102件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

自動車リサイクル促進センター(JARC、東京都港区)は、東京都と神奈川県がそれぞれ発行するグリーンボンド(公債)を購入する。... JARCは全国の自動車ユーザーから預かった約9400億円(20年3月...

マツダは、2019年度の自動車リサイクル法に基づく特定3品目の再資源化について、使用済み自動車のシュレッダーダストの再資源化率が95・9%と法定基準の70%を上回った。... 18年度黒字相当額の2億...

豊田通商などが、使用済みの自動車から回収した資源を再び自動車材料として使用する「Car to Car」リサイクルの実証事業を進めている。... 材料のリサイクルが普及すれば、自動車リサイクル料金のユー...

スズキ豊田通商は、豊田通商とインドに自動車の車両解体・リサイクル事業を手がける合弁会社を両社子会社を通じ折半出資で設立した。... インドでは新車市場拡大を受け、自動車リサイクルの法制化が準備されてお...

金属加工のほか、伝統産業や食品加工、自動車リサイクルなど多種多様な企業14社をバスツアーで見学できるほか、イシクラ(岩槻区)ではノートの制作、プラナエンジニアリング(同)で電線への端子圧着を体験できる...

自動車リサイクル部品販売大手のユーパーツはBツーB(企業間)が中心。... テスター機器の自社開発を推進しており、清水道悦社長は「価格よりも価値を提供する」と高品質のリサイクル部品の提供に努める。.....

豊田通商は、タイで使用済み自動車(ELV)のリサイクル実証事業を月内にも本格的に始める。... トヨタ自動車からは、自動車リサイクル制度に関して助言を、DOWAエコシステムからタイにおける廃棄物処理の...

九州メタル産業、マレーシアで車リサイクル 事業性を検討 (2019/7/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

【福岡】西日本鉄道傘下の九州メタル産業(北九州市小倉北区)は、マレーシアで自動車リサイクルの事業可能性を調査する。同国は東南アジア内で自動車普及率が高い反面、廃車の路上放置が課題という。... リサイ...

日本シーム、渦巻き水流で廃プラ選別 重液不要でコスト削減 (2019/7/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

水選別で沈む廃プラは燃料として焼却して使うサーマルリサイクル(エネルギー回収)へ回す。... 同製品は自動車リサイクル高度化財団の18年度の助成事業に採択されており、ハリタ金属(富山県高岡市)と共同開...

自動車の電動化が進む中、清水社長は「バッテリーのリユース市場を広げ、リサイクルを進めていく」としており、リチウムイオン電池再生の研究もしている。 ユーパーツは自動車リサイクル部品販売...

自動車リサイクル促進センター(東京都港区)は松山市の公共施設「まつやまRe・再来館」で開催されるイベント「環境都市まつやま環境フェア」に出展する。自動車ユーザーが負担するリサイクル料金の使われ方、循環...

日本には、新車購入時に消費者があらかじめリサイクル費用を支払い、廃車時に解体業者などが有用な部品や金属を回収する制度がある。... ただ、リサイクルを管理する自動車リサイクル促進センター(東京都港区)...

シュレッダーダストの焼却処理が、日本の自動車リサイクル事業の屋台骨を支えている。小名浜製錬(東京都千代田区、岡本良二社長、03・3251・1516)の小名浜製錬所(いわき市)は、銅製錬工程の反射炉の燃...

非喫煙者に毎月1000円支給 ツルオカが健康増進策 (2018/7/13 中小企業・地域経済1)

自動車リサイクル事業などを手がける同社に、アルコール検査の法的義務はない。一方、「業務内外で自動車を運転する際の事故を未然防止できるほか、深酒の抑制は健康にもつながる」(鶴岡社長)として、2011年に...

SUBARU(スバル)は自動車リサイクル法に基づく2017年度の再資源化等の実績をまとめた。再資源化の費用総額は約13億9327万円で、リサイクル収支は3億7971万円の黒字だった。

「自動車リサイクルなどいくつかの事業は撤退した。

新設する「自動車リサイクル研究所」は敷地面積約1568平方メートル、建て床面積約385平方メートルの鉄骨平屋建て。 EVや燃料電池車(FCV)など次世代自動車の解体・リサイクル方法に...

NGP日本自動車リサイクル事業協同組合(東京都港区、佐藤幸雄理事長、03・5475・1208)は23日、自動車リサイクル部品の流通事業でブロードリーフと業務提携したと発表した。NGP協同組合が扱うリサ...

経済産業省と環境省は、再生プラスチックを使った自動車を環境配慮車に認定し、購入時のリサイクル料金を全額免除する制度を創設する。自動車リサイクルを高度化し、最終処分量の低減につなげる。... 自動車リサ...

そんな同社がリサイクルビジネスで家電に続く期待を寄せるのが自動車だ。... 次の成長を担うのは自動車」と強調する。 ... 「車の機能が家電に近づいており、家電リサイクルで培った技術...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる