122件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

1966年、当時10歳の豊田少年は誕生日プレゼントとして、父である豊田章一郎名誉会長にFSWで行われた自動車レース「第3回日本グランプリ」に連れてきてもらった。... トヨタの創業者である豊田喜一郎氏...

2輪車、4輪車のレース部門が持つ知見を相互活用しやすい体制を整えた。... ホンダは2021年シーズン限りで世界最高峰の自動車レース「フォーミュラ・ワン(F1)」から撤退した。... ...

日本レースプロモーション(JRP)が主催する自動車レース「全日本スーパーフォーミュラ選手権」でデジタル変革(DX)が進む。... 同社の三...

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社(DTFA、東京都千代田区、福島和宏社長)とトムス(同世田谷区、谷本勲社長)は、自動車レースの...

タイヤメーカーが自動車レースをブランド力向上の場として有効活用している。... 横浜ゴムも海外向けタイヤ「ジオランダー・エスディー」装着車が、同レースの「Pro UTV&#...

【名古屋】日本特殊陶業は自動車レースの同社レースクイーン「2022NGKスパークガール」に星香さん(写真)を起用する。星香さんは国内最高峰の自動車レース「SUPER...

2025年の自動車レース「全日本スーパーフォーミュラ選手権」に、サステナブル素材を35%以上用いたタイヤを供給する計画。

レース仮想体験・アプリ試験導入 自動車メーカーの垣根を越えたモータースポーツ市場の活性化策が本格始動する。... JRPが運営する自動車レース「全日本スーパーフォ...

深層断面/日仏連合、EV覇権奪回! (2022/1/28 深層断面)

3兆円投資・30年に35車種 車台共有→量産効果高める 日産自動車、仏ルノー、三菱自動車の3社連合(アライアンス)は27日、今後...

21年には自動車レース「スーパー耐久シリーズ」に、水素エンジンを搭載したトヨタの「カローラ」が出場した。

ホンダにとって22年は自動車レースの最高峰「フォーミュラワン(F1)」撤退後、初のシーズンとなる。三部社長は「ホンダは創業期からレースを通じて人と技術を磨いてきた会社。

自動車レース「スーパー耐久シリーズ」で「水素エンジン車の開発ドライバーとして選出された」と喜ぶのは、小倉クラッチ社長の小倉康宏さん。 ... ...

「勝つためにレースに戻ってきた」。日産自動車最高執行責任者(COO)のアシュワニ・グプタさんは、スポーツ車「Z」での15年ぶりの自動車レース復帰に意気込む...

レースを実験場と位置付け、環境に配慮した次世代レーシングカーの技術開発を進める。... JRPは自動車レース「全日本スーパーフォーミュラ選手権」を運営する。... 自動車メーカーはレースの意義を再定義...

ホンダはオーストリアのレッドブル・グループが2022年以降に自動車レース「フォーミュラ・ワン(F1)」へ参戦するのに当たり、ホンダのパワーユニット(PU)技術を使用する...

同社は自動車のセールスマンだった創業者が1964年に始めた。... 休日になると社員が集まって自分の車をいじるほか、レースゲーム用のコックピットも用意している。... ロードスターやエルグランドといっ...

【名古屋】日本特殊陶業は、自動車レースのレースクイーン「2021NGKスパークガール」に井上みづなさんを起用する。 井上さんは、国内最高峰自動車レースの一つ「SUPER GT...

産業春秋/アクセルとブレーキ (2020/12/4 総合1)

F1など世界的な自動車レースに参戦するドライバーは、アクセルとブレーキを瞬時に踏み替え、高速のままコースを周回する。... セナはレース中の事故で34歳の若さでこの世を去った。

ホンダは世界最高峰の自動車レース「フォーミュラ・ワン(F1)」から2021年シーズンを最後に撤退を決めた。... 宗一郎氏は「レースをしなけりゃクルマは良くならん。観衆の目前でシノギを...

新型コロナ/WRC、開催中止 (2020/8/24 自動車)

自動車の世界ラリー選手権(WRC)の日本ラウンドとして開催予定だった「ラリージャパン」の中止が決まった。... 自動車レースで得た知見を市販車に還元するのが参戦の狙いの一つで、過酷なレ...

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン