86件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

ブリヂストンは、無人自動走行システムを用いたタイヤ騒音試験技術を確立して、2021年度中に運用を始める。... ブリヂストンはZMP(東京都文京区)と共同で、無人自動走行システムを用いたタイヤ騒音試験...

従来製品に比べ安全性・走行性・操縦性を大幅に高める一方、価格は100万円以下に抑える。... 安全性・走行性を高めるため車輪を動輪2輪と前キャスター2輪、後キャスター1輪の5輪とし、斜度6度でも走行で...

現在、運転支援と位置付けられる運転支援システム(ADAS)の自動運転レベル2に相当する機能として、走行中に手放しができる「ハンズオフ」の搭載車両が広がる。... 走行時は前方を注視し、いつでも運転を運...

内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動走行システム」からはダイナミックマップ基盤(DMP、東京都中央区)が生まれた。... DMPでは自動運転以外にも自治体の道路台帳管理や除雪の最...

空港での実証実験は車両自律型か磁気マーカーなどを使用した路車連携型の、自動走行システムレベル3以上の技術を持つトーイングトラクターを対象とする。最大6台までのコンテナドーリーを定めた場所まで確実に自動...

しかし、商品化が進みつつある自動運転システムでは、車の制御はシステムが行うものの、自動運転が継続できない時(例えば、白線を検知して車線内の車の位置を自動制御するシステムで、白線がかすれていて検知できな...

一方でスマート農業や自動走行システム、宇宙などの分野で新しい動きが出ている。

自動運転については、経産省が「高度な自動走行システムの社会実装に向けた研究開発・実証事業費」に42億円を計上した。複数台のトラックによる隊列走行などに向け、安全性評価技術の開発を推進。... 高出力で...

防災や燃料、自動走行システムなど設定された11の研究課題について、PDの統括のもとで進められた。... 特に研究課題のひとつ「レジリエントな防災・減災機能の強化」では、府省庁間連携災害情報システム「S...

このほか次世代モビリティー分野では、高度な自動走行システムの社会導入に向けた研究開発・実証事業として、18年度当初予算比約57%増の55億円を盛り込んだ。政府は20年を目途に公道での無人自動走行移動サ...

農業用トラクターでは大手農機メーカーが自動走行システム搭載型の販売を始めたほか、田植機でも直線キープ機能付きなどを発売している。... (編集委員・井上雅太郎) 【システム市販化】&...

パリ発 2018年07月05日 自動走行システムを搭載した電気自動車(EV)の配車サービスの実証実験が6月26日、フランス西部ノルマンディー地域...

■SIP自動走行システムプログラムディレクターに聞く、開発の展望 国として評価技術確立 米国で自動運転車の死亡事故が続き、社会からの安全要求レベルが上がっている。....

自動運転実証スタート 静岡県など産学官プロ (2018/5/29 中小企業・地域経済2)

【静岡】静岡県は28日、袋井市、名古屋大学、自動車メーカーなど産学官で、国産の電気自動車(EV)による自動運転の実証試験を行う「しずおか自動運転Show CASE」プロジェクトをスタートさせた。......

リチウム二次電池や自動走行など12テーマに関して、国・地域別に特許出願や論文発表の動向をまとめた。... ▽有機EL装置▽自動走行システムの運転制御▽次世代光ファイバ技術▽リハビリテーション機器▽超音...

自動走行技術を活用した小型電動カートが観光地や病院、商業施設などを巡回。... これは経済産業省と国土交通省が進める「高度な自動走行システムの社会実装に向けた研究開発・実証事業」の一環。... また、...

電気自動車(EV)や自動運転車などの次世代車は、バッテリーや自動走行システムの開発に膨大な費用が必要になる。... 自動運転車では、トヨタ自動車が20年代前半に一般道での自動運転技術の実用化を目指すな...

テストコースでの自動走行システムの性能や緊急時のテストドライバーの対応力などを確認する。... 事前テストは単体走行を想定した基本レベルと、市街地で起こる場面を想定した応用レベルに分かれる。... 雨...

【札幌】北海道職業能力開発大学校は、積雪寒冷地で走行可能な自動走行システム開発に向けて、札幌市内で開かれた札幌モーターショー2018内の「北海道自動車産業ゾーン」で研究成果を報告した。「寒冷地対応型自...

“ベンチャーフレンドリー”な仕組みを構築し、資金、知恵、人が循環するシステムを作りたい」(冨井哲雄) 《科学技術政策担当相・松山政司氏/“次期SIP”前倒し》&#...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる