14件中、1ページ目 1〜14件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

7月23日は海の日 (2020/8/4 特集・広告)

今後は温室効果ガス(GHG)大幅削減船、自動運航船など海運ニーズの先取りが重要課題だ。... 28年までにGHGを排出しない「ゼロエミッション船」の商業運航することが目標の一つ。......

官民を挙げて自動運航船の開発が進んでいる。... この有力な解決策と期待されているのが自動運航船だ。 ... 一方、日本財団(東京都港区)は、自動運航船より先を見据えた無人運航船の実...

国土交通省は2020年度内に、自動運航船を開発する上で順守すべき事項を整理したガイドラインを取りまとめる。25年に自動運航船の実用化を目指し、官民挙げてさまざまなプロジェクトが動きだしてきた。... ...

日本財団、無人運航船を実証 実際航路で長距離航行 (2020/6/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本郵船、商船三井などの海運大手と造船各社は、自律運航や遠隔操船、衝突回避など自動運航に向けた技術開発を進めている。 ... その中でIoT(モノのインターネット)技術などを駆使した...

日本郵船、タグボートの遠隔操船に成功 (2020/5/21 建設・生活・環境・エネルギー)

日本郵船は20日、自動運航船の実用化に向けて、タグボートを使った遠隔操船の実船試験に成功したと発表した。... 約12キロメートル自動航行する状態を確認した。... 国土交通省は2...

国土交通省の自動運航船実証事業に含まれる「船舶の自動離着桟の安全性に係る実証事業プロジェクト」の一環で、東京海洋大の汐路丸で実施した。... 岸壁に船体を寄せる際のコースの取り方、船速や距離における制...

20年後の国内船市場、半数が無人運航船に 三菱総研予測 (2019/5/30 機械・ロボット・航空機1)

三菱総合研究所は29日、自動運転による無人運航船が2040年には新造船の全てを占め、国内を航行する船舶の5割以上が無人運航船になるとの見通しを示した。... 船員の高齢化で内航海運船を中心に、船員確保...

自動運航船の実用化を後押しする。 パイオニアが同社のライダーを使った自船位置推定や周辺環境を認識するためのアルゴリズムを開発し、東京海洋大学が実験環境や船舶運航に関する知見などを提供...

自動運航へ次世代船橋搭載 日本郵船が自動車船公開 (2018/10/25 建設・エネルギー・生活1)

新ブリッジは、これから自動運航技術を取り込んで、船が進化していく基盤にもなる。... 政府は2025年までの「自動運航船」実用化を掲げるが、自動運航船に向けた技術開発は、一足飛びに無人航行を実現するも...

三井E&S造船(東京都中央区、古賀哲郎社長、03・3544・3318)と商船三井、東京海洋大学、三井造船昭島研究所(同昭島市)が共同提案した「船舶の自動離着桟の安全性に係る実証事業プロジェクト」が、国...

AIで内航船を自動操船 日本郵船など、21年実証 (2018/7/27 建設・エネルギー・生活1)

日本郵船は26日、2021年にも人工知能(AI)による自動操船機能を備えた内航船の操船支援システムを開発し、実船を使って実海域で実証試験すると明らかにした。... 内航船は労働力不足を背景に省人化と安...

海洋政策を占う 洋上風力・レアアース・無人探査機に注目 (2018/4/17 機械・ロボット・航空機1)

艦艇や巡視船、航空機、衛星などから海洋データを集約する「海洋状況把握(MDA)」の仕組みを整備するなど防衛・海上保安体制の強化が柱となるが、政府として海洋の産業利用促進を明確に打ち出し、関係府省の連携...

国土交通省は、2018年度に自動運航船の開発支援に乗り出す。自動運航船の開発に必要な技術の実証事業を始める。... 自動運航船は操船の支援や自動化、機関の故障予知・予防、荷役業務の省力化などをトータル...

郵船の完全子会社MTIで自動運航技術開発を手掛ける安藤英幸船舶技術部門長は、実験船は大型コンテナ船などが候補とし、「万一に備え船員が搭乗した上で、見張り機能の自動化、さらに陸上基地からの遠隔操作と段階...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる