125件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

▽カモメヅル属における送粉者タマバエと植物の特異な共進化過程の解明(望月昂・東京大学大学院理学系研究科助教)▽クロロフィル蛍光計測による遠赤色光を含む自然条件下にある植物の光合成能と環境ストレス診断(...

今回、技術シード創出にたけた自然科学系を持つ関東圏の指定国立大学との共催に拡大。

法や倫理、公共政策など人文・社会科学系も含む12部局が持つ知識を統合。... また通信ビッグデータ(大量データ)におけるプライバシーの倫理と規制、情報経済政策など自然科学系だけでは対応できない重要な観...

稲盛財団、若手50人に助成 (2021/3/17 科学技術・大学)

自然科学系40人、人文・社会科学系10人の合計50人で、それぞれに研究助成として100万円を贈呈する。

文部科学省はリテラシー(読解記述力)レベルの認定制度での公募に向け、説明会を17日にウェブで開く。... ここではDSとの親和性に差がある自然科学系、社会科学系、人文科学系別のメッセージや、学生25万...

学術会議の任命拒否 学会反発、議論は混迷 (2020/10/13 科学技術・大学)

そして9日には、日本数学会や日本物理学会など自然科学系の93学会がオンライン会見で緊急声明を発表した。... さらに「多様な考えを持つ人が参加することが欠かせず、『この種の人は不要』といった考え方は危...

ダイバーシティー(多様性)は創造性が求められる理科系(自然科学系、技術系)でも重要だ。... 最先端技術のビジネスを、社会科学的な手法も組み合わせて分析した。... 露骨な男女差別に直面せずにすむ若い...

文部科学省は世界の科学技術活動に関する客観的なデータを分析し、2016―18年の自然科学系の論文数で中国が米国を上回り1位となったとする報告書を取りまとめた。... 日本の科学技術...

稲盛財団、若手50人に助成 (2020/3/19 科学技術・大学)

自然科学系40人、人文・社会科学系10人の合計50人で、それぞれに研究助成として100万円を贈呈する。

キーワード/世界と日本のELSI研究 (2020/2/6 大学・産学連携)

A これまでの政府の研究支援は、科学技術振興機構(JST)や理化学研究所(理研)などの時限事業が中心だった。... A 15年間と長期の文部科学省事業「政策のための科学」で、京都大学・阪大グループがE...

新センターの研究成果は人文・社会科学系の研究者評価や、企業のESG(環境・社会・企業統治)投資にも影響を与えそうだ。 ... 学内の自然科学系と人文・社会科学系で兼担となる教員は40...

▽超低過電圧酸素発生アノードを基盤とした高効率太陽光水素生成システムの開発=八木政行氏(新潟大学自然科学系教授)▽森林保全による気候変動緩和を実現するための生態系・社会システム複合モデルの構築=森章氏...

社会の課題解決はこれまで、自然科学系の研究成果に基づく科学技術が力を発揮してきた。... しかし自然科学と人文・社会科学の間には一般社会が思う以上にギャップがある。自然科学系は、物質的な豊かさをよしと...

文化勲章、吉野氏ら6人選出 (2019/10/30 総合3)

自然科学系では、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史機構長(59)、カーネギーメロン大学の金出武雄ワイタカー記念全学教授(74)、名古屋大学の近藤孝男名誉教授(71)、東京農業大学総合研究所の...

文部科学省は人文学・社会科学分野の研究者を中心に、多様な利害関係者(ステークホルダー)と議論し、社会との共創や課題解決に取り組む事業を2020年度から始める。自然科学分野の技術の実装で「倫理的・法的・...

日本人のノーベル賞受賞者は27人となっており、21世紀以降の自然科学系3分野の受賞者は18人で、米国に次いで世界で第2位。

稲盛財団、今年度の研究助成金贈呈式 (2019/4/29 電機・電子部品・情報・通信)

毎年、自然科学系40件、人文・社会科学系10件の計50件が選ばれる。

稲盛財団、50人に助成決定 (2019/3/20 科学技術・大学)

自然科学系40人、人文・社会科学系10人の計50人。... 対象となった研究テーマは岐阜大学大学院医学系研究科の安部力准教授の「前庭―交感神経反射を介する新たな抗炎症機構の解明」、京都大学大学院農学研...

日本学術会議総合ジェンダー分科会と、人文社会科学系学協会男女共同参画推進連絡会(ギース)は、人文・社会科学系研究者約3000人を対象にした男女共同参画のアンケートを初めて実施した。その結果、特任教員な...

内潟那美新潟大学自然科学系研究員や、細川隆史京都大学理学研究科准教授が講演する。ほか高橋弘毅長岡技術科学大学准教授が、大型低温重力波望遠鏡KAGRAの現状を紹介する。

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる