混合すれば、化合物に結合するたんぱく質がわかる。... また同技術は、通常は取り逃がしてしまう膜たんぱく質やナノディスクもスクリーニングできるという。......

SEEDSUPPLY、RNA鎖をスクリーニング 化合物を薬の基か判断 (2019/9/20 素材・医療・ヘルスケア)

通常たんぱく質を取り出す作業が必要な膜たんぱく質も、そのままスクリーニングできるという。 ... 1万8000種類のたんぱく質ライブラリーを持ち、結合実験ができる。化合物のほか、たん...

上皮細胞同士の接着部分では、筋肉の収縮に必須なミオシンたんぱく質と繊維の複合体「アクトミオシン」が偏って集積することが知られている。... 3個の細胞が接している場合は「Sdk」と呼ばれる膜たんぱく質...

ラクオリア創薬、あすか製薬と創薬共同研究 (2019/7/12 素材・医療・ヘルスケア)

ラクオリア創薬は細胞内外にイオンを通過させる膜たんぱく質であるイオンチャネルを標的とした創薬技術に強みを持ち、それを基盤に外部連携を積極化しており、その一環。

通常のスクリーニングでは取り逃がしてしまうような、ナノディスクやリポソームに包まれた膜たんぱく質も選定できる。

VHH抗体は通常の抗体よりもサイズが小さく、細胞組織や細胞膜をも透過し、細胞の奥まで入り込めるといわれる。... EMEはリポソームに包まれた膜たんぱく質をもスクリーニングできる独自の技術を提供してい...

同大理工学部の諏訪牧子教授は「機械学習法を用いた生体表面膜たんぱく質の網羅的機能予測」をテーマに講演。... 生体膜上で相互作用していると考えられる膜たんぱく質の形状を判別するために人工知能(...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン