159件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

伊丹教授らは2個以上のベンゼン環を持つ多環芳香族炭化水素をパラジウム触媒でつなぐ手法を考案。

0・8ナノメートルの隙間を持つMOFを合成し、その隙間に芳香族炭化水素の一種「スチレン」分子を入れることで、1分子の厚さの隙間にスチレンを閉じ込めた。

産業技術総合研究所は13日、医薬中間体や農薬、電子材料などの原料となる「芳香族アミン類」の効率的な合成手法を開発したと発表した。原料の溶液を連続的に供給し目的の生成物を合成する手法を最適化し、安価で入...

開発した燃料を分析すると、500度C以下では直鎖の炭化水素化合物、800度C付近では芳香族系の炭化水素化合物をそれぞれ検出できた。

戸田建設、環境配慮型燃料を旧本社ビル解体工事で使用 (2020/5/29 建設・生活・環境・エネルギー)

同燃料は既存のディーゼルエンジンで使用でき、二酸化炭素(CO2)排出量は軽油と比べて約8・5%の削減が可能で、硫黄分・芳香族分をほとんど含まない次世代の環境配慮型燃料。

光学樹脂の特殊ポリカーボネートや、香料など向けの特殊芳香族化学品のアルデヒド類も生産を増やす。... 電子材料や特殊芳香族などへしっかり投資する」 ―中東で合弁の大規模なメタノールプ...

19年は、東京工業大学の山科雅裕助教らの不安定で取り扱いが難しい「反芳香族分子」で作られた「かご状分子」が第1位となり「最もかっこいい分子」に選ばれた。かご状分子の内部空間は、反芳香族分子の影響で特異...

かご状分子の内部空間は反芳香族分子の影響で特異的な「反遮蔽(しゃへい)効果」という性質を持つことが分かった。... 反芳香族分子で作ったかご状分子を使って、複雑な有機分子の構造を解析する手法に応用でき...

汎用エンジニアリングプラスチックの芳香族ポリアミドに配合し、射出成形時のガス発生量を約3分の1に抑えられることを確認した。

生成物の末端が反応性の高い領域となって連続的に重合が進行する性質と、ベンゼンを代表とする芳香族化合物を1段階でより大きな化合物へ変換する技術を組み合わせることで手法を確立した。

この材料は、金属錯体の増感剤と芳香族色素の発光体を用いており、緑の光を青の光に変換できる。

船舶排ガス浄化装置の排水は濁度や多環芳香族炭化水素(PAH)などの測定値に影響を与える気泡を多く含む。

【芳香族化合物】 より長期の材料利用を目指すと、強度・耐熱性に優れたエンジニアリングプラスチックのような性質が望まれる。そのためには剛直性と分子間相互作用の発現によって、強度・耐熱性...

【京都】島津製作所は、炭化水素の混合物をパラフィン、オレフィン、ナフテン、芳香族に分離・定量する「PONA分析システム=写真」を発売した。

【名古屋】名古屋大学大学院工学研究科の石原一彰教授らは、ナノ炭素材料の合成などに用いられる反応中間体「芳香族ラジカルカチオン」の反応機構を解明した。... 塩化鉄を用いた酸化的炭素と炭素結合形成反応で...

芳香族フェノールがつながった基本骨格によりG、H、Sなどの種類があり、スギなど針葉樹とシラカバなど広葉樹の間で構成比が異なっている。

一方、化学物質のリスクアセスメントとして、従来は把握されていなかった芳香族アミン取り扱い事業場における事業や吸入性有機粉じんなど、重篤な健康障害の発生を踏まえた取り組みに踏み込んだ。

有機化学の「芳香族」化合物を表す別の言葉を作りたいのだとか。 香りがすることから芳香族と名付けられたが、全ての芳香族化合物に香りがあるわけではない。また芳香族の定義から外れても「芳香...

インドネシア・芳香族・オレフィン・プラスチック産業協会は、2018年のプラスチック産業の成長率を5.4%と予測した。

全芳香族ポリエステルの一種で耐熱性に加え、成形時の流動性が高く、複雑な形状や薄肉の精密部品に多数採用されている。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる