47件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

また、国連科学諮問委員会と国際応用システム分析研究所(IIASA)は最近の報告で、グローバルだけでなく国、地域、企業がその特長を生かし、価値観や仕組みを変革しデジタル技術を開発利用してSDGs戦略を策...

東京eスポーツフェスタ実行委員会(東京都、日本eスポーツ連合、コンピュータエンターテインメント協会、日本オンラインゲーム協会、東京ビッグサイト)は1月11、12の両日、東京ビッグサイト(東京都江東区)...

自動運転トラクターや飛行ロボット(ドローン)を使ったサービスが実用化されているが、高価な導入コストが足かせとなり、本格導入に踏み切る農家はまだ限られる。... (大阪・園尾雅之、大阪編集委員・林武志)...

15日に開かれる「鉄道の日」祝賀会では、鉄道各社と関係団体、国土交通省で構成される選考委員会によって選ばれた「日本鉄道賞」の表彰も行われる。... 高速運転専用の軌道を用い、高度な管制・制御のもとで運...

高橋誠社長を座長とする「サステナビリティ委員会」を立ち上げ優先的に取り組むSDGsを選定。... 点滴チューブから水や肥料を自動供給し、作業時間を軽減した。... このためKDDIは地域の教育機関や企...

例えばモーターからエンジンに推進力を切り替える際にノイズが生じる。... 自動運転などの極稀なシーンでも安全性が求められる用途では補完する仕組みが必要だった。 &...

クローズアップ/「MaaS」事業化正念場 全国28地域で実証 (2019/7/29 中小・ベンチャー・中小政策)

MaaSは自動運転や電子決済などの技術開発から、ビジネスモデル構築にフェーズが進んだ。... 何でもビジネスとして採算性を求めると日本の多くの地域が住めなくなる」と、スマートモビリティチャレンジ推進協...

このほど開いた研究開発の説明会「ホンダミーティング2019」では、安全運転支援システムの機能拡充を進めるとともに、2020年に一定の条件付きで自動運転する「レベル3」技術を実現する方針を示した。......

内閣府は5日、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「自動運転推進委員会」(葛巻清吾プログラムディレクター=トヨタ自動車先進技術開発カンパニーフェロー)の会合を開いた。

課題解決には自動運転技術やライドシェアなど新たな移動手段の導入が不可欠だ。... また過疎地での自家用車の有償運送、完全自動運転対応の道路交通法などの実現を目指す。 ... 経済産業...

自動運転といっても自家用車の渋滞時追従機能や自動ブレーキ、商用車の隊列走行機能などさまざまな形態がある。... 一般の大学生や自動運転の技術者、メーカーの法務担当者などを集めて、等身大の自動運転技術に...

ホンダも同10月、米ゼネラル・モーターズ(GM)と自動運転車を使ったライドシェア事業で協業した。... そして、将来の自動運転車の基盤となるのもコネクテッドカーだ。... 国内では警察庁が18年12月...

各分野ではこれに沿ったシナリオが作られ、自動運転やドローン(飛行ロボット)の実装実験などが着々と動き始めている。... 東京商工会議所(東商)副会頭、日本商工会議所/東商税制委員長。税制調査会特別委員...

内閣府の宇宙政策委員会は、国の宇宙開発計画の実施方針を示した「宇宙基本計画工程表」の改訂版の原案を示した。... センチメートル級の測位ができることから自動運転などへの利用が期待されている。... 政...

実行を重視し委員会を18から12にする中、「イノベーション委員会」を新設した。... 同委員会は1年かけて技術革新や新産業創造の観点から中部圏の現状を分析。... 中部圏では、14年度のGDP74兆円...

停止中の泊原子力発電所(泊村、総出力207万キロワット)も原子力規制委員会の安全審査が終わらず、再稼働の見通しは立たない。 ... ブラックアウト対策探る―検証委が始動 &#...

東日本大震災以降、運転を停止していた東京電力ホールディングス(HD)の福島第二原子力発電所(福島県富岡町、楢葉町)が廃炉になる見通しになった。... ただ、柏崎刈羽原発と違い、原子力規制委員会の新規制...

また、車線単位での混雑状況の把握や進路選択など、高精度のナビゲーション技術が導入されることで、慢性的な道路渋滞の緩和に資することとなり、さらには自動運転技術への転用も考えられる。 ....

さまざまな業種が持つ産業データや知的財産を駆使することで自動運転車など次世代技術が開花する。... これを受け、政府の成長戦略や知的財産推進計画にも明記されているだけに、撤回は異例の展開だ。 ...

深層断面/ゼネコン、進む省人化 (2017/11/17 深層断面)

月面や火星で拠点建設を実現する遠隔施工システムがテーマで「自動運転を活用できないか検討している」(三浦氏)。... 日本建設業連合会(山内隆司会長=大成建設会長)は2025年度に14年度比約128万人...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる