114件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

しかしながら、人体内部のばく露量を実際の人体で実験的に求めることは困難なため、人体を高精度に模擬した数値モデルを利用した数値シミュレーションにより推定することが重要な手法となる。 私...

八十島プロシードは樹脂の切削加工が主力だが、08年に樹脂3Dプリンターを導入し、航空機部品や自動車部品、人工関節や臓器モデルなど医療部品の試作を中心に行ってきた。

同社提供の3Dプリンターを使えば、体内に埋め込むインプラントや臓器モデルなどの造形が可能。

がん細胞がリンパ節へ転移すると、全身の臓器に広がっていく。乳がんなど多くのがんでは、がん細胞が分裂増殖しながらリンパ節辺縁の隙間「辺縁洞」に生着して増殖し、血流に乗って全身の主要臓器に転移する。...

遺伝子変異ラット、京大が作製効率化 (2019/8/29 科学技術・大学)

京都大学大学院医学研究科の本多新特定准教授と浅野雅秀教授らは、マウスより大型でよりヒトに近いネズミであるラットで、容易に効率よく遺伝子改変モデルを作製する技術を開発した。... 記憶や学習の高い能力や...

現状のモデルは改善点が多く、硬さや全ての血管を取り込んだモデルを作れるよう研究開発を進める。 ... マシエル教授は、数学モデルの工夫で全ての内臓がリンクしたモデルの構築を目指す。&...

【京都】クロスエフェクト(京都市伏見区、竹田正俊社長、075・622・2600)は、心臓の質感に極めて近く、幅0・2ミリメートルの微細形状も再現する立体構造の心臓レプリカ「超軟質精密ウェットモデル」を...

第44回発明大賞、本賞にライフ (2019/3/7 編集特集)

(協和医療器=東京都中央区、03・6228・7244) 手術トレーニング臓器モデルの開発=サンアロー(新潟工場要素開発課主任・桑原豊氏ほか1人) 内視鏡手術の手技訓...

完成した非臨床用の試作モデルでは、狭い空間での電気メスによる切除や縫合といった細かい動作が可能だった。 また可視光の映像と近赤外蛍光を組み合わせて映像化することができるため、通常光で...

米インテュイティブ・サージカルは米国で最新モデル「ダヴィンチSP」の出荷を始めた。... 臓器の感触を術者が感じ取れる技術を搭載し、臓器の損傷リスクを抑えられたりする。... クラウドベースの“デジタ...

日本メドトロニック(東京都港区、トニー・セメド社長、03・6774・4611)は、精密な臓器の3Dモデルを4K動画で学習できる社員向けの教材システムを開発し、同社のイノベーションセンターに導入した。....

基礎生物や臨床医学で豊富な研究実績をもつ岡山大学と共同で、肝障害や糖尿病などの疾患をもつモデルマウスにラドンを吸わせて、諸臓器での生体応答を調べている。... その結果、ラドンは脂肪組織への蓄積(溶解...

【さいたま】寿技研(埼玉県八潮市、高山成一郎社長、048・997・1794)は、こんにゃく由来の医療トレーニング用臓器モデルを本格発売する。同モデルは若手医師や学生に欠かせない外科手術の練習を手軽に安...

再生医療用の臓器成形技術の向上や、生まれつき気管が細くなるなどの病気の仕組み解明につながる。 管状の臓器は長さや太さ、配置などが精密に制御され、変形などの異常が起こると本来の機能が果...

背中の皮下に腫瘍を移植した胆がんのモデルマウスにデバイスを埋め込み発光させたところ、デバイスは2週間以上の期間安定して固定され、従来の約1000分の1の強さの光で治療効果があった。... PDTは、生...

横浜市立大学学術院医学群臓器再生医学の谷口英樹主任教授と武部貴則教授らは、さまざまな臓器の微小組織片から、膵臓(すいぞう)内の組織「膵島」を作ることに成功した。... さらに免疫不全の1型糖尿病モデル...

グッドアイは未利用バイオマスを使った土壌改良材、寿技研はこんにゃくから作製した手術トレーニング用臓器モデル、中里建設は独自の水道管洗浄法の事業化にそれぞれ取り組む。

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)佐藤匠徳特別研究所の河岡慎主任研究員らは、ゼブラフィッシュによる動物モデルで、局所のがんが正常な臓器に作用を及ぼす仕組みの一部を解明した。 ......

糖尿病や肝硬変、高血圧性疾患など六つの生活習慣病と臓器移植について保険金を支払う。... モデルとなる保険料は、50歳の男性が保険金額300万円・保険期間10年で加入する場合、保険料は月額1977円と...

iPS細胞は目的の組織や臓器などを作製し、再生医療に用いることが期待される。... iPS細胞から目的の細胞や組織を作り、疾患モデルとともに新薬候補の化合物探索などに役立つと考えられている。... 【...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる