84件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

米テスラのセダン「モデル3=写真」は、米高速道路安全保険協会(IIHS)の安全性試験で最高評価「トップ・セーフティー・ピック+(プラス)」を獲得した。同モデルはIIHSの衝突テストで「モデルS」よりも...

海外に目を向ければ米グーグル系の自動運転開発会社ウェイモがレベル4以上の技術を使い、安全のための同乗者を同席した上での自動運転タクシーを18年に商用化した。公道試験による自動運転の走行距離も順調に伸ば...

自動運転は安全面で高い位置精度が求められる。... みちびきを利用できるシステムの構築や認識・判断のアルゴリズムの実装を試験車両に行い、東京都臨海部で走行実証試験を行う。 ... 自...

米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が昨年、電気自動車大手のテスラに対し、セダン「モデル3」の安全性主張が「誤解を招く」として中止を求める通告書を送ったことが、ロイターが入手した文書で分かった。...

(松崎裕) 【開発加速】 自動車メーカーは運転ミスによる被害を減らすため運転支援システムの開発に力を入れており、新車では加速抑制装置や衝突被害軽減ブレーキなどの標準...

フォトロン(東京都千代田区、滝水隆社長、03・3518・6290)は、自動車衝突安全試験用の高速度カメラを3日に発売する。... 3月に発売した6カメラヘッドタイプの自動車衝突安全試験用の車載向けカメ...

互いの部品を一緒にした時に衝突安全性能が変わるのかという解析ができ、車1台としての解析に近づいている。電気自動車(EV)になるとバッテリーの重さが加わり、衝突安全性能が変わるので連携による有効性がある...

フォトロン(東京都千代田区、布施信夫社長、03・3518・6290)は、自動車衝突安全試験用の高速度カメラ(写真)を5日に発売する。... 欧州の自動車安全試験で6式のハイスピードカメラの設置が規定さ...

中でも重点地域に据えるのは、自動車の普及や安全規制強化に伴い高い成長が見込める中国とインドだ。... 中国は衝突安全性能試験「CNCAP」を、より高い基準にしようとの動きをみせる。... 安全意識の高...

コネクテッドカーではクルマの走行データの活用がしやすくなり、安全運転をすれば自動車保険が安くなるサービスやメンテナンス時期の的確な把握などに役立つ。... これを行うサービスに保険を組み合わせ、安全な...

18年度の予防安全性能評価では、新たに夜間における歩行者との衝突軽減ブレーキやペダル踏み間違い時の加速抑制などの試験が実施された。... また、小型車「クロスビー」もJNCAP衝突安全性能評価で、最高...

この特性をいかしてTRIP鋼はすでに、自動車などさまざまな構造部材に使われている。... この解明に大きな役割を果たした「匠」は、原子力材料などの安全や寿命評価などの判定基準の一つである内部ストレス状...

 米電気自動車(EV)メーカー、テスラの「モデル3」セダンは、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が実施した衝突試験全てで最高の5つ星を獲得した。... NHTSAのウェブサイトによれば、同局は正面衝...

【広島】マツダは12日、三次自動車試験場(広島県三次市)に新設した衝突実験棟が稼働したと発表した。... 既存の実験棟ではできなかった、2台の自動車が対面衝突する実験が可能になる。 ...

ドローンは運行管理の標準的な手法が確立されておらず、利用が増えた場合の衝突リスクが懸念されている。このため同プロジェクトは、複数のドローンが安全な飛行経路を設定しリスク回避する仕組みの開発を目指す。....

仮想空間での実験によって、コスト低減や時間短縮を図れる」 「安全性検証の面でもバリエーションがある。公道で試験車両を走らせる実証実験とは異なり、衝突実験で壊れた車両を何度もつくり直す...

実用化に向けては、これまでの自動車と同様、メーカーと規制当局が議論しながら安全を作っていくことになる。... SIPでは安全性評価システムの開発を始めたいと考えている」 -米国では安...

テスラが3月30日にブログに掲載した発表資料によれば、回収されたコンピューターのログはファンさんが衝突前の6秒間、ハンドルを握っていなかったことを示していた。  ... ウェイモの技術は既にフ...

同社は自動運転支援システム「オートパイロット」の安全機能にこれまで問題はないと主張。... 3月に入ってテスラ株は5営業日以外は下落しており、時価総額で米最大の自動車メーカーの座を今週、ゼネラル・モー...

【相模原】日本コーティングセンター(神奈川県座間市、千葉祐二社長、046・266・5800)は、自動車用高張力鋼板(ハイテン材)のプレス成形金型用被膜「デラックスヴィーナス」を開発し、受注加工を始めた...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる