3,975件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

共同声明では沿岸警備船舶や「海上民兵」の危険または威圧的な使用、他国の資源開発活動を妨害する取り組みなど具体的な表現で、中国を暗に批判。

古野電気、デンマーク社を買収 (2020/7/8 機械・航空機 2)

海上物流分野における自動運航の実用化に向けた技術革新が進む中、船舶の制御分野で実績や知見を持つエムリの技術を取り込み、競争力を強化する。

中国造船最大手の中国船舶集団にも3000億円規模が発注されるという。

政府は船舶からの燃料油の流出による汚染損害に対し賠償を確約するバンカー条約と、座礁船舶など難破物の除去費用の支払いにより被害者保護を図るナイロビ条約に加入する。... 日本はすでに一定の船舶に対して燃...

海洋状況把握(MDA)の取り組みでは船舶動静情報など、安全保障にかかわる情報を即座に集約して共有できる情報基盤の構築を検討するよう提案。

新役員/川崎重工業(下)執行役員・柿原アツ子氏ほか (2020/6/30 機械・ロボット・航空機)

執行役員船舶海洋カンパニー技術本部長 本井達哉氏 【横顔】90年代後半に超大型浮体構造物(メガフロート)の開発に参加し、自らの技術力向上に加えて、他社の技術者との人脈を作れたのが大き...

中国の海警局は日本の海上保安庁に相当し、保有船舶は日本よりはるかに多く、1万トン級の超大型巡視船建造も進めている。

【神戸】マロール(神戸市長田区、兎田朗彦社長、078・611・2151)は、価格を既販品の半額程度に抑えた船舶向け自動位置保持装置を製品化した。... 既存のシステムは数千万円と高額で、測量船など特殊...

「ユーザー側の細かなニーズを製造側が把握できることが他国にはない強み」と国土交通省海事局の加藤訓章先進船舶企画調整官は指摘する。... インタビュー/国交省先進船舶企画調整官・加藤訓章氏 自動・遠隔操...

三井E&S造船(東京都中央区、古賀哲郎社長、03・3544・3318)は、船舶の自律航行に必要な操船システムを2021年に実用化する。... 船舶に納入している操船システムやモニタリングユニットに、自...

国交省は20年までにIoT(モノのインターネット)を活用した船舶の運航を、25年までに人工知能(AI)などを生かしたシステムが船員に操船判断を提案する自動運航船の導入を、それ以降に船舶が完全に自律運航...

「船舶は1、2年に1度の定期点検が義務付けられていて、決まったお客さんも多くコロナの影響はほとんどない。... 船舶の修繕は今や中国や新興国の産業になりつつあり、日本のコストではどうしても中国に太刀打...

日本財団、海底地形を19%地図化 (2020/6/22 科学技術・大学)

海流や津波の予測、船舶の安全航行などへの応用が期待される。 ... 今後は船舶が航行できない未開拓海域のマッピングや、小型船や漁船などと連携してデータを取得できる仕組み作りを行う予定...

EIZO、船舶市場向け国際規格取得 (2020/6/19 電機・電子部品・情報・通信)

EIZOは船舶搭載用モニターで、日本の電子機器メーカーとして初めて船舶市場向けの国際規格「EU RO MR」を取得した。

企業信用情報/16日・17日 (2020/6/18 総合2)

【数字の見方】 (1)業種(2)所在地(3)資本金(4)代表者(5)負債額(6)事由 【16日】 ◎義馬 (1)温泉旅館経営(2)福井県あわら市(...

温室効果ガス(GHG)削減が求められる中、ゼロ・エミッション船を目指した船舶の早期開発が期待されており、アンモニアは代替燃料の候補として注目されている。

シンコーはポンプやタービン製造を手がけており、マスヤ工業では船舶用ポンプを生産している。

さあ出番/大和物流社長・木下健治氏 ソリューション提案重視 (2020/6/17 建設・生活・環境・エネルギー)

8年前に1級小型船舶免許をとりヨットを購入。

4月の生産量、鋳鋼19%減 鍛鋼24%減 (2020/6/16 素材・医療・ヘルスケア)

鋳鋼は土木・建設・鉱山機械や船舶、自動車向けが低調。鍛鋼は自動車向けや鉄鋼業向けロール、船舶、発電用機器で減少が続く。

主力は船舶エンジン向けだが、最近は水素ガスステーションのコンプレッサー部品や自動車用プレス設備に用いる部品の仕事も増えている。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる